ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第46話

2014.01.29 (Wed)

ブレイブ46 「だいけっとう!アイとなみだのいちげき」




哀しみの戦騎アイガロン(#46)




哀しみに生き、愛に散った、戦騎アイガロン。
その切ない最後に沁みるわぁ~。第46話。




イアン
「キング…お前は信じる。言ってることの理屈もわかる。
だが、心で飲み込めねぇ。みんな同じ気持ちだ。」


ダイゴ
「わかるよ。だから俺に任せてくれ。1人で戦いたい。」
「頼む、ウッチー。」


空蝉丸
「…。」






もじもじウッチー(#46)





ウッチーの 凄い 女子力。




真実を掴むべく、1人でダンテツの元へ向かおうとするダイゴを止めるイアン達。
ダイゴの手から落ちた獣電池を、いつの間にか拾い上げキング殿に渡さないように
しっかりと握り締めていたウッチーの女子力の高さに目が釘付けである。

なに伏目がちにモジモジしちゃってんの、あの戦国豪剣士超カワイイ。
憧れの先輩にバレンタインチョコを手渡せずにいる乙女か。

ダイゴに頼まれて渋々獣電池を渡すときにも、両手でギュッとしたりして乙女か。
「先輩…明日の試合、頑張ってください!」とか言って
お守りを手渡す時のバスケ部マネージャーか。乙女か。
あっ、違う、豪剣士だアレ。アラサーだアレ。


ウッチーの乙女っぷりはさておき
ダイゴの考えに一定の理解を示しながらも、心では飲み込めないと言う意見を
みんなを代表して伝えるイアンのサブリーダーっぷりが良かった。

相変わらず、こういうシーンでは熱くなっちゃうソウジには若さを感じたりして
それはそれで良かったりするのですが、やはりイアンのようなキャラがいると
シリアスなシーンがグッと引き締まってイイカンジ。





ダイゴ
「良いじゃねぇか、ストロベリーパフェ。レッドとピンクが両方入ってらぁ。
この戦いが終わったら、2人で食べに行こう。






パフェ食い行こうぜ(#46)

ブレイブ走馬灯(#46)





死亡フラグだコレ…。




1人で決戦の地へと赴こうとする男と約束しちゃうとか
場合が場合なら完全に死亡フラグじゃあないですか。
「ゴメンなアミィ…パフェ食いに行く約束…守れそうにねぇや…」
ってなるやつじゃないですか。


「 『メイtoランル』 でストロベリーパフェなんて乙女チックなものを食べながら
ダイゴくんと甘ったるくてロマンチックなムードにひたってみたいわ。」


獣電池手渡しで女子力の高さを見せつけたウッチーに対抗するべく
己の内に秘める女子力を全開して、猛アタックを仕掛けてきたアミィの本気!
この局面で約束を取り付けちゃうとか、完全に死亡フラグなのですが
ヒロインオーラを纏ったアミィちゃんにとっては、そんな事は関係ないのだ。

よく分からないと保留にしていた気持ちを前に進める決心をしたのか…
それとも、深く考えずに行動しようとした結果なのかは分かりませんが
アミィちゃんが実にヒロインチックで素敵なのでした。


ダイゴが「2人で」食べに行こうと言ってるのが珍しいですね。
いつもなら「みんなで」一緒に食べに行こうとか言いそうなのに。
一応、アミィの事を意識していると思って良いのだろうか?
そういう描写もちょっとだけありましたが、2人とも基本的に脳筋カップルなので
あまり期待し過ぎるのはやめておこうかなw


アミィの説得と、ソウジに託されたフェザーエッジに残されたトリンの遺言で
再び動き出す獣電戦隊。
戦隊内でも最も若い2人が、全員を動かすきっかけになるのは良いですね。
それを見越していたトリンはさすが賢神。
だてに億千年レベルで生きてないぜ。若さは希望だ!






ダンテツ
「今更、お前と話すことはないぞ。ダイゴ!」


ダイゴ
「あぁ、こっちもだ!あんたと会話する気は最初からねぇ!
聞きたいのは真の地球のメロディーだ。その為に体張りにきた!」


ダンテツ
「やはり、俺の息子だな。」






ブレイブ親子喧嘩(#46)





「俺、この戦いが終わったらアミィと一緒にパフェ食いに行くんだ…。」

結構がっつりとした死亡フラグを背負いつつ
地球のキングとなった親父との一騎打ちに臨むダイゴ。

パフェなどと言う軟弱な物を食べる息子に育てた覚えはない!
男は黙って酢こんぶを食っとればいいんじゃパンチで迎え撃つダンテツ。

戦いに来たのではない。会話をしに来たのでもない。殴り合いに来た。
そんな男達の熱いソウルをブレイブイン!!


スカーレットオーバードライブVSメタルシルバーオーバードライブ!
ダイゴの体を駆け抜けるメロディーの波紋ッ!!
打ち込まれるダンテツの一撃一撃が、真の地球のメロディーを響かせる。
まさに拳で語る親子の会話。微笑ましいコミュニケーションの図であった。


地球のメロディーを拳に乗せてダイゴを叩くドン!


ダンテツの本気の拳から響くメロディーが、ダイゴに真実を伝える。
なんという武闘派親子なんだw
ダイゴが耐えきれたから良かったものの、随分なフルボッコでしたねw
ダンテツさん全然容赦とかしないんだもんなぁ…。





ダンテツ
「これは何のマネだ?」


百面神官カオス
「元々、トリンさえ始末してもらえばお前に用はない。
両者共に消耗する時を待っていた。」


蝶絶神デーボス
「闇時計は再び動き出した。人間は地球ごと滅びる。」


百面神官カオス
「人類滅亡まで、あと5時間。一足先に滅びるがよい。」






ウッソでーす!(#46)

人類滅亡まであと5時間(#46)





滅ぼすのは人類だけ、地球は破壊しないと約束したな。 あれは嘘だ。




嘘かー、まさかの嘘かー。約束したのに、まさかの嘘かー。
おのれデーボス軍め…まんまと一杯食わされたわい。(棒)
所詮、人間は滅ぼすべき存在であり
デーボスからすれば対等な存在ですらなかったという事か…。


闇時計の針が高速で動き出して吹いたw
針だけは止めてたけど、時間自体は動いていたというトリック!

人類滅亡まで残り50時間だったのが、一気に5時間へと短縮とか
その時間設定に意味はあるのかと疑いたくなるレベルであった。






アイガロン
「頼むよぉ…守ってやりてぇんだ…惚れた女ぐらいよぉ…。」


アイスロンド
「あぁ…なんと哀しいブリキの人形…。アイガロン、あなたはね…
以前、最初に感情を爆発させた時もう死んでいたんですよ。」

「だが、あまりに装甲が硬かったため
その魂は大地の闇に行かず体内に留まってしまった…
カオス様は、ご自分の闇の魔力を注ぎこみ
死者兵士として再利用されていたのです。」

「死人に恋など出来ません。哀しいですねぇ。」






ブリキの人形(#46)





【衝撃】アイガロンもう死んでた。




ここまで敵幹部が誰1人として無事なままクライマックスに突入したと思っていましたが
いつの間にやら、アイガロンは全然無事じゃなかったと言う衝撃の事実!
怒りの感情を爆発させた24話の時点で、すでに死んでいたとは…。

その後、まれに発動していたダークモードは
カオスの旦那の闇の魔力が前面に出ていた状態だったのか。
さすがに、もう死んでいたとは完全に予想外でした。

強固な装甲が故に、魂が閉じ込められた状態になったアイガロンの抜け殻に
カオス自らの魔力を注いで利用していたと…
魂を縛られて操り人形にされていた様な物かな。
死者の魂すらも駒に使っていたカオスの冷淡な一面が垣間見えてゾクゾクするねぇ。


「誰かを大事に思うって切ないわぁ…もっと早く分かってりゃ…
人間だって面白半分で殺さなかったのになぁ…。」

「ふざけんな…今更、そんなこと言いやがって…!!」


抜け殻の体と、行き場を失った魂。
死ぬ事すら許されず強制的に動かされていた哀しきブリキの人形が
最後に守ろうとしたのは愛した仲間。
大事な人を愛したい、守りたいと思う気持ち
自己犠牲の精神に目覚めたアイガロンに、イアンの心が揺れる。






イアン
「なぜだ…なぜなんだよ!?
憎い仇の最期だってのに、なぜこんな気持ちになるんだ!!」


アイガロン
「おっ…哀しみがきた…さてはお前、泣いてるな…?
アハハハ…ちょっと痛みが引いたよ…お前の情け…沁みるわぁ…」






アイガロンの最期(#46)





親友の仇の為に涙を流せる優しくて熱い男、イアン・ヨークランド!
彼が撃ち砕いたのは、アイガロンの硬い鎧と自らの復讐心。

ディノスグランダーでアイガロンの装甲を砕き、魂を解放するイアン。
仇であるアイガロンすらも救っているのと同義の行為。

アイガロンに対しての怨みの心は克服していたものの
それでも、やりきれない思いが渦巻いていたに違いないのに
仲間を守ろうとしたアイガロンの覚悟が、言葉ではなく心で理解できてしまった
イアンの気持ちを思うと本当に切なくてやるせない。


最後の最後で、愛という人間の心を理解したアイガロン。
仲間を守ろうとしたり、愛する女に花を送ろうとして力尽きたり…
イアンからすると心の底からは憎めない行動ですね。
イアンの涙がアイガロンの痛みを和らげる。
そこには無言の男の詩があった、奇妙な友情があった。
流した涙の意味はイアン本人にも完全には飲み込めていなかったのかも知れない。


イアンにとっては親友の仇、アイガロンにとっては倒すべき獣電戦隊。
お互いに相容れない存在だったけど、最後の最後で通じる所ができてしまった。
イアンの情けを感じとる事ができたアイガロンも切なかったな。
アイガロンの伸ばした掌は、イアンの涙を拭おうとしたものだったのか…。


キャンデリラちゃんに花を送ろうとして力尽きるアイガロンの最後…沁みたわぁ~。
敵幹部の最後なのに…悔しい…でも泣けるでぇ!
イアンとアイガロンの因縁の決着がこんなに哀しいものになるとは
予想すら出来なかったです。切ないわぁ。






アイスロンド
「私の哀しみのメロディーが乱れる!なんです…?この勢いは…!?」
「これは…アイガロンの斧…」


イアン
「この一撃…お前なんかと哀しみの重さが違う!」






イアンの情け(#46)





哀しみの戦騎であるアイスロンドよりも深く重い哀しみを背負ったイアン。
アイガロンの哀しみをも乗せたような重い一撃にシビれたぜ!

親友の仇の武器を使って、アイスロンドにトドメの一撃を入れるイアンのカッコ良さ。
クールぶってるけど本当に熱い男だ…!!
アイガロンのトホホークが涙を流すのもグッときたぜ。

振り返らずに前へ進む、それが燃えるハートでクールに戦う弾丸の勇者の生き様。
(…なんかソウジだけ振り返っちゃってましたけどw


「逃げろ。そして、この星で生きていくんだ…トリンのように。」

「…うん。」


アイガロンが渡せなかった花を拾い上げ
キャンデリラに差し出すイアンの男前度が急上昇ノンストップ。
どんな時でも、可哀想なレディーに花を送ることを躊躇わないイアンにもう惚れそう。

オヤジギャグでキャンデリラを励ますノッさんも良かったよ!ノッさんも!


哀しみの戦騎・アイガロン&アイスロンドの2人が脱落。
キャンデリラとラッキューロも、改心ルートに入ってリタイア確定。
ここで一気に4人のデーボス軍幹部が消えた事になりますね。

即行で退場してしまったアイスロンドですが
ソウジのトリニティストレイザーを耐えたり、戦隊やぐらからの
雷電残光五連突きすら弾き返していたので、決して弱くは感じなかったな。
しかし、イアン&アイガロンの哀しみには勝てなかった。
これが背負っているものの重さの差というやつなのよ…!





ソウジ
「来い!フェザーエッジ!!」






こいフェザーエッジ!(#46)





凄い勢いで飛んでくるフェザーエッジに吹いたw




指パッチンで呼び出すと飛んでくるとか、なにそのGガンダム。
初代持ち主のトリンすらやってなかったぞそれ…。
さすが新たな流派を会得して吸収し進化させる斬撃無双剣の使い手。
末恐ろしいポテンシャルを秘めた男である。

アイスロンドの指揮棒をフェザーエッジで受け流してからの
トリニティストレーザーはシビれるほどカッコ良かったですね。
殺陣の流れの中に必殺技が組み込まれていた美しい剣術でした。





ダンテツ
ブレイブを黙らせるな!お前達はみな強き竜の者!!」


魔剣神官マッドトリン
「兄上…あいつです!
あの不良品が大地の闇で反乱を…ウワァアーーーッ!!


百面神官カオス
「な…なぜだ!?トリンはデーボス軍として大地の闇に落ちたはず!」


ダイゴ
「親父の一撃はな、トリンを正義の魂のまま地獄に送る為のものだったんだ!」


ダンテツ
「それがこの星を守り、大地の闇を破壊する唯一の方法…地球がくれた答えだ!」






トリン案外元気そう(#46)





地獄でデーボモンスター狩りまくりだぜヒャッハー!!




なんというトリン無双地獄編。
ただ殺しただけじゃスピリットとなって復活して新たな勇者達を生み出すから
わざわざダンテツに殺させて、デーボスの戦士として大地の闇に落としたのに
地獄でデーボス軍をフルボッコしちゃう賢神トリンさんハンパねぇw

たった1人で大地の闇に蠢く大量のデーボモンスターを相手にするのは
さすがのトリンでも荷が重いんじゃないかと心配になりましたが…
デーボ・ナガレボーシとデーボ・タイリョーンと言う
デーボモンスターの中でも結構な強敵を一撃で斬り捨てるトリンの姿を見て
あぁ…なんか結構余裕ありそうだな…と安心するのであった。


これも全て、ダンテツと地球の計画通り。
あえて地獄に飛び込むことで、中から大地の闇を浄化すると言う作戦ですね。
さらに、地球上の各所で大地の闇が開いたおかげで
逆にトリンが脱出するルートが確保されたと言うワケでもあり
ダンテツが獣電戦隊すら欺いてデーボス軍に加担した意味はあったと言えよう。
それにしても、大胆かつリスキーな作戦を提案する地球さんハードボイルドやわぁ…!


ま…これで戦いの年季の違いというのがよおーくわかったじゃろう
『相手が勝ち誇ったとき そいつはすでに敗北している』 
これが賢神トリンのやり方。スピリットになって ますます健在というところかな。


満を持して復活したと思いきや
ケンシロウに経絡秘孔を突かれていた雑魚キャラの如く
報告途中で爆散していったマッドトリンの大活躍にちょっと吹いたw





ダイゴ
「さぁ、最後の一荒れだ。見せてやるぜ!!」






マジで荒れちゃう1週前(#46)





ヒロインらしさを出して来たアミィ。
拳で語らう桐生親子に響き合う真の地球のメロディ。
悪党ながらも仲間思いで憎めない所もあったアイガロンの最後。
哀しみを背負い親友の仇との決着を乗り越えたイアン。
大地の闇で孤軍奮闘するトリンと、見所満載クライマックス展開!


残すはあと2話!恐れも逃げ出すほどにブレイブなハート燃やせ!!




コメント

Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第46話
哀しみに生き、愛に散った、戦騎アイガロン。
敢えて、こう言い直しましょう。
「哀」に生き、「愛」に散った、戦騎アイガロン。
つまり、彼は最初から最後まで「あい」を貫いたのです。

さて、今回も思った事をいくつか。

①さり気なく散らばったガブティラの獣電池を拾い集めていたウッチー。本当に生まれてくる性別を間違えましたね、彼とアミィは。

②アミィとの約束が死亡フラグ?いえいえ、あれは「パフェ食いに行くって・・・約束しただろ・・・」とボロボロになりながらも戻ってくる生存フラグです。「約束」というのは「死亡フラグ」にも「生存フラグ」にもなる厄介な存在なのです。

③トリンがソウジに剣を渡した事には、「死亡フラグを立てる」以外にちゃんと意味があったんですね。まさか遺言状になっていたとは・・・。

④言葉ではなく拳で語り合う・・・なんて熱い親子だ。

⑤生ける屍としてカオスに利用され続けていたアイガロン。哀しみを集めていた彼ですが、自分も哀しい運命を背負っていたんですね。

⑥デーボスを抜け、地球で生きていく決意をしたラッキューロとキャンデリラ。前にも言いましたが、まずは「お母さんといっしょ」の着ぐるみ枠を、それがダメなら人間体の方でアイドルデビューなんてどうでしょう?あっ、ラッキューロはマネージャーで。

⑦ダンテツの目的は大地の闇を滅ぼすために、トリンを地獄へ送る事だったんですね。使い慣れていないであろうカブリカリバーで無双するとは、恐るべしトリン。

次回はあの人とあの人が変身するようですね。
しかし、変身するのはあの色とあの色。
結局、キョウリュウジャーに黄色は登場しませんでしたね。
切ないアイに、沁みるアイ。
「トリンを大地の闇に落としてやろう(但し、正義のまま)」
「闇時計は止めてやろう(但し、針だけ)」
どっちも約束守る気無かった!
これが駆け引きというものか……!
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第46話
チラシにあった「メイtoランル」ってのはジュウレンのヒロインのメイとアバレンのヒロインらんるからとってるんですかね。
しかもファミレスの名前タイガーボーイですよね
ジュウレンのボーイの変身したあとタイガーレンジャーだから、最初のほうから色々ネタが隠されてたのかしら。

トリンが大地の闇で戦ってるっていう報告するためだけに、地上にマッドトリンは出てきたんですね(ノω-。)  
ってかこれは表と裏からも全部倒すっていううまいやり方ですね
今日が悲しい。
キョウリュウジャーは初コメダス...。
イアンってもうかっこよすぎだよ~。
開始当初はソウジ派だったんですが
ムシ歯回で五分に...。

そしてキョウリュウジンマッチョ初登場の
時の「フンガーッ!」で惚れた。

アイガロンもデーボス軍では好きなキャラ
だったのにな~。(沁みるわぁ~!!)

次回はウッチー回な様です。
恐竜戦隊の追加戦士...。
まさか..死ぬのか..。でござるっ。
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第46話
①大地の闇から、地上に蘇る
②キョウリュウジャーに倒されて大地の闇に戻る
③無双中のトリンに倒されるから、地上に逃げて①に戻る

どっちにいっても地獄じゃないですか!やだー



Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第46話
 いつも楽しい記事をありがとうございます。コメントさせていただきます。

 今回は、あざといウッチーにキュンキュンした&シド先輩の最後を思い出したアイガロンとイアンの決着に涙した回でした。

 アイガロンはゾンビだったという衝撃の事実、心は無いのに肉体だけが動くという「不自然な生」を強いられていたアイガロンをイアンが魂だけでも救う場面は、「ゴーカイ」のジョーがバリゾーグを倒し、最愛の先輩の魂だけでも救った事を重ねて見ましたよ。

 話が大幅にズレてしまいますが、「ゴーカイ」放映当時、ジョーとシド先輩の切ない関係に涙して見ていたんですよね。
 
 あのザンギャックのどうしようもないどん底の世界で、お互いの存在だけを支えにずっと二人で生きてきたはずですよ。特に、女性より美しいジョーは身体的暴力だけじゃなく、男しかいない軍隊内で性暴力にもさらされたと思います。
 そんな中でずっと守ってくれていた、ずっと手をつないでいてくれた、たった一人の先輩と残酷な運命に引き裂かれて・・・。先輩から精神的な自立をはたした後だって、ジョーにとっては「永遠の人」だったはずです。

 さて、話を戻して・・・。(><)
 次回予告で、ウッチーの死亡フラグがたってしまい「恐竜モチーフ戦隊の追加戦士の法則」が適用されてしまうのでは!?とかなり様々なところで声があがっており、私も「二度ある事は三度ある」という不吉な言葉が頭をかすめています。
 その「空蝉丸死亡説」の理由となっているのが、

 「空蝉丸の一生=蝉の一生説」です。
 
 蝉は約7年という歳月を土の中で過ごし、殻を破り外へ出ます。そして子孫を残すという大仕事をした後約7日で生涯を閉じます。
 空蝉丸は400年以上の時を経てドゴルドの中から現代の世によみがえった=蝉の誕生とするならば、その先の運命は「蝉の死=デーボス軍根絶という大仕事をした後、現世に生をうけ1年もたたず生涯を終える」となります。
 「空蝉」という言葉はは古典文学で「むなしさ、空虚、実態のともなわないもの」の象徴とされ、それが「存在しているのにいない(現代に戸籍がない)=本来現代にいてはならない」という空蝉丸をしめしているのなら…。と悪いように考えてしまっています…。
 
 しかし!!「三度目の正直」という言葉だってありますから希望は持ちましょう。

 「ウッチー生存説」の声も数多く聞かれ、その理由は、

 「幼名と稚児髷=元服をしていない」事です。

 空蝉丸の「○○丸」という名まえは「幼名」といい戦国時代は子どもの時にのみ名のる名まえで、ポニーテールのような髪型も「稚児髷」といいその名の通り子どもの髪型でした。

 戦国時代は稚児髷を大人の髷に変え名まえを堅い感じの名まえに改名する「元服」を遅くても15、6歳には行っていたのに数え29歳の空蝉丸はそれを行っていません。

 元服は成人の儀式=一人の人になる儀式です。つまり空蝉丸はおそらく最終話で「髪を切り名まえも現代風に改め、戦国時代に決別し現代の人間になる=それまで(精神的に)この世にいるのにいない幽霊のような存在(空蝉)だったウッチーが完全な一人の人として生きる」というラストへの布石とも考えられるのではないでしょうか。

 この他にも「ウッチーのモデルはガオシルバーだから、それでいくとウッチーは死なない!」という声も聞かれていますね。
 
 まあでもみんなが幸せになるのが一番ですよね。

 でも、もし、もし空蝉丸の死が避けられないのであれば、迎えにくるのはお館様であってほしい。そして、今まで苦労してきた分極楽浄土という苦しみや悲しみのない世界で、お館様の腕の中でおだやかな眠りが空蝉丸にあたえられる事を願います。
 
 以上です。返信楽しみに待っています。

 

 
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第46話
今回もサブリーダーとして活躍しカッコいい見せ場のあったイアン。
第一話で「ジューシーハンバーグ~♪ ジューシーステーキ~♪」
と口ずさみながら店員呼び出しボタンを連打していた男と同一人物とは思えませんね。

どうも、ネームレスバンブーです。

元々ダンテツとの約束を守る気のなかったデーボス。
古今東西作品ジャンルを問わず悪役や外道にとって約束とは
『律儀に守る必要などなくいらなくなった書類の如く破るもの』
ということを改めて再認識しました。

アイスロンドが「死人に恋など出来ません。」と言ってましたが
もし元リンリンシー(死人)で理央に片想いしていたゲキレンジャーのメレが
聞いたら激怒しそうですね。

そして次回予告で死亡フラグが立った空蝉丸ですが
個人的に空蝉丸は『恐竜に縁のある追加戦士の死亡フラグ』を
ゴーバスターズの陣マサトに肩代わりしてもらったと思ってるので
ぜひ生き残って欲しいです。
2作品続けて追加戦士が本編中で死亡とか誰得ですし……

そして今回と前回で発見した誤字脱字です。確認と訂正をお願いします。

場合が場合なら完全に死亡フラグじゅあないですか。

じゅあ→じゃあ

イアン
「なぜだ…なぜなんだよ!?
憎い仇の最後だってのに、なぜこんな気持ちになるんだ!!」

憎い仇の最後→憎い仇の最期

アイガロンの最後(#46)

最後→最期

※:6分割されている画像の説明文です

イアンの情けを感じるとる事ができたアイガロンも切なかったな。

感じるとる→感じとるor感じ取る

哀しみの戦機・アイガロン&アイスロンドの2人が脱落。

戦機→戦騎

キョウリュウジャー45話

超増殖細胞を押さえ込むシュクシュクマフラーとか、そういうアイテムなのかな?

押さえ込む→抑え込む

デーボス軍に落ちた地球のキング・ダンテツが、その役目を果たしたのでした。

落ちた→堕ちた

アッパー一撃でキョウリュウレッドをふっ飛ばす親父の偉大さを感じるであった。

感じるであった→感じるのであったor感じたのであった

同士として仲間として、キャンデリラとラッキューロを守ろうとするアイガロン。

同士→同志

足元を救われそうな予感もするけど…

救われ→掬われ
そうなると思ってたよトリン!!
ヨル様こんばんは

誰もがそうなるであろうと予想したトリンとダンテツの「大地の闇」壊滅計画
その通りになって、もういっそ潔いよねw
でも結局こういうベタな展開が一番燃えるんですよ

アイガロンが実は死んでたっていうのは驚くと共にとても旨いやり方でしたね
イアンとアイガロンが互いに怨みと憎しみにに捕らわれること無く前に進んで行ける、とても綺麗な着地点だったように思います
最終回でもないのに泣いてしまいましたよ
沁みるわ~w
コメント返信ッ!


>>JUDOさん



>本当に生まれてくる性別を間違えましたね、彼とアミィは。


むしろアレだからこそ萌える。そう言う考えもある。…かもw
それにしても、ウッチーは女子力高すぎですね。
キョウリュウジャー内で一番女子っぽいのではなかろうか?w


>哀しみを集めていた彼ですが、自分も哀しい運命を背負っていたんですね。


哀に生き、愛を知ったアイガロン。悲しい戦騎でしたね。
人間の感情が彼を変えたかと思うと沁みるわぁ~。


>人間体の方でアイドルデビューなんてどうでしょう?あっ、ラッキューロはマネージャーで。


ラッキューロはあのままでも十分マスコットとして生きていけそう。
ご当地キャラ的なポジションでも可。


>結局、キョウリュウジャーに黄色は登場しませんでしたね。


ド直球のメインカラーをすかす所がキョウリュウジャーなのか…!





>>ロペリドさん



>どっちも約束守る気無かった!これが駆け引きというものか……!


姑息かつブレイブなやり取りであるw
デーボス軍にまんまと一杯食わせたダンテツは凄いですね。
どうせ約束なんて守らないだろうとか思って行動してそうだぜ。





>>石楠花さん



>最初のほうから色々ネタが隠されてたのかしら。


先輩の恐竜戦隊に対するリスペクトって感じですね。ブレイブだぜ。


>トリンが大地の闇で戦ってるっていう報告するためだけに、
 地上にマッドトリンは出てきたんですね(ノω-。)  


カオスの兄上への忠誠心を感じますね。
お兄ちゃん!アイツがすげぇ大暴れしてて大地の闇がヤバイって!!みたいな。


>表と裏からも全部倒すっていううまいやり方ですね


大地の闇がある限りデーボス軍は完全に消滅しないですもんね。
内側から浄化しようとする荒業ってカンジ。





>>バターコーンさん



イアンカッコイイですよね。
二枚目のクールキャラなのに、真面目で三枚目も出来るというね。
キョウリュウジャーのキャラは戦騎も含めて、みんな面白くて好きだな。


>恐竜戦隊の追加戦士...。 まさか..死ぬのか..。でござるっ。


ウッチー本人もナーバスになっていたジンクスを打ち破れ!w





>>どっちにいっても地獄じゃないですか!やだー



もう成仏させてあげてw
無限ループでボコられるモンスターに同情心!
大地の闇でやられたらさすがに消滅しちゃうのかもですね。





>>かぐやさん



お褒めの言葉グラッツェ!ブログやってる冥利に尽きるぜ。


>「ゴーカイ」のジョーがバリゾーグを倒し、
 最愛の先輩の魂だけでも救った事を重ねて見ましたよ。


これはちょっと感じましたね。せめて魂だけでもって感じで。
アイガロンの武器を使った所もイイカンジでした。
イアンは士郎とアイガロン、両方の魂を救ったのかも知れない…。


>「恐竜モチーフ戦隊の追加戦士の法則」が適用されてしまうのでは!?


キョウリュウジャーは恐竜戦隊リスペクトが溢れてますからねぇ。
ウッチー死亡も有力ですが、個人的には断ち切ってくれることを期待したい。
ここで死んじゃったらみんなで大団円を迎えられないってもんですよ。
かぐやさんのおしゃるとおり、現代に馴染むウッチーが見てみたいなと。





>>ネームレスバンブーさん



二枚目と三枚目を使いこなしてこそのイアン・ヨークランド。
クールで熱くて、モテモテでフラれまくる。
そんなイアンのギャップ萌えもざるを得ない、どうも僕です。
誤字報告グラッツェ!こういう真面目な回で間違うとヘコむわー。


>アイスロンドが「死人に恋など出来ません。」と言ってましたが
 もし元リンリンシー(死人)で理央に片想いしていたゲキレンジャーのメレが
 聞いたら激怒しそうですね。


ラブウォーリアーならアイスロンドなどフルボッコですわ。
理央とメレの最後も切なかったですね。あの世では幸せにしてそうですが。


>ゴーバスターズの陣マサトに肩代わりしてもらったと思ってるので
 ぜひ生き残って欲しいです。


私としては、トリンが死んだ事でノルマは消化したかなーと思っていますがどうか?
ウッチーが死んでも誰得ってカンジなので、生き残って欲しいですね。





>>ニート社員さん



>誰もがそうなるであろうと予想したトリンとダンテツの「大地の闇」壊滅計画
 その通りになって、もういっそ潔いよねw


ですね。トリンがただで死ぬわけないし、ダンテツが裏切るわけがない。
ベタだけど、だからこそ燃える。キョウリュウジャーはそこが良い!


>アイガロンが実は死んでたっていうのは驚くと共にとても旨いやり方でしたね


トリンとダンテツと違って、こちらは予想外。まさかって感じでしたね。
イアンとアイガロンは、最後の最後で少しだけ歩み寄れていたのではなかろうか。
イアンが流した涙が切なくて、そしてキャンデリラに花を渡そうとした
アイガロンの行動に沁みざるを得ない。





拍手コメント返信ッ!





>>Hadukiさん



弥生ちゃんが音信普通な今がチャンス!
ここぞとばかりにヒロイン力を出してくるアミィ殿にワクワクなのです。
ウッチーは死にそうで死なない気がしますね。死んだら超悲しいですし。

マッドトリンは出番があっただけでも良かったのかもしれない…。
うん、アレで満足しないとね。うん。

アイガロンはちゃんと後悔して死んで逝ったのが良かったですね。
イアンの涙も印象的でした。

次回はシアンとグレーの二代目登場ですね。
グレーの方は色々と複雑ですが。役者さん的には本人ですしねw

市道真央さんは声優の時だけ名義が違うんですよね。
最近だとサムライフラメンコにも出てますな。
アフレコ上手だから違和感ないですよね。カワイイし。そして、カワイイし。

誤字報告グラッツェ!修正しましたストリベリー。




管理者のみに表示

トラックバック