ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル感想 前編

2014.04.02 (Wed)

烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武
春休み合体スペシャル





車掌
「間もなく次の駅に到着します。」


ライト
「おっ!今度はどんな街かな~?」


チケットくん
「沢芽シティ、沢芽シティ。え~、ちなみにシャドーラインの駅ではありません。」





沢芽シティ




こいつはくせえッー!ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッーーーーッ!!
こんな闇には出会ったことがねえほどになァーーーーッ
シャドーラインに支配されている駅じゃないから安心だと?
ちがうね!!沢芽シティは生まれついての闇だッ!
ライトさん早えとこ次の駅に出発しちまいな!

超特急で通過推奨の沢芽シティに停車しちゃった春休み合体スペシャル感想前編。




紘汰
「列車がぐるぐるって…」


ライト
「オレンジが頭に…?」


モグラロイド
「お前ら、何なんだ!?」


ライト&紘汰
「「いや、お前が一番何なんだよ!?」」






オレンジ特急





頭にグルグルと線路を巻き付けたヒーローと
頭にミカンをかぶって変身するヒーローが沢芽市で出会ったー。

改めて冷静に考えてみると、とんでもないヒーローですね双方ともw
色物同士の衝撃の邂逅であったと言えよう。

って言うか、地下帝国バダンもきちゃった…。
これ劇場版の宣伝のやつだ…。
薄々気づいてはいましたど、結構ガッツリ宣伝する感じなのね。


さっきまで舞ちゃんたちが楽しそうにダンスをしてた場所が
烈車戦隊、アーマードライダー、地下帝国バダン、さらにはインベスまでもが
入り乱れる地獄絵図に早変わり。何が何だか、誰が誰だか…。
そんなカオスが巻き起こるここが、破滅に一番近い街・沢芽市なんだよね!


「なんか良い街だね。」 「うん。」


トッキュウジャーの好印象が悲しく響き渡るぜ…。


それにしても、こういう時の怪人はモグラモチーフが良く似合いますねw
仲間を呼ぼうとしてクラックを開いてインベスを召喚しちゃうとか
モグラロイドちゃんのドジっ子っぷりがキュートであった。

…って、とんでもねぇ能力有しちゃってるよこの子!?
無意識にクラック開いちゃうとかデンジャラスにもほどがあるよ!
地下帝国バダンのせいで、地球の破滅が加速するゥ!!





ライト
「え?不思議な森だな…果物?なんかうまそう~!」


紘汰
「その果実には触らないほうがいい。
俺は、葛葉紘汰。君は?」


ライト
「ライト。」






どたま撃ち抜くぞ

ライトと紘汰





危なかった…紘汰くんが問答無用に発砲して止めてくれなければ
ライトくんがインベス化してしまう所だったぜ…!
発砲に驚いて、V時開脚を披露しただけで済んで本当に良かったぜw


腹ペコ大食いキャラのライトならば
ヘルヘイムの果実を食べようとするのは避けては通れぬ道ですね。
颯爽と止める紘汰がなかなかクールでしたが
発砲された直後なのに紘汰をすんなり受け入れるライトの大物っぷりもパネェ。






光実
「クラックを開ける能力があるとしたら、放っておくわけには行きません。」
「見たでしょう?空間にできた裂け目のことです。」


トカッチ
「そんな大変なことになったら…大変すぎる!!」


光実
「ですから、そうなる前に何か手を考えないと。」


カグラ
「ごちそうさま!ねぇ、舞ちゃん、次はこのシャルモンってお店に行きたい!」
「ここのパフェより美味しいんでしょ?」






シャルモンいこうぜ!





そんなことより、シャルモン行こうぜ!!




クラックからインベスが出てきて沢芽市がヤバいとか
そーゆー難しい事は置いといて、とりあえずケーキ食いに行こうぜ!である。
己の欲望のままに動くカグラのイマジネーションがマジスイーツ(笑)

街の異変を危惧する男子メンバーを横目に
パフェを食い終えた女子メンバーはシャルモンへとスイーツぶらり旅。
坂東さんの目の前で、シャルモンの方が美味しいと言い切る舞ちゃん辛辣ゥッ!


一方、シャルモン店長の凰蓮さんってば、最近出番がないですが
パンフレットの写真や、店の名前だけで存在感を感じるのは凄いですね。
出てこなくても、ケーキ屋に専念していると思えば不自然でもないし
ホント便利なキャラだぜ…!


「トカッチ。お会計よろしく。」

「えっ!?あっ…どうして…!?」

「ごちそうさまです。」


トカッチにお会計を押しつける、ちゃっかりミオちゃん。
前回、世話焼きリーダー呼ばわりされて
おせっかいおばさん扱いされた事を恨んでの蛮行と思うとシックリ来たりするw
そして、なぜか一緒にごちそうになるミッチ…。
ミッチが一番お金持ちだぞきっと…!


トッキュウジャーのメンバーがドルーパーズでお茶するシーンは
コラボならではってカンジで実に良いですね。
結局、ライトだけはドルーパーズに来られなかったのですが
ライトがパフェ食べてるシーンも見たかったなーと思ったり。






鳴滝
「また世界が繋がってしまった…!」


ライト&紘汰
「「誰!?」」


鳴滝
私は鳴滝、全てのライダーの味方。
鎧武の葛葉紘汰君だね?これを使いなさい。」
「チケット君によろしく!」






鳴滝さんとサルタキくん





うわぁぁああ!?鳴滝さんだーーーッ!?




今回の合体スペシャルには、ディケイドは出てこないのにまさかの登場鳴滝さん!
なに普通に出てきてるのこのおじちゃん…。

沢芽市は、ある意味世界が破壊されそうになっている状態だから
かすかにディケイドの気配を感じとったのだろうか?


紘汰にレインボーパスを渡しに来ただけ鳴滝さんがライダーファン過ぎて吹いたw
まさか、このあと全然出てこないとは…!

「全てのライダーの味方」とか言ってましたけど
「ただしディケイド、テメーはダメだ」と続くので油断してはいけないぞ!


右腕に装備されたサルタキくん(仮名)がカワイイですねw
ぶっちゃけ本家のチケットくんよりカワイイと思ってしまったのは内緒である。


トッキュウジャーと色違いのレインボーパスをくれましたけど
どこから調達してきたのだろうか…。
もはや隠すこともなく、例のモヤモヤを出して帰っていきましたけど
あんた何なんだ一体…。
謎の少女やDJサガラよりも謎の存在が沢芽市に降臨しちゃったよ…。

もはや鳴滝さんに関しては、その正体を考察する方が野暮であり
鳴滝さんは鳴滝さんであり、それ以上でもそれ以下でもないと
無理矢理にでも納得するのが礼儀と言うものであろう。おのれディケイド。


「うひょ~!うわっ、凄えな!この烈車に乗ってんのか?」


ウヒョーってホントに言う奴見たの二度目だコレ!!


トカッチに続いて紘汰くんがまさかのうひょーである。
こんな短期間で「うひょー」って言っちゃうやつが2人も見られるとは感無量。

紘汰がレインボーラインを見られるってのは、あまり違和感ないかなー。
彼ならばイマジネーションも豊かそうだし。
ミカン被って戦ってるくらいだしね。





紘汰
「あの…これ、流行ってるんですか?腹話術?」


車掌
「違います!」


チケットくん
「あなたもバカですか?」






流行りのパペット





今、ナイスミドルに一番ホットなアイテム。
それが猿型ハンドパペットなんだよね!

これぞ、ナウなヤングにバカウケ間違いなしのイケてる一品。
おしゃまなあの娘もイチコロで大フィーバーなわけじゃんよ?


車掌さんは鳴滝さんを知っているようでしたが
鳴滝さんってばライダーのみならず戦隊にも顔が利くのかしら…?

デンライナーのオーナーと、レインボーラインの車掌が知り合いで
そのつてで知り合ったとかそーゆーカンジだろうか?






貴虎兄さん
「地下帝国バダン…?何だそれは?」


光実
「僕にも分からない。でも、インベスとは違う敵が
この街に迫ってるみたいなんだ。」


貴虎兄さん
「確かに、クラックの出現頻度が増しているとの報告がある…。
現在、そのデータは分析中だが…地下帝国バダン…?」

「光実…疲れているようだな。」






地下帝国が攻めてきた

あなた疲れてるのよミッチ





ミッチ、あなた疲れてるのよ…。




よし光実、一回休め。今日は早めに帰って暖かい布団で休め。
その前に、ゆっくりとお風呂に使ってリラックスしてから寝るんだぞ。

寝る前にあたたかいミルクを飲み、20分ほどのストレッチで体をほぐしてから
床につくとほとんど朝まで熟睡できるから、兄さんオススメだぞ。

あと、冷蔵庫に兄さんのプリンが入っているから食べても良いぞ。


俺の弟が地下帝国が攻めてきたとか言い出した件。
ミッチの言葉を優しく受け止めて、心配してくれる兄さんの優しさが沁みるわぁ~。

貴虎兄さん的には、ヘルヘイムの事だけでも一杯一杯でしょうに
親愛なる弟が地下帝国がドーノコーノとか言い出したら
さすがに心配になってもおかしくないですよねw
「地下帝国バダン?」って2回もつぶやいてましたし。





ライト
「俺、頭悪いからさ。この街の事はよく分かんないけど
とにかく危ないって事は分かるよ。
いくらトッキュウでも黙って通過できない。うん、それだけ。」


紘汰
「ライト…君たちには、大切な事があるのに…。
ありがとう。それに…俺も頭悪いんだったなぁ!難しい事は全部後回しだ!」






みすごすわけにはいかねーぜ





「悪いけど、この街の戦いに君たちは関係ない。」
「ライト、君には君のやるべきことが他にあるだろ?」

自分の街は、自分で守る。
無関係な人間を巻き込むわけにはいかねーぜ。


「いくらトッキュウでも黙って通過できない。」

正義のためなら鈍行上等トッキュウジャー。
危機に瀕している街を見殺しには…できねーぜ。


ライトの協力を拒む紘汰と
人を助けるのに理由なんかいらないとばかりに
首を突っ込んでくるライト。
2人とも実に良いヒーローっぷりを発揮しておるわ!
ライトの鼓動に感化されて、考えるよりも行動に移す紘汰もナイスでした。


「なんでか分からないけど、違う気がする。
やるべき事とか、大切な事とか、そんなのは後で考える!」


鎧武本編では悩みまくっている紘汰ですが
本来はあまり悩んだり深く考えずに突っ走るタイプなんだろうなー。

鎧武のストーリー上、紘汰に降りかかってくることが重すぎて
苦しんだり悩んだりしなければならない状況になってしまうのですが…

ちゃんと自分の頭の悪い部分も認識してるし
本来は気持ちで突っ走って行くのが似合ってるキャラなんだと再認識。
そういう紘汰の方が光ってる気がしますね。





スコープレッシャーロックオン





剣モードでスコープレッシャーを使ったのは初めてかな?

ロックオンして追尾する斬撃って凄くね?
銃モードでも凄いホーミング性能を発揮していましたし
スコープレッシャー万能やね。

5人連結トッキュウジャートレインの戦術的意味は分からなかったけどw






貴虎兄さん
「何?巨大なロボが、でっかい怪物と戦っている?
そんな馬鹿な話があるか。仕事に戻れ。」

「みんな…疲れているのか?」






貴虎うしろー!





貴虎後ろーーー!!




兄さんの背後で大・惨・事!しかし、貴虎まったく気づかず!!

なにこのドリフ。朝8時だョ!全員集合!という事なのだろうか。
これが志村なら、最後はトッキュウオーの顔面と目が合って失禁するレベル。


沢芽市のピンチを華麗にスルーする貴虎兄さんがさすがの貫録w
ユグドラシルタワーの耐震&防音の完璧さが空気を読んだ結果と言えよう。

「地下帝国バダン」に続いて、「巨大なロボ」と「でっかい怪物」の報告を
バカなことと一蹴しつつ「みんな疲れているのか?」と社員の心配をするのが
貴虎兄さんの思いやりを感じるところですね。
これは、ユグドラシル職員に、臨時休暇が与えられるのも時間の問題かも知れぬ。


そして、何気に初登場のトッキュウオーカーキャリアタンク!
沢芽シティで初披露とは恐れ入ったぜ…!
カーキャリアでタンクをシュートする必殺技がかなりワイルド。
ユグドラシルタワーに被害がなくて良かったわw

ヘルヘイムの実を食べて巨大化するインベスは
完全に戦隊物の悪役怪人ってカンジでしたね。
鎧武でもスイカアームズがあればなんとか戦えるかしら…?





ライト
「勝手なことして、ごめん。」


紘汰
「いや、謝るのは俺の方だ。逆の立場なら、俺もきっと同じことをすると思う。」






一仕事終了





ちゃんと謝りあうのがチョーいイイネ!
なんかナイスコンビになれそうな雰囲気がありますねこの2人。
同世代の友達に心を開く紘汰きゅんの姿が新鮮でキュンキュンするわ。


トッキュウオー登場の巨大戦までこなした所で
トッキュウジャーメインの前半部分が終了。

カグラが冒頭で、子供のころの記憶を頼りに秘密基地の絵をかいていましたが
ユグドラシルタワーとかかっているのが、なかなか上手くハマってたなと。
(何気に劇場版の風都タワーともかけてるカンジで。





カグラの画力





シンボル的な意味合いが強かったですが
自分たちの街を守りたい鎧武と、自分たちの街に帰りたいトッキュウジャー。
共通する「街に対する思いの強さ」の部分がピックアップされていて良かったですわ。

カグラの自由な行動につられる形で
舞ちゃん女の子っぽさが出ていたのもイイカンジでした。
そういう部分はコラボでなくちゃ出せない気がしますしね。

ここまで戒斗さんの出番がまったく無いという驚愕の事実を受け入れつつ
鎧武チームがメインの後半へつづく。(キートン山田)




コメント

さァ始めますわよ!(時間帯の)破壊と(腹筋への)暴力のコラボ回を!
わぁ、生トッキュウジャーだー!
車掌だー、ワゴンちゃんだー!
アレが噂のトッキュウオーかー!すげー!
…と、今回のコラボで大はしゃぎ、
いつまでも子供の心を忘れないSoyです、
こんばんは(荒ぶる凰連さんのポーズで)。

乗り換えた相手同士で組んで周囲の戦闘員を
蹴散らすとか、ホーミング弾とか、
トッキュウジャーは結構テクニカルな戦い方を
するんですねー。
鎧武では見られないタイプの集団戦や戦い方だったので
新鮮でした。
あと、鎧武は損得抜きの共闘が少ないので、
皆がすっごい仲良しのまま行動してるのも、
同じく新鮮でした…いいなぁ、トッキュウジャー。

あ、トカッチの眼鏡クイクイが見れたのも
地味に嬉しかったです。
戦隊じゃないけど、大御所の鳴滝さんに会えたのも。

□Welcome to 沢芽シティー!
・老若男女が笑顔もそこそこに穏やかに行きかって、
町の広場でビートライダーズがダンシング。
たった数分でもあんなクソ穏やかな沢芽シティ、
初めて見ました…!
しかもユグドラシルタワーのリング、前回、紘汰に壊されて、
スカラー波をぶっ放す赤い部分が黒くて故障中っぽかったので
「裏側」の平和もばっちりっていう徹底っぷり。
 
バダンが侵略を開始するのがもうちょっと早かったら、
モグラロイドが事故ってクラック開きまくってた時点で
色々なものがアウトだったな、と…。
貪欲ガールズと、そういやセレブなミッチにまで
おごらされたトカッチ君は大惨事でしたが(笑)、
トッキュウジャー達が楽しく観光できる環境が整ってて
本当に良かったですね…!

・あと「ドルーパーズのパフェとシャルモンのケーキは
どっちが美味しいのか?」ってのは、
私もうっすら疑問に思ってたんで、一応の決着が着いて
すっきりしました。
味的に負けても大丈夫!
スイーツの値段のお手軽さと性格の良さはきっと、
坂東さんのが勝ってる!

□主任、後ろ後ろー!
・冒頭の、お互いの変身過程に面喰らって一時停止な
ニチアサヒーロー達で既に腹筋やられてたのに、
本編のシリアスさが絶賛行方不明な貴虎兄さんで更に追い打ち!
絶妙なタイミングでトッキュウオーも巨大インベスも
完全スルーした辺り、よりによってご飯食べてる時に
見ちゃったんで、もう色々と大変でしたよ…!

 ≫これは、ユグドラシル職員に、
 臨時休暇が与えられるのも時間の問題かも知れぬ。

その、全力で社員のアフターケアにあたる
貴虎兄さん、超見たい…!

そういえば兄さんはあのままタイミング良く(?)
振り返ってたら、巨大インベスの方は確認できると
思うんですが、トッキュウオーは見る事ができたんですかね?
 
巷では『兄さんは現実的な考えの持ち主だから、
トッキュウジャーの諸々は見る事が出来ない』説が
主流みたいでしたが、ゲネシスの中では理想に燃えてる方なんで、
案外、見れたりしないかなー、と。
まぁ、まさかの巨大ロボや不法侵入(?)の烈車に狼狽える
兄さんが見てみたいだけなんですけども…(しょぼい理由の悪意)。

□あの人もこの人もあらゆる意味で大活躍な
後編の感想を楽しみにしつつ、本日は
このへんで。それでは!
No title
数人で超濃密な闇を出している沢芽シティ。
大勢でそれなりに濃い闇を出しているシャドーラインの駅。

果たして闇の総量はどちらの方が多いのか?

さて、今回は前半に絞って思った事をいくつか。

①異色のヒーロー同士の邂逅。ちょっと懐かしいネタを1つ。

再開発された人口20万の都市で~、烈車戦隊がフルーツのライダーと~出会ったぁ~。

「世界ウルルン滞在記」をやりたかったんですが・・・すみません、失敗しました。

②今回、地下帝国バダンのモグラロイドが登場していましたね。穴を掘るなら、原典のバダンにもアリジゴクロイドというのがいたんですが、あいつではダメだったんでしょうかね?まあ、モグラロイドもなかなかにいいキャラしてましたが・・・。

③バダンという事で、JUDOを名乗る者としてこの台詞は引用しておくべきですかね。

ムラサメ:ヒトよ・・・見えて、いる・・・か・・・。ヒトよ・・・聞こえている・・・か。神は・・・嘆き・・・悲しんでいる・・・。愛さなければよかった・・・とな・・・。そうして流した、黒い涙の中から、俺たちは来た・・・。俺たちは「BADAN」。神に愛されし者。ヒトよ・・・スデに手遅れだ。キサマらに未来はない。

④緊急事態とはいえ、発砲した事を謝らない紘汰。いきなり撃たれたのに、怒りもしないライト。どっちもいい性格してますね。

⑤坂東さんのドルーパーズと凰蓮さんのシャルモン。どっちに行きたいかといえば、私は前者ですね。でも、常連である舞の認識では、シャルモンの方が味は上なんですね・・・。

⑥この話のためだけに新造されたであろうサルタキさん。いい仕事しますね、スタッフ。ところで、車掌&チケット君と鳴滝はどういう関係なんでしょう?やっぱり、デンライナーのオーナーを通じて知り合ったとかですかね?

⑦紘汰のイマジネーションでレインボーラインが見れる。そうなると、歴代のライダーで見れそうなのは――

アマゾン、南光太郎、五代雄介、津上翔一(沢木哲也)、城戸真司、橘朔也、上城睦月、ヒビキさん、野上良太郎、門矢士、左翔太郎、フィリップ、火野映司、如月弦太朗、操真晴人。

こんなところでしょうか。結構いますね。

⑧いくら弟を信頼してる貴虎さんでも地下帝国バダンの存在は信じ難いものだったようですね。でも、インベスとか出てきてるあの世界なら、私たちよりはまだ信じられると思うんですが・・・。

⑨紘汰を見てると、やっぱり「自分の弱点」を認識してる紘汰の方が戒斗よりは大人な気がしますね。

⑩どんだけ優秀なんだ、ユグドラシルの防音設備。

今更なんですが、「仮面ライダーSPIRITS」を読んで思い付いたネタを1つ。
ストロンガーとコマンダー(ムラサメ)の会話を改変してみました。

ソノ者モ、オ前ト同ジ・・・「アーマード・ライダー」ナノ・・・カ。

へっ、ハズレだマヌケ。そいつは十分すぎるほど闘った。「アーマード・ライダー」を名乗る事もねぇ。初瀬亮二はもう、ただのバカだ。

では、残りの感想は後編まで持ち越しという事にしておきます。
天下分け目の腹筋HOUKAI大合戦
SP前編「探し物はディケイドですか」
ナルナルタキタキ ディケイドディスるよ
キバーラ吸血ニッコリ笑顔(マルモ風

ディケイド放送から5年ですね。
とかいえるのはディケイドファンだから。
どうもバターコーンです。
(平成ライダーでは「響鬼」が好きです)

沢芽市の地下鉄工事のポスターって
映画の序盤と繋がってますね。

そして、ドルーパーに会する
トッキュウジャーが新鮮(コラボしてるね~

モグラロイドはオリジナル
の「バダン怪人」でグッド!
15年越しに観れるとは..。

変身シーンを突っ込むと思ったら
静止っていうのも良かったなと。

そして、ライトがヘルヘイムの実
を食す! 見えたライトの終着駅!
っていうのは錯角だった。

危うくライトの名字が「初瀬」に
なるとこだった‥。 SP前編(完)!
改めて感想を。
こんばんは。春休み合体スペシャルの放映直後はあまりの凄さに落ち着いてコメントする余地が無かったのですが、ようやく心に余裕ができたのでこちらで改めてコメントさせて頂きます。

前半の見所については、各所でも挙がっていますがやっぱりトッキュウオーと巨大ライオンインベスの戦いを完全にスルーしている貴虎兄さんに尽きますね。初めに見た時大爆笑しましたwwwその後も録画した場面を30回位繰り返して見てしまいましたwwwwww
最初のスポンサー紹介の時に少しだけあの場面が表示された時は「きっと兄さんがユグドラシルタワーの武装でインベスを迎撃する命令を出しているんだな!!wktk」と燃える展開を想像していたのですが、まさか兄さんが全然気付かないでいる場面だったとは一本取られました。一瞬「兄さんは現実主義っぽいからイマジネーション不足でトッキュウオーが見えないのかな?」とも思いましたが、冷静に考えるとライオンインベスは見えているはず…もはや兄さんのうっかりは完全に公式設定になっているみたいですね。
でも、ミッチ君や部下が疲れて戯言を言っているんじゃないかと心配する兄さんを見て、なんだかんだで兄さん優しいなとほっとしました。やっぱり貴虎兄さん、憎めなくて好きです。貴虎兄さん役の久保田悠来さん、カッコ良すぎ&面白過ぎです。

ああ、落ち着いてからもやっぱり兄さんばかりの感想になってしまった……orz
後半ではトッキュウジャーや他のみんな(主に戒斗さん)に付いてもコメントしますね…。
では、お邪魔しました。
コメント返信ッ!


>>Soyさん



今回のようなコラボって、なんだかんだウキウキしちゃいますよね。
Soyさんは生トッキュウジャーはお初でしたか。
彼らは幼馴染だからチームワーク良いんですよね。
チームワークどころではない鎧武メンバーとは雲泥の差であるw


>たった数分でもあんなクソ穏やかな沢芽シティ、 初めて見ました…!


ホントだよw
物語スタート直後からインベスゲームが流行ってましたもんね。
一瞬でしたがトッキュウジャーの目線から
平和な沢芽市が見れてたのは嬉しかったわ。

スカラーシステムが稼働していないように見えましたけど
前回、紘汰が破壊したからなのか、パラレルだからなのかは微妙なカンジかしら。


>トッキュウジャー達が楽しく観光できる環境が整ってて
 本当に良かったですね…!


特にカグラは沢芽シティを堪能してましたよねw
しかし、シャルモンに完全敗北する坂東さん…。
でも、若者が気軽に使えるリーズナブルさが良いんじゃないかな?
ファイトよ坂東さん…!


>ゲネシスの中では理想に燃えてる方なんで、 案外、見れたりしないかなー、と。


貴虎は、根っこの部分は紘汰と似ていると思うので
きっとトッキュウオーも見られたんじゃないなと信じたい派です!

でも、あんな巨大インベスを目撃しちゃったら
スカラーシステムを作動させてもおかしくないのでデンジャラス。





>>JUDOさん



>果たして闇の総量はどちらの方が多いのか?


現時点では沢芽シティの闇の方が濃そうじゃね?
このままだと闇の皇帝が到着しちゃうレベル。


>「世界ウルルン滞在記」をやりたかったんですが・・・すみません、失敗しました。


現地のフルーツライダーたちと交流を深めるトッキュウジャー。
そして、涙の別れが…うん、だいたいあってる。


>原典のバダンにもアリジゴクロイドというのがいたんですが、
 あいつではダメだったんでしょうかね?


そんなおあつらえ向きの怪人がいたとは…!
モグラロイドが呼び出すのがアリジゴクロイドでも良かったかもですね。
まぁ、スーツを新調する予算の都合的なアレでアカンかったでしょうが。
モグラロイドも2体目は合成っぽかったですしw


>常連である舞の認識では、シャルモンの方が味は上なんですね・・・。


シャルモンは美味しいけど高級ってイメージですかね?
普段はリーズナブルかつフレンドリーな坂東さんの所で我慢とw


>この話のためだけに新造されたであろうサルタキさん。いい仕事しますね、スタッフ。


しかも出番は一瞬というね。
手を抜かずにネタを入れ込んでくる心意気に乾杯ですわ。


>でも、インベスとか出てきてるあの世界なら、
 私たちよりはまだ信じられると思うんですが・・・。

確かにクラックよりは地下帝国の方が信じられそうなんですけどねw
まぁほら、別時空からの侵略で一杯一杯であったと思っておこうぜ!


>どんだけ優秀なんだ、ユグドラシルの防音設備。


ユグドラシルの防音設備は世界一ィィィイイ!!





>>バターコーンさん



ディケイドからすでに5年が経過していることに驚愕しつつも
そんな現実から目をそむけながら今日も生きるどうも僕です。
響鬼さん良いよね。私がちゃんと平成ライダーに入ったのが響鬼からなので
ちょっと思い出深い作品だったりします。…いろんな意味でw


>沢芽市の地下鉄工事のポスターって 映画の序盤と繋がってますね。


おっ、それは気づかなかったですわ。細かい部分で繋げてきてたのね。
映画冒頭の工事現場の2人が高岩さんと新堀さんってのは気づきましたがw


>そして、ライトがヘルヘイムの実を食す! 見えたライトの終着駅!
 っていうのは錯角だった。


危うくコラボでトッキュウジャーが終着駅に到着するところだったぜ。





>>一介の753ファンさん



>トッキュウオーと巨大ライオンインベスの戦いを
 完全にスルーしている貴虎兄さんに尽きますね。


まさに一人コントと言った感じの大活躍でしたね。なんというタイミングの良さ。
変身すらしていないのに美味しいところを持っていく兄さんがさすがであったw


>「きっと兄さんがユグドラシルタワーの武装で
 インベスを迎撃する命令を出しているんだな!!wktk」


ユグドラシルタワーの対空迎撃システムとか
ダンデライナーに乗ったトルーパー部隊が迎撃に向かうシーンとか
そんなものは僕たちの脳内にしかなったw

個人的には貴虎のイマジネーションも豊かなんじゃないかと思うので
トッキュウオーもちゃんと見えると思うんだよね。
つまりはいつものうっかりだったと言うわけであるという俺結論。


>ミッチ君や部下が疲れて戯言を言っているんじゃないかと心配する兄さんを見て、
 なんだかんだで兄さん優しいなとほっとしました。


貴虎のああいう所が良いですよね。
突拍子もないことを言われても、弟や部下を思いやる姿が超素敵。
クールな見た目とのギャップが可愛い兄さんチョーイイネ!




管理者のみに表示

トラックバック