ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第45話

2014.01.22 (Wed)

ブレイブ45 「うそだろオヤジ!シルバーのさいご」




蝶絶神デーボス(#45)




うわぁ…デーボス様、蝶素敵ナリィ…。


更なる高みに蝶進化を遂げたデーボス様の見目麗しい御姿を
その目に焼き付けろ!そして、尊敬と畏怖の念を込めて蝶絶神と呼ぶがよい。

ノンノン!蝶♪絶♪神♪もっと愛を込めて!!第45話。




賢神トリン
「ソウジ、私のこの剣を貰ってくれないか?
フェザーエッジと言う。一億年以上戦いを共にした業物だ。」


ソウジ
「急にどうしたんだよ。縁起でもない。」


賢神トリン
「逆だよ、縁起担ぎだ。戦隊で一番若い君に託したい。
若さは未来への可能性だからな。」






これやるよ(#45)





なにこの死亡フラグ。




縁起かつぎだとか言っていましたが
最終決戦直前に、一億年以上使い込んだ相棒とも言うべき武器を
自分の若き弟子に託すような行動に出るとか…
どう考えても形見分けです。本当にありがとうございました。


随分とあからさまに自ら率先して死亡フラグを立ててきましたねw
若さと言う名の未来への可能性をドーノコーノ言う前に
自分の未来の可能性が消えそうだぞトリン!





蝶絶神デーボス
「これが人間の感情を極めた我の最終進化形態…

蝶絶神と呼ぶがよい。






蝶・絶・神(#45)





蝶・絶・神!蝶、サイコー!!




蝶絶神デーボス様…なんというセクシャルバイオレットにオシャレな御姿なのだ…!

シルクハットにマフラー&素敵なステッキと実に紳士的な風貌は
このまま舞踏会に駆けつけられる程にエレガントなスタイル。

暗黒種デーボス様は一体どんな最終進化を遂げるのかと
楽しみにしていた我々の予想を遥かに上回るサイケデリックなボディ!
あぁ…なんとダサい魅惑的なのでしょうか…。


最大のオシャレポイントは、口元にあしらわれた蝶…否、パピヨン!
ネクタイとしてではなく、お髭のポジションとして使っちゃうのが
蝶絶神のチャーミングな心遣いと言えよう。
花(鼻)にとまる蝶…って感じで「鼻」と「花」がかけてあるからね。
ウィットに富んだ暗黒種ジョークですよ。
さすが「華」のあるラスボスは一味も二味も違いますな!
ムハハハハハ!(ワインを片手に紳士的な笑い方で


人間の感情を取り込んで最終進化を遂げたデーボス様。
対恐竜用の巨大ボディから、対人間用の小型ボディへとコンバート。
会話による意思疎通が可能になったのは大きいですね。
人間の感情を得て、なぜそんな外見になったのか聞いてみたいものです。


見た目はともかく、蝶絶神となったデーボス様の強さは、まさに蝶!絶!!
意識を刈り取る重い一撃で獣電戦隊をフルボッコ。
蝶ごんぶと滅びのバーストストリームで変身解除余裕でした。
キングとウッチーのW開脚も披露せざるを得ない強さですよ。





片手でおk(#45)





そりゃギガントブラギオーの一撃も片手で受け止めますよ。
あの質量の攻撃を微動だにせず受け止めるとかデーボス様マジパナイ。
部下にポケモン扱いされていた過去を余裕で払拭する強さですわ!


そして、人間サイズのデーボス様を相手に
巨大ロボで容赦なく攻撃したトリンのアグレッシブさもぱないの!

デーボス様が受け止めたからいいけど、もし直撃してたら
近くで倒れていたキョウリュウジャー達も余波で大惨事だったのではなかろうか。
デーボスを殺るためならば、多少の犠牲は仕方なかろうなのだという事か…。
フッフフ…まったく厳しい司令官殿じゃわい。





蝶絶神デーボス
「受けよ、我の裁きを。蝶絶の鉄槌。」






蝶絶の鉄槌(#45)





超増殖細胞で巨大化して、黒色火薬の武装錬金・ニアデスハピネスで
ギガントブラギオーをボコるデーボス様、蝶・サイコー!!
蝶絶の鉄槌?いやいや、見た目も効果も完全にニアデスハピネスに間違いないね!

胸の所にある、もう一つのボディ?的な部分が
常時腕組みをしているようで、強者のオーラが漂っててたまらんですわ。


巨大化する時にはマフラーを外し
元の大きさに戻ると撒き直すデーボス様がスタイリッシュ。

お気に入りのマフラーが巨大化で破れちゃうのが嫌なのか…
それとも他に理由があるのか気になる所ですね。
超増殖細胞を抑え込むシュクシュクマフラーとか、そういうアイテムなのかな?






ダンテツ
「さらばだ、トリン。」


賢神トリン
「キング…!」


ダイゴ
「嘘だぁああーーーッ!!」






トリン死亡確認(#45)





せ…石化をしているだけに決まっている…
いつもの石化さ…ほら…しゃべり出すぞ…今にきっと目をあける…
トリン…そうでしょ?…起きてくれるんでしょう?
お…起きてくれ!たのむ…トリン!!

バ…バカな…か…簡単すぎる…
あっけなさすぎる………



ハイハイ、トリン石化トリン石化。いつものカチカチ状態でしょ?
スピリットベースに持ち帰って、しばらく放っておけば
いつの間にかケロッと戻ってくるって…とか、思っていたら
綺麗に砕け散ってサラサラと大地へと浸透していくトリンの末路に驚愕ゥッ!

いつもの死ぬ死ぬ詐欺かと思いきや、どうやらガチっぽい死に様ですね。
臨死状態からのカムバックに定評のあるトリンのことなので
今回も、いつも通り余裕こいて見ていただけに結構ショッキング。
(まぁ、どうせスピリットとなって復活するんだろうけどw)


トリンが、デーボス軍に倒されれるとスピリットとなって復活する。
たとえ人類を滅ぼした所で、また次の支配生命体を反逆の戦士にして
デーボス軍に立ち向かってくる。

…ぬぅ!なんという厄介な存在w

賢神トリンは、デーボス軍にとって迷惑な存在なのだ!


それをさせない為に、トリンをデーボスの戦士として完全に殺して
大地の闇へと落とす必要があったと…
そして、それができるのはデーボス軍を倒す事が出来るブレイブをもった勇者だけ。
デーボス軍に堕ちた地球のキング・ダンテツが、その役目を果たしたのでした。
って言うカンジらしいですが、ダンテツの真意はいかに。






ダンテツ
「俺は、真の地球のメロディを聞いた。その瞬間、地球の心と一つになった。
トリンを地獄に落とすこと…それが地球の願いだったのだ。」


ダイゴ
「ありえねぇ!そんなバカな話があるか!!
それがもし本当なら…俺はあんたを許せねぇ!」


ダイゴ
「ブレイブイン。キョウリュウチェンジ。」






二代目キョウリュウシルバー(#45)





おまえ何やってるんだ桐生ダンテツーッ!行動はともかく理由(わけ)を言えーッ!


あっ、行動はともかくじゃなくて、行動もどうなってんのそれー!!(混乱)


急に出てきたダンテツパパが、トリンを後ろからズン!
問答無用で、往生せいやアタックをかましてSATUGAI。
さらに、トリンのギガガブリボルバーでキョウリュウチェンジ。
二代目キョウリュシルバーとして、キョウリュウジャーに襲いかかってくるのであった。
ダンテツまさかの大暴れである。親父大ハッスルである。
よーしパパ、トリンを亡き者にしてシルバーになっちゃうぞーである。


真の地球のメロディに触れての行動らしいけど
ダンテツなりの考えがあってのことなのだろうし、あまり心配していなかったり。

それよりも「トリンを地獄に落とすこと」が地球の願いだったとか
地球さんってば、ちょっとトリンに対して当たりが強くないですかね?w
あんな顔してるけど良い賢神よ彼。ちょっと羽が場所取るけど。


キョウリュウシルバーは、これで早くも二代目と言う事になるのかな。
初代キョウリュウシルバーのトリンは、変身出来なかった億千年の期間を考えると
シルバーとして活躍していた時期は、ごく短かったという印象ですね。
…まさに一瞬…だけど閃光のように輝いた勇者であった。(遠い目


変身時のダンテツさんは、もっと躍ってくれてもいいんだよ?
いや、トリンを殺った後でノリノリで踊るのはさすがにアレかw
小さくリズムを取っている姿が、ちょっとカワイイ。

ダンテツシルバーのバトルスタイルは
徒手空拳によるパワーファイト…って言うか、ワンパンKO?
アッパー一撃でキョウリュウレッドをふっ飛ばす親父の偉大さを感じるのであった。





ダンテツ
「奥義・空烈パンチ!!」






奥義空烈パンチ(#45)





空烈パンチ出たーーー!!




キョウリュウジャー全員を地面にめり込ませてから
遥か彼方に吹っ飛ばすとは、とんでもない超奥義ですね。

ダンテツが生身状態で放っていた、オーラのパンチを放つ
千步氣功拳のような技も、この空烈パンチだったのかな。


ダイゴの岩烈パンチに、ダンテツの空烈パンチ…。
これは確実に海烈パンチがあるね。
桐生流格闘術三大奥義の一つとして、海烈パンチがあるね。

岩烈・空烈・海烈、3つのパンチを真に極めし者だけが
最大最強奥義・全烈パンチを修得する事が出来るね。


全烈パンチ…一瞬で相手の周囲の大気ごと全烈させる。相手は死ぬ。





アミィ
「キングのお父さんがトリンを…
最後の希望だと思ってたのに…なぜなの?ウッチー…。」


空蝉丸
「拙者も言葉がござらぬ…。」






川落ちアミィ殿(#45)





アミィとウッチーだけ川落ちさせるダンテツさんが分かってらっしゃる。
あぁ…しっとりと濡れたアミィ殿が美しいでござるゥ…!
なんなら、もうちょっと深めの川に落としてくれても良かったのですがw


肉体的ダメージもさることながら、精神的にもへし折られる獣電戦隊。
最後の希望であり、デーボス打倒の切り札だと思っていたダンテツが
デーボス軍側について、トリンを消したというショックは大きいですね。

ソウジの前で、意地っ張りな仮面を捨てて大声で喚くイアンが良かったな。
カップル成立って感じで。






百面神官カオス
「あの2人は、私にとっては同じデーボス様から生まれた家族も同然。
かわいい部下だったが…失敗作です。放っておくと第ニのトリンになりかねません。
ラッキューロは捨て置けばよいが、始末するしかないですな…キャンデリラは。」


アイガロン
「うそー!キャンデリラちゃんを始末するって!?」


百面神官カオス
「聞いたなアイガロン。君も潮時か。」


アイガロン
「やべぇ~!キャンデリラちゃん達に知らせないと!!」

「なんだアレ!?」






脱走のアイガロン(#45)





うわ アイガロン 逃げ足速い。




デーボス様を筆頭に、戦騎蠢く氷結城から世紀の大脱出。
「なんだアレ!?」で逃げ出すアイガロンのタクティクスが光る。
そして、ダッシュがマジですよ。綺麗なフォームでマジダッシュですよ。


「家族同然で、カワイイ部下だけど失敗作だから殺す」と冷徹な判断を下すカオスと
同志として仲間として、キャンデリラとラッキューロを守ろうとするアイガロン。

ラッキューロのクビをきっかけに、ここへきて亀裂ビッキビキのデーボス軍。
とは言え、それを見越して新しい戦騎を用意していたカオスの旦那が恐るべし。


喜びの戦騎キルボレロ・哀しみの戦騎アイスロンド。
ちゃんとマントの中身も作ってあったのね…疑ってゴメンよカオス様!
番組後半だからって、手抜きして予算を浮かせていたわけじゃなかったのねw
だったら、もっと早く脱げよと言わざるを得ませんが。


今回出番がなかったラッキューロは、家出しちゃったのか。
キャンデリラも追っていったらしいですが
やはりあの2人は改心&生存ルートに入った感じですね。
感情を集める過程で、人間の「喜び」や、人間界の「楽しみ」に触れていく内に
人間寄りになってきてしまうのは必然なのか…。
喜びと楽しみだと余計なのかも知れないですね。ラッキュンは元々かもだけど。


そんな、ラッキューロが何かしでかしてくれそうな雰囲気になってきましたね。
カオスの旦那が、ラッキューロを甘く見すぎた結果
足元を掬われそうな予感もするけど…
スクスクジョイロとシュクシュクボールで何とかなるかしら?w





ダイゴ
「親父は本気だった…本気でトリンの命を奪ったんだ。
地球のメロディに触れて、おかしくなっちまったのか?
そんなの嘘だ…嘘だァーーーッ!!」

「教えてくれ地球。本当に、お前はトリンを見捨てたのか?」






教えて地球(#45)





地球に助言を求めるダイゴがマジブレイブ。




地面に大の字で地球とハグですよ。
地球に聞くとかでかいわー。ダイゴさんマジスケールでかいわー


真の地球のメロディを聞いて、デーボス軍入りを果たしたダンテツ。
…とは言え、ダンテツがブレイブインして、キョウリュウシルバーになっている時点で
少なくともブラギガスには認められていると言うこと。

つまり、トリンとの事は双方合意の上での行いであり
トリンは自分がダンテツにやられるのを承知していたって事ですかね。
ソウジに剣を託したのも、自分がいなくなる事を知っていたからこそか。

ダンテツの手によって、あえて地獄に飛び込んで
内側から大地の闇を浄化しようという作戦じゃなかろうか。
鉄砕とラミレスは、すでに大地の闇で奮闘中だったりするのかもですね。
スピリットだから基本的になんでもありデースw





ダイゴ
「戦うんだ…オヤジと!真実を掴むために!!」






俺が親父をボコる(#45)





親父に裏切られ、トリンを殺されてもなお立ち上がり
真実を掴むためにブレイブを燃やすダイゴが熱い。
地球と対話した結果、どっぷりと日が暮れちゃってますけど
ずーっと地面に寝転んでいたとは思えないくらい熱い。


赤ん坊の頃に、ダンテツと一緒に大地の光を浴びたことで
小さいながらも地球のメロディを聞き取れるダイゴも地球のキングの資質アリ。

父と子の拳が交わる時、地球のメロディの真実が明らかになる!
ダイゴは親父を乗り越えて、真実を掴み真の地球のキングになる事が出来るのか。
地球のキングの座をかけた親子喧嘩が今、始まる!!



………予感w




コメント

Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第45話
ダンテツ「おれは今からお前を背後から刺す!」

初瀬ちゃんが死んだときは悲しい気持ちでいっぱいでしたが、トリンには「ああまた?」っ感じで見てましたwそういえば初瀬ちゃんも背後からとどめ刺されてましたね。
トリンの死に様がオルフェノクと丸かぶりでしたw
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第45話
 どうも。コメントいたします。

 いよいよ最終決戦へむかっていきますねえ。今回キングとパパの対決が描かれましたが、みんなが幸せになれるエンドを願わずにいられません。

 余談ですが、キングとダンテツのように「男の子が、父や兄、上司や先輩といった目上の男性を乗り越えてはじめて一人前の男になる(社会的にそう認知される)」というのって、男の子むけの作品では王道パターンで、特撮でもよく描写されますよね。(最近では「ゴーカイ」のシドジョとか。放映時にはこの二人に萌え萌えして、『俺の先輩』発言は今でも伝説です。(爆))
 
 後、ラッキューロたんは今頃ホームレス状態でお腹をすかせて泣いているのではと、心配です。

 それと、「お館様はキングのご先祖様か、前世か、単なる他人の空似か」というのはとうとう明かされないんでしょうね・・・。わたし的には「輪廻転生説」が一番ロマンがあるとは思ってますけどね・・・。
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第45話
死亡フラグとか抜きにしても、「1番本気を出さなくちゃいけない時に、1番使い慣れた武器」を手放してるのはどうかと思うぞ、トリン。

さて、今回も思った事をいくつか。

①恐竜を滅ぼす時は恐竜サイズ、人間を滅ぼす時は人間サイズになるデーボス。確かデーボスは「昆虫の惑星」も滅ぼしていたはず。という事は・・・昆虫サイズの時期もあったんですかね?

②ギガントブラギオーの攻撃を等身大のまま受け止めたデーボス。ヨゴシマクリタインも同じような事してましたが、やっぱり強さに説得力が出ますよね。

③今回は石化どころか砂になってしまったトリン。さすがに今回は復活不能・・・?

④シルバーに変身できたという事は、ダンテツもブラギガスに認められたんですかね?まあ、足でリズムの刻んでるのは渋かったですが・・・。

⑤新戦騎のデザインはイマイチ。哀しみの新戦騎はともかく、喜びの新戦騎はデザインが散らかっているような印象を受けました。

自らに死亡フラグを立てる事で、キャンデリラとラッキューロに生存フラグを立てたアイガロン。
ダンテツの真意を確かめるため、彼を越える決意をしたダイゴ。
彼らの明日はどっちだ!?
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第45話
この前書いたおもちゃの売り上げの記事はこれですよ
ttp://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140105-OHT1T00168.htm
おもちゃのニュースっていうよりは、山下さんが変身するのがメインの記事ですけどね
ってかこれ2週間前に出たので、見出しでネタバレした方が多かったらしいですよ

ちなみにこんな記事もありますけどね
ttp://mantan-web.jp/2014/01/07/20140107dog00m200043000c.html

三条さんのインタビューによれば最初はどちらを変身させるか迷ってたらしいので、最終的には両方変身させたってことなんでしょうね

ところでキルボレロって肩になんかついてるけど、あれローブの中に隠れないんじゃないの?

ダンテツは時計止まったときにちょっとほっとしたような表情に見えたので、何かしらの考えがありそうですね
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第45話
いや、いい絶望回でした
サイズ差が問題にならない戦力というのは巨大ロボという攻撃手段を持つ戦隊シリーズならではの演出
打ちひしがれてる演出はノッさんが一番きつかったですねえ
最年長という設定にあわせた力の抜け方が堂に入ってました
さてこの最悪の状況どう乗り越えるのか
もう一週たりとも目が離せません
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第45話
正直メサイアみたいに下克上されるのではと
思ってましたが強すぎですねデーボス様…

それに加えて、家出したラッキューロ達を除いても
カオス、ドゴルド、エンドルフ、
アイスロンド、キルボレロまでいますからね
ここからどう反撃するのか、とても気になります
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第45話
悪と破壊のセーラー服美少女蝶絶神キュアデーボス!!
違う違う、それじゃないって!!蝶はプ○キ○アとかセ○ラ○ム○ンとかのだよ!!
蝶は、女児向けだ・よ!!幼女向けだ・よwww
ヨル様こんばんは

ラスボスの最終形態が蝶てw
ドラァグクイーンみたいだな、いっそオネエ言葉で話せばいいのにw
にしても…喜ルボレロに哀スロンド、怨ドルフに怒ゴルド、カオスの旦那そしてデーボス姐様 with 鳥殺しのダンテツ
やだっ悪の組織っぽいw
ぶっちゃけ今まで「悪」感あったのカオスの旦那くらいでしたからねぇ
そりゃ殺りたくもなるわw

>いつもの死ぬ死ぬ詐欺(まぁ、どうせスピリットとなって復活するんだろうけどw)
トリンへの当りキッツいわーwww
ヨル様のトリンの扱いは終始変わらず、怨みでもあんのかってくらいキツ目でだわw

いよいよ最終決戦間近ですねぇ
その前にはヒーローたちを一度奈落のズンドコまで落とす
それが戦隊シリーズの醍醐味(チーズ味)
おいしかった!!
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第45話
蝶で敵キャラといえばガオガイガーFinalのパルパレーパ様、がそうでした。
ちなみに声はタイリョーンでしたけど。
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第45話
ダンテツはトリンsatugaiするしカオスさんはキャンデリラエリミネートしようとするわこの番組のパパはろくなのいねぇな!、、、、いや、パパはカオスさまじゃなく生んだデーボスさま、、、
ってやっぱりろくなのいねぇ!

ダンテツがシルバーになってたけどシルバーはブラギガスと心を通わせないといけないはずですしやっぱなんかあんでしょうかねぇ

そして行方不明で出番0の弥生ちゃんたちェ......

コメント返信ッ!


>>TSさん



>ダンテツ「おれは今からお前を背後から刺す!」


わざわざ背後に回って刺す!よし、歯を食いしばれ!!


>初瀬ちゃんが死んだときは悲しい気持ちでいっぱいでしたが、
 トリンには「ああまた?」っ感じで見てましたw


トリンはなにやっても死にそうに無いんだもんなぁw
サラサラと散っていっても、どうせスピリットになるでしょ?みたいな。
初瀬ちゃんはかなり悲壮感が漂っていましたね。


>そういえば初瀬ちゃんも背後からとどめ刺されてましたね。
 

最近は無防備な相手を容赦なくデリートするのがブームなのか…!





>>かぐやさん



コメントグラッツェ!返信遅れちゃってごめんなさいね。


>男の子むけの作品では王道パターンで、特撮でもよく描写されますよね。


燃え上がらずにはいられない鉄板展開ですね。
男には乗り越えなければならない壁があるのだ…!

ゴーカイジャーのジョーとシドの戦いは燃えましたねー。


>『俺の先輩』発言は今でも伝説です。(爆)


ジョー・ギブケンは二刀流である!(意味深)


>後、ラッキューロたんは今頃ホームレス状態でお腹をすかせて泣いているのではと、心配です。


ラッキューロは案外どこでも生きていけそうなカンジ。
って言うか、あの子達って食べなくても大丈夫な気がするんですけどどうなんですかね?
ラッキュンは団子食べたり、お茶飲んだりしてますけどw





>>JUDOさん



>確かデーボスは「昆虫の惑星」も滅ぼしていたはず。
 という事は・・・昆虫サイズの時期もあったんですかね?


基本昆虫のサイズで本気を出す時は巨大になっていたカンジ?
ちっちゃいデーボス様も可愛くて面白そうだわねw


>ヨゴシマクリタインも同じような事してましたが、やっぱり強さに説得力が出ますよね。


うむ。画的にもシビれますよね。
ラスボクスラスの風格がないとやっちゃいけない荒業な気もしますわ。


>新戦騎のデザインはイマイチ。哀しみの新戦騎はともかく、
 喜びの新戦騎はデザインが散らかっているような印象を受けました。


アイスロンドもボディ部分はスーツだったり結構安上がりでションボリ。


>自らに死亡フラグを立てる事で、キャンデリラとラッキューロに生存フラグを立てたアイガロン。


アイガロンの漢っぷりが全開の次回にレディーゴー!





>>石楠花さん



山下さん史上最年長戦隊ヒーローになるのか。ブレイブだぜ。
でも、せっかくの衝撃展開なんだから本編放送までは我慢して欲しいなーと思うのでした。
玩具売り上げ2001年以降最高売り上げって凄いですね。
…ガブリボルバーが2000円だった時に買うべきだったかなー?


>ちなみにこんな記事もありますけどね


ざっくばらん過ぎだろ山下ェ…w


>ところでキルボレロって肩になんかついてるけど、あれローブの中に隠れないんじゃないの?


少年漫画的お約束やねw





>>あの暗黒種様おヒゲが変!さん



どうだい蝶エレガントだろう?


>サイズ差が問題にならない戦力というのは巨大ロボという攻撃手段を持つ
 戦隊シリーズならではの演出


圧倒的戦闘力の差が一目で分かる素晴らしさ!
あのサイズの攻撃を受け止められる絶望感がステキですよね。


>打ちひしがれてる演出はノッさんが一番きつかったですねえ


普段オヤジギャグを飛ばしてる分のギャプも拍車をかけてますね。
決める時は決めるしカッコイイよねノッさん。





>>正直メサイアみたいに下克上されるのではと  
 思ってましたが強すぎですねデーボス様…




ポケモン扱いされていた時は、カオスやドゴルドに下克上されても
おかしくない雰囲気がありましたねw
今回見せつけた強さと貫禄はそれを覆すのに十分でした。強いぞデーボス様!


>それに加えて、家出したラッキューロ達を除いても
 カオス、ドゴルド、エンドルフ、
 アイスロンド、キルボレロまでいますからね


残り数回なのに幹部級が生き残りすぎですよねw
獣電戦隊が10人じゃなかったら数の暴力だわ!





>>ニート社員さん



蝶はエレガントな紳士にふさわしいセクシャルシンボル。
パピヨンを使いこなせる事こそジェントルメンの証と言えよう!
ニート社員さんこんばんは。


>ぶっちゃけ今まで「悪」感あったのカオスの旦那くらいでしたからねぇ


確かに。ドゴちゃんもなんだかんだ仲間思いな所ありますからね。
カオスの旦那は根っ子の部分が冷徹なカンジが素敵に悪っぽい。


>ヨル様のトリンの扱いは終始変わらず、怨みでもあんのかってくらいキツ目でだわw


ちょっと待ってくださいよ、怨みなんて無いですよ。
むしろ、トリン大好きですよ。超カッコイイじゃないですか鳥バード。
あのモミアゲにぶら下がってブランコしたいくらいラブですよ!


>その前にはヒーローたちを一度奈落のズンドコまで落とす
 それが戦隊シリーズの醍醐味(チーズ味)


絶望からの大逆転のカタルシス。
キョウリュウジャーなら見たい物を魅せてくれると超期待なのです!





>>愛乃めぐみさん



蝶をモチーフにする男ならば、エレガントな紳士でなければならない。
タイリョーンボイスだと言うならば、余裕でクリアしていると言えよう!(キリッ





>>トリン享年55753歳さん



トリンは億年いってるはずなので557530000オーバーの予感w


>ダンテツはトリンsatugaiするしカオスさんはキャンデリラエリミネートしようとするわ
 この番組のパパはろくなのいねぇな!


離婚しちゃってたソウジのパパとかネw
しかし、総じてオヤジが強いと言うのもキョウリュウジャーイズムなのかも。


>そして行方不明で出番0の弥生ちゃんたちェ......


スピリットの2人はともかく
氷結城に当て逃げ食らった弥生ちゃんが心配でならない!





拍手コメント返信ッ!





>>Hadukiさん



武装錬金が10年以上前…だと…!?
タンスの奥からダンボール引っ張り出して
単行本を読み返して思い出に浸ろう。そうしよう。

トリンの死に対しては何も心配してなかったですね。
東方不敗ルートに入るならば、もっと早い段階の方が良いと思いましたし。
でも、その方が親父を越えるという展開がやりやすそうではありますね。

アイガロンとの決着はグッときちゃいました。
ダークな気分になる理由もちゃんと説明されててさすがだなと。
ウッチーとドゴルドの決着もいまから楽しみ。
ドゴルドのあの小物感が嫌いになれないんですよね。
どうやって散っていくのか…頑張れドゴちゃん!




管理者のみに表示

トラックバック