ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

ドキドキ!プリキュア感想 第47話

2014.01.18 (Sat)

第47話 「キュアハートの決意!まもりたい約束!」




キンジコ大進撃(#47)




「これは映画ではありません!今、まさに起こっている現実なのです!
海から上陸した巨大生物を食い止めるべく
5人の少女達が必死に戦っているのです!
彼女達が何者なのか分かりませんが、ただ一つ言えるのは
彼女達は命をかけて我々を、この世界を守ろうとしてくれているのです!」


情報統制プレゼンテッドバイ、ヨツバテレビでお送りしております。
四葉財閥製の巨大ロボが迎撃に出撃してくれる事を期待していたのですが
メーサー砲はおろか、戦車や戦闘機すら出て来なくてちょっぴり残念、第47話。




キュアダイヤモンド
「知らないのなら教えてあげる。ダイヤモンドは傷つかないのよ!」


キュアロゼッタ
「みんなで頑張れば、きっと未来が開ける。そんな気がするんです。
それが私達のカッチカチの絆なんです。その上、今日の私はガッチガチです!」


キュアソード
「私が斬るのはあなたじゃない。断ち切るのは弱さ!切り開くのは未来!
心を貫く勇気の刃!それが私!王女様からもらった名前、キュアソードよ!」






進撃の巨ジコチュー(#47)





これは素晴らしい「ここは俺に任せて先に行け」展開。
ソードちゃんに至っては「ここは私に任せて、みんなは先に!」と
まんま完璧なセリフを口走ってましたからねw
ベタぴーであり、燃えぴーですね。


海から迫り来るキングジコチューを迎撃するために
侵攻するジコチュー軍団を浄化しながら進むプリキュア達。

ダイヤモンドは砕けない六花ちゃん!
ガッチガチのダブルロゼッタリフレクションを披露する、ありすお嬢様!
斬って斬って斬りまくる、それが私だ剣崎まこぴー!!

立ちはだかるジコチュートリオと対峙しながら口走るセリフが超クールでした。
みんなそれぞれ、これまでの成長を踏まえてるのがジーンときちゃいますね。


特に六花ちゃんとイーラの会話が、宿命のライバル同士のよーなやり取りで超熱い。
一回心を通わせている2人だけに
「お前だけは、俺が倒す。」とか言われると、もうたまらんね。





イーラのカッコイイ構え(#47)





…って言うか、イーラはレジーナに対しても
「お前のプシュケー、萎れててみっともねぇぜ。」とか深いこと言っててカッコイイ。
イーラだけでも改心エンドになってくれると嬉しいかも。


そして、あの巨大なキングジコチュー様をたった2人で支えて押し返す
ハート&エースのパワーファイターがハンパない。ビバ筋力。
キンジコ様には、三種の神器を使わないと勝てないんじゃないかと思いましたが
案外、ガチンコ殴り合い対決でもいい勝負が出来そうでキュンキュンしますねw





ベール
「フン…お前1人で、この俺を止められるのか?…アッーーー!?






中ボスっぽいベールさん(#47)

やーまじ!?(#47)





中ボスのオーラを漂わせながら、キュアソードの前に立ち塞がったベールさんですが
セリフを決めきる前に、ロゼッタリフレクションをブチ当てられて
壁めり込むという芸当を披露してくれる所がさすがと言わざるを得ない。
ナイスやーまじであった。
でも、キュアソードに対しての「なまくらが!!」の切り返しは良かったぞベールさん!


それにしても、この攻撃は痛そうですねw
ロゼッタリフレクションマジ万能。






キュアハート
「ほら、聞こえるよ。愛の鼓動が。」






突撃ラブリンク(#47)





恐怖のあまり自分だけが助かろうとすると、プシュケーが闇に染まり
ジコチュー化してしまうと言う恐怖の無限ジコチュー連鎖。
ジコチューの真の恐ろしさは、そのアウトブレイク速度にあったという事か…!


しかし、プリキュアの愛に触れてた大貝町の面々は愛の力で支え合う。
プリキュア達の家族のみならず、ゲストキャラ総出演のラブリンク!
各々のストーリーの積み重ねがなせる、重みを感じるシーンにグッときたぜ。
ジコチューな心が広がるのとは真逆に
マナの愛がどんどん広がっていくと言う、愛の鼓動のラブ連鎖。
俺が、俺達がラブリンクだ!!


まこぴーの事務所の女性は誰かと思ったら、おおとり環さんか!
白雪姫の女王役姿の方がハマってたので一瞬分からなかったわ。恐ろしい子…!

まこぴー応援団団長と、かるたクイーンが謎のフラグを立てている中
第1話の迷子の幼女とのフラグを立てる角野さんがブラボーですわ。
あの子もきっとニンジン好きにされちゃうんだぜきっと。性的な意味で。


エルちゃんと&茉里おばあ様の亜久里ちゃん好き好きコンビの逃避行が光る。





焼き払え!(#47)

凄いよロゼッタちゃん(#47)





レジーナ 「なぎ払え!」


キングジコチュー様のビームを逸らせるロゼッタリフレクションマジパネェ。
結局、クローバータワーがへし折れてしまいましたが
展望台にいた人達は無事に避難完了していたのだろうか?

…いや、それ以前にキンジコ様の侵攻で
普通に大勢の被害者が出てそうなんだけど
キンジコ様を倒したらピカーっと光って元に戻るのかな。超心配。






キュアハート
「好きだから。あたし、レジーナが好きだから。それだけじゃだめかな?」


レジーナ
「やっぱりマナも好き!パパと同じくらい…
どっちかなんて選べないくらい…マナが好きなの!」


キングジコチュー様
「黙れレジーナ!お前は私だけ見ていればいいのだ!!」


キュアダイヤモンド
「そう思う気持ちも分かるわ。私もその気持ちに覚えがあるから。
でも、好きな誰かを独り占めするよりも
好きな人が好きな人を自分も好きになって
そうやって人の輪が広がっていく方が…なんかイイじゃない?」






キンジコ激おこ(#47)





マナさん必殺の愛のハグからの、ストレートな告白でレジーナ陥落!
一方的にボコボコにしてるのに、反撃すらしてこないどころか
抱き締められて、耳元で愛を囁かれたらもう落ちるしかないじゃない!!

キュアハートだけはジコチュー浄化の必殺技すら撃っていないと言う徹底ぶり。
マナは本当にキングジコチューと話をするという
レジーナとの約束を守るために来たんだなという覚悟が感じられますね。
「お義父さん!娘さんを下さい!」みたいなカンジになっちゃってましたけどw


ピチピチのプルプルなガチカップルの交際宣言にキンジコ父さん激おこ状態。
そんな、娘の愛情を独り占めしたいキンジコ様の気持ちを理解しつつ
「まぁまぁお父さん許してあげましょうよ、みんなで愛し合えば良いじゃない」と
愛人としての悟りの境地を開いたような意見をぶっこんでくる六花ちゃんね。
海より広い心を持つダイヤモンドちゃんの笑顔が深いわぁw

ダイヤモンドは傷つかない…なるほど、そういうことか!(違





キングジコチュー様
「なんだこれは…?この胸に湧き上がる…これはなんだ…!?」


キュアハート
「それだよ、キングジコチューさん。気付いてくれた?
ううん…思い出してくれた?それが、愛だよ!」


キングジコチュー様
「認めん…愛などいらぬ、愛などありえぬ!
愛など消し去ってくれるーーーッ!!」






キンジコパンチ(#47)

クローバータワー崩壊(#47)





キンジコパンチでクローバータワーをドーン!!




愛の鼓動を感じたキングジコチュー様が
こんなに苦しいのなら…悲しいのなら…愛などいらぬ!とばかりに
娘もろとも鉄拳制裁キンジコナックルでフィニッシュです。


あぁ…ついにクローバータワーが完全倒壊ですわ…。
よし、破壊された東京クローバータワーの跡地にキマシタワーを建造しよう。(提案)


マナちゃんってば、本当に凄いな。愛の拳でぶん殴るどころか
本当に説得だけでキングジコチュー様をなんとかしてしまいそうなカンジ。
もはやジコチューなど敵ではなく、真に討つべきは闇ということかな。
盛り上がりを見せるクライマックス展開!
見せてもらおうか、闇すら包みこむマナちゃんの愛とやらを!!



…今回姿を見せなかった岡田は、人知れずキングジコチュー様に踏みつぶされていた説。




コメント

なるほど、アナウンサーがやけにプリキュアに好意的だと思ったら、四葉の根回しだったんですね。
流石は四葉財閥、最後まで大活躍ですな。

やはりレジーナにはプシュケーあったんですね。
幹部ジコチューに相手の心の状態を見抜く(もしくは闇の鼓動を聞き分ける?)能力があるのも、イーラのセリフがあるまで地味に忘れてました。

キングジコチューの踏みつけを2人で受け止めて押し返すのって、一人あたり何百トンくらいの腕力が要るんですかね…
柳田理科雄先生に聞いてみたい所である。
キングジコチューの体重がすごく軽いとかいうオチだったりして。

どんな大地震や大津波に見舞われても略奪や治安の悪化が起こらない、不気味なほど平和な国・日本なら、
プリキュア効果を差し引いても、ジコチュー連鎖はそこまで起こらない気がしますね。

キングジコチュー…哀しい男よ。誰よりも愛深きゆえに…

ラストのキングジコチューパンチを食らうシーンでも、キュアハートは毅然と正面を見据えてましたし、
盛り上がりはするけど不安やピンチっぽさは全く感じないのがドキプリの凄い所だと思います。



余談:
今回はわりとネタを挟む隙があったので助かりました。
ttp://touch.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=41026914
Re:ドキドキ!プリキュア感想 第47話
これアレですよ、長い時の中で苦境を乗り越えてきた日本は助け合いの精神が強くなったんですよ。まさしく誇りある侍の国なのですよ。トランプ王国はどうでしょう?王様がアレですからw
Re:ドキドキ!プリキュア感想 第47話
溜め撮りした色々なビデオを年末年始の空いた時間に観続け追いついた!クリスマスイブのド百合エピソードは本当にご馳走様でした。自室に突っ伏す亜久里ちゃんの匂いを嗅ぎながら、俺、再び参上!!(のっけから最低)

遅ればせながら今年もよろしくお願いします。

>メーサー砲はおろか、戦車や戦闘機すら出て来なくてちょっぴり残念
もう怪獣映画のノリでしたよねー。「巨神兵東京に現る」とかも思い出しました。犬も吼えてたし!

>特に六花ちゃんとイーラの会話が、宿命のライバル同士のよーなやり取りで超熱い。
ウィ。
自分達に追い風吹いてるのに、どこかつまらなそうなイーラが良いですね。自分の組織がどんな状況だろうが悪党として相応しくなかろうが、自分のしたいようにするってのも立派なジコチュー。遠慮せずお戦いなさい。
対して「しょうがないわねえ相手してあげるわ」って感じの六花ちゃんも頼もしい。イーラ君、多分きみラケルと同じカテゴリにいれられてるで(笑)

>斬って斬って斬りまくる、それが私だ剣崎まこぴー!!
ラッキークッキー剣崎ー(田中真弓)
え!?まこぴーひとりで足止め大変じゃない?・・・あ、ロゼッタもいるなら安心か。って思ったのは内緒です。
今回のソードの啖呵が実に実にカッコ良かったのですが、「なまくらが!」の切り返しは言い得て妙だと感心してしまいました。(オイ)

>マナの愛がどんどん広がっていくと言う、愛の鼓動のラブ連鎖。
まさにこの世界救うもの、それは愛だよ!ですわ。(もしくは相田だよ!)
あと、どういう経緯か知らないけど、かるたクイーンさん良い人みつかってよかったね!!

>ストレートな告白でレジーナ陥落!
やはり落ちるか(笑)相田マナ強し!!あと耳たぶのひと噛みでもしてやればヘナヘナに出来たことでしょう。マナちゃんとか、キングとか、晴人とか、昨今の東映ヒーローモテまくりよね!

>海より広い心を持つダイヤモンドちゃんの笑顔が深いわぁw
マナ暦長いですからね。もうね、ああなるしかないのかもしれませんね。
『寛容』トイウ事ハ『ダイヤモンド』ヨリモ傷ツカナイ!!MAAAAAAAANNABEEEEEEEEE


キョウリュウジャーもドキプリも佳境でワクワクハラハラ。
また来るのは時々になるかもしれませんが、ヨル様よろしくです~
コメント返信ッ!


>>魚座間さん



>なるほど、アナウンサーがやけにプリキュアに好意的だと思ったら、
 四葉の根回しだったんですね。


報道規制をかけるより、利用するのが四葉流…!
セバスチャンの手回しであると思いますわw


>キングジコチューの踏みつけを2人で受け止めて押し返すのって、
 一人あたり何百トンくらいの腕力が要るんですかね…


あの踏みつけ攻撃を受け止められるなら、大抵の攻撃は受け止められますよね。
と言うか、ハートとエースの腕力凄すぎ問題ですよ。
パンチのみで十分戦えるんじゃなかろうかw


>プリキュア効果を差し引いても、ジコチュー連鎖はそこまで起こらない気がしますね。


慌てるんじゃあない!日本人は慌てない!!
取り乱す人の方が少数派ってカンジでしょうか。

巨大なキンジコ様が襲ってきても、避難するよりも興味が先に出てきて
むしろ近付いて行ってしまいそうな自分が怖い。


>盛り上がりはするけど不安やピンチっぽさは全く感じないのがドキプリの凄い所だと思います。


やはりマナちゃんの存在は大きいですよね。
あの安定感と頼りになる感はステキです。


>今回はわりとネタを挟む隙があったので助かりました。


熱い展開の連続にシビれるゥ!
14&アルビローチの軍勢は、ジコチュー軍団よりも絶望感があるわぁ。
羽をしまう六花ちゃん可愛かったよねw





>>TSさん



日本は島国ですからね。本来人と人との繋がりは強いんじゃなかろうか。
魂の奥に眠る侍スピリッツは砕けないのよ!


>トランプ王国はどうでしょう?王様がアレですからw


ちゃうねん、娘が可愛すぎたねんw





>>ヒツジさん



ヒツジさんお久しぶりー!コメントグラッツェ!今年もヨロシクね!!
自宅に突っ伏す亜久里ちゃんと言うと
ふくらはぎが性的かつ印象的性だったあのシーンですね。わかります。


>「巨神兵東京に現る」とかも思い出しました。犬も吼えてたし!


犬が吠えるってのは巨大映画あるあるでしょうかねw
こういう細かい演出は嬉しい所。


>イーラ君、多分きみラケルと同じカテゴリにいれられてるで(笑)


それ、恋愛対象として見られないやつや!
イーラは六花と絡んだ事で、魅力的なジコチューになりましたね。
彼がどんな結末を迎えるのか楽しみです。


>ラッキークッキー剣崎ー(田中真弓)


あんなネタに反応してくれるとか涙が出るほど嬉しいワケでw

まこぴーは、なまくら呼ばわりされてて吹きましたが
最後はバシッと決めてくれて良かったなと。


>マナちゃんとか、キングとか、晴人とか、昨今の東映ヒーローモテまくりよね!


そう言われると、マナちゃんとキングは天然たらし的な部分が似てますね。
現ライダーの紘汰のモテ度が心配でならないw


>『寛容』トイウ事ハ『ダイヤモンド』ヨリモ傷ツカナイ!!


全てを包みこむのは固い決意ではなく、柔らかく柔軟で広い心と言う事かw
柔らかいということはダイヤモンドよりも壊れない!


>また来るのは時々になるかもしれませんが、ヨル様よろしくです~


こちらこそ、よろしく!いつでもおいで下さいませ。
駄文を垂れ流しながら待ってるよ!



拍手コメント返信ッ!


>>Hadukiさん



六花ちゃんとイーラの関係はかなり良いですね。
イーラはここまでキャラが立つとは思わなかったな。

ふんばりエースは変顔初披露でしたかw
そういえば、キュアエースは終始凛々しい感じでしたな。
亜久里状態だと結構崩れるのでそんなイメージ吹っ飛んでましたわ。

トランプ王国民ってパニックに弱そうな感じですよね。
ちょっと地震がおこったくらいで取り乱しちゃうみたいなカンジ。
日本人は変な所で冷静で達観的だったりするので
あれほどパニックにはならないんじゃなかろうか。
そういう私はパニックな状態を見ると、ドン引きして冷静になるタイプ。

あのアナウンサーってば、ちゃんとした再登場ゲストキャラターだったのね!
全然分からなかったわ…。一話の迷子ちゃんは分かったのに。
ドキプリは小ネタの回収が丁寧で好感がもてますね。




管理者のみに表示

トラックバック