ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダーウィザード感想 第53話(最終回)

2013.10.05 (Sat)

第53話(最終回) 「終わらない物語」




鎧武
「あっ、ヤベ!ゴメン、俺取り込み中だったわ!じゃっ!!
…つーか、ここどこだよ?うおっ!? アッーーー!!?





取り込み中だった鎧武(#53)

ミカンでビューン(#53)




ミカンになって飛んで行った…。


帰っちゃったよオイ。ミカンになって帰っちゃったよ。
でも、取り込み中だったみたいし仕方ないですね。
どこぞの屋上でけっこう呑気してたように見えましたが
塾に行く途中とかだったのでしょうか?
急がしい中をありがとう鎧武!またすぐ呼ぶから来てくれよな!第53話。




アマダム
「実験は完了~!あそこに私の求めるものはある!」
「まもなくその子達も変身の時を迎える。
2人が外の世界へ出れば君達の敵となる!!」






場面がテレポート(#53)





あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ!

「アマダムが河原でサンダーしていたと思ったら
いつの間にかダムにワープしていた」

な…何を言っているのか わからねーと思うが 
おれも何をされたのか わからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


少年&少女はガッツリと捕まってるわ
晴人達とアマダムでこう着状態に陥っているわ
CMの間に、いったい何があったと言うんだw
こいつは尺の都合でカットされたにおいがプンプンするぜッーーーッ!


コピー&バインドの魔法と、攻介のファルコ&ドルフィを組み合わせて
その場をエスケープするテクニックは感心しました。
晴人と攻介の魔法コラボが再び見られるとは胸熱展開でした。
抜け目なく、ライダーリングを1個拝借している辺りもさすがである。

躊躇なく自分の指輪を貸す攻介と、何の打ち合わせもなく
理解して場を切り抜ける晴人のコンビネーションにグッとくる。
この2人のコンビは、なんというか大人な感じがして嫌いじゃないわ!


1人で、あの場に取り残された攻介はどうやって逃げたのだろうか…。
アマダム的には問題視するほどではないからスルーされたのかな?
もしくは、ダムに向かって生身でダイブで決まりやね。





少年
「変身すれば、善いことも悪いことも分からなくなる。
そうなる前に外に出たかった。
…でも、外へ出たら仮面ライダーに倒されちゃうんだ…。」


こよみ
「だったら…変身する前に、私達を…」






すまないね晴人(#53)

こよみ根性パネェ(#53)





こよみちゃんの根性パネェな!




怪人に変身するくらいなら、人間のまま静かに眠らせてプリーズですよ。
この若さで、すでに覚悟完了済みだとかどういうことなの。

魔宝石の世界でも、元の世界でも
コヨミちゃんのメンタルの強さには驚かされるばかりである。
若いんだから、もっと足掻いたり、頼ったりしても良いんだよ?

怪人に変身すると善悪の区別がつかなくなると言うのはなんとなく納得。
彼等が怪人化したくないというの理解できる。って言うか、怖すぎだろそれw


「こよみに触るな!」とか言われちゃった晴人にはちょっぴり同情心。
そんなロリコンを見るよーな目で見なくてもええやないの。
最後の希望やぞ!晴人さんは最後の希望なんやぞ!!(必死







「全ての怪人が、現実に溢れ出したらどうなると思う?
怪人大戦でも起こすつもりか?」


晴人
「そんなこと望んじゃいない。」



「お前は、なんでこの世界に来た。」


晴人
「声が聞こえたんだ。「助けて」って言う子供たりの声が。
仮面ライダーが正義の為に戦うのなら…ここを封印し続けなきゃいけない…。」



「正義か。…俺はたくさんの世界で、たくさんの正義を見てきたが―。」






門矢士参上(#53)





士くんデター!おのれディケイド!(挨拶)




まさか、このタイミングで変身解除して出てくるとは思わなかったぜ。
なんでしょうか、あのサングラスは。
ディケイド最終回に出てきた剣崎さんリスペクトでしょうか。
士 「サングラスカッコイイ」


ライダーリングで呼び出されたライダーは、本人ではないイメージだったのですが
ここでアマダムに召喚されたディケイドは、まぎれもなく門矢士本人に見えますね。
仮に、士くんだけ本人だったとしても
特に疑問には思わないのが、ディケイドのズルイ所だぜw おのれディ(ry


なんにせよ、本人が出てきてくれだけで燃えてしまうと言うね。
カメラをかまえて、堂々と晴人を盗撮する姿がクールであったw
現像した写真は、面影堂まで届けてくれると良いだろう。





アマダム
「仮面ライダーは、怪人になり損なったものにすぎない。
仮面ライダーとは、悪と同じものでおじゃる。
仮面ライダーの力の源…それをクロス・オブ・ファイアという。
炎の十字架。悪から生まれたという罪の証。」


攻介
「あとは頼んだ…晴人…!」






クロス・オブ・ファイア(#53)

ビースト終了(#53)





ビースト逝ったーーーッ!?




バ…バカな…か…簡単すぎる…あっけなさすぎる…

け…けがをしているだけに決まっている…
かるいけがさ…ほら…しゃべり出すぞ…今にきっと目をあける…

仁藤さん…そうでしょ?…起きてくれるんでしょう?
お…起きてくれ!たのむ…仁藤さん!!


単身敵地に乗り込んで返り討ちにされる仁藤さんの活躍フゥー!
攻介が消える時に、チラッとグリフォンちゃんも映っていたので
グリフォンでアマダムを追って、この基地に単独潜入して来たと言う流れかな。

晴人と別行動を取っていたので、いったい何をしていたのかと思いきや
たった1人でアマダムの元へ殴り込みに行っていたとか勇敢すぎるだろ…。
首チョップで倒されるマスカレイドに泣けて来るw

サックリとやれらてしまった攻介ですが、この後の展開を考えると
ここでリタイアせざるを得なかった感じですね。残念無念。


アマダムの言う「クロス・オブ・ファイア」。
罪の証である炎の十字架を背負い、悪の力を持って悪と戦う。
悪の組織ショッカーによって生み出された改造人間・仮面ライダー1号から
受け継がれている根本的かつ重要なファクターの一つですね。

一部例外っぽい方々もいたり、最近はアイテム重視だったりもしますが
基本的な部分は、それほどブレてはいないんじゃなかろうか。
クロス・オブ・ファイアとか言われると、凄いカッコイイ感じですがw

個人的には、悲しみを背負ってくれたりすると、よりグッドだったりするかな。






晴人
「かつて罪を犯し、魔宝石に封印された魔法使い…それがお前の正体か。
子供たちをそそのかし、この世界から抜け出すつもりだったんだな。」

アマダム
「いでよ仮面ライダー!さぁ、ウィザードを倒せ!
リングの持ち主の命令に従う…ライダーなど所詮その程度の存在だ!ぺッ!」

電王
「はぁ?なに言ってんだ、バカかお前!
俺たちは、リングの力で子供たちに従ったんじゃねえ。弱いものを守っただけだ!」

アマダム
「この子は怪人に変身する存在だ!それを守るのがお前達の正義か!」


「ある人が言った。俺達は正義のために戦うんじゃない。
俺達は人間の自由のために戦うんだと。」

アマダム
「なんだ…お前達は一体なんだ!?」


「通りすがりの仮面ライダーだ。覚えておけ!」






通りすがりだコラァ!(#53)





完全に士くんが主人公じゃないですかー!やだー!!




例のBGMに乗っかって、イカス台詞で説教かませば即ディケイド!
一発で場の空気を変えて全部持って行くとか相変わらずズルイw

急に喋りだして良いこと言ったモモタロスも一瞬で空気化ですわ。
晴人くんに至っては、士に肩ポンすることくらいしか出来なかったワケで…。
それでも、晴人&士のダブル変身には燃えざるを得ない。悔しい!おのディケ!


「アマダム…噂には聞いた事がある…」 「知っているのか晴人ー!!」


アマダムの正体は、魔宝石に閉じ込められた魔法使い。
リングやベルトといった媒介も無しに、ダイレクトで魔法を放ってくる辺り
かなり高度な魔法使いだったようですが…
ウィザード的に考えて、魔法の力の源がファントムであるとするならば
アマダムはファントム・アマダムという事になるのかしら?

全てのライダーの力の源たる能力を有しているとするならば
一概にそうとは言えないかもしれませんが。


アマダムは少年達を利用して、ライダーリングの力を確かめていたようですね。
封印された存在が故に、自分だけの力では脱出できないので
少年達の願いの力を利用しようとしていたと言う事かな。





ライダー大暴れ(#53)





やだなにこれカッコイイ。




ライダー達が次々と技を繰り出し、コンビネーションで怪人どもを滅多打ち。
技を使ったり、武器を使ったり、必殺キックを放ったり、個性が垣間見られて面白い。
フィニッシュした後に、ちゃんと決めポーズをとってくれるのが良いですね。
三人一組で見得を切るライダー達にシビれたぜ!


特に、洞窟内の暗闇で光るファイズが超格好良かったのと
1人だけフォームチェンジして紅になってる響鬼さんの存在感に目が釘付けでしたw





怪人がゴミのようだ(#53)





見ろ!怪人がゴミのようだ!!




あまりの清々しいやられっぷりと、全員一気に転ばされるという
なんだかシュールなビジュアルにちょっと吹いたw


仮面ライダー達の大暴れで、木っ端怪人どもが一斉にズザーである。
怪人も多くの種類が出ていましたが
ライダーのカッコ良さに気を取られて、ほとんど目が行かなかったなぁw






アマダム
「いでよ!我が最強の兵士達よ!!」






ライダー巨大戦(#53)





ライダー巨大大戦キターーー!




これはすごい。(小並感)
アマダムが呼び出した巨大怪人軍団に、各々の手段で立ち向かうライダー達。

最近は、時空も越えられちゃう便利なタクシー代わりに使われている
デンライナーのバトルモードとか、超久し振りな気がするわw

キャッスルドランを出すならば
ついでに、シュードランちゃんも出してあげたら良かったのにとか
カブトエクステンダーでのクロックアップまで披露してくれたなら
ゼクトマイザーも使ってあげれば良かったのにとか
ルナトリガーになっているのに、トリガーマグナムを一発も撃たないで
ルナオンリーで戦っているダブルを見て、リボルギャリーも呼んでやれよとか
色々な妄想がかき立てられる所もまた良し!


ロケットステイツ&ジャックフォームで空を翔けるフォーゼとブレイドを見て
「みんな派手だね」「どうやって戦ったもんかな」みたいなカンジで突っ立っていた
クウガ&アギトが、背後から突然ファイナルフォームライドされて吹いたw
ディケイドの能力披露にもなってて上手かったなと。

プトティラとオールドラゴンのコンビはカッコ良かったなー。
って言うか、ここへきてオールドラゴンに見せ場があるとは感無量。


ぶっちゃけ、ヘタなMOVIE大戦よりも、よっぽど派手で面白みがあったと言うのは
嬉しいやら悲しいやら複雑な所ではありますねw






アマダム
「私を倒せるつもりか?」


晴人
「仮面ライダーの力を、自分のものにしているのか!?」


アマダム
「元々、これは私の力だ!スイッチ、メダル、メモリ、カード!
お前達の力の源…それら全て怪人を生み出すのと同じ力だ!
だからこそ、お前達の力は私の力となる!
13人の仮面ライダーの力の源、クロス・オブ・ファイアは私の中にある。
後はお前だけだ!!」






アマダムキック(#53)





ディ…ディフェーーーンド!?




あっ…あれは、グレムリンとの最終決戦で
ハーメルケインによって撃ち砕かれたと思っていたディフェンドリング!
い、生きていたのかディフェンドー!!

ランドドラゴンさんのディフェンドならば
空中に石壁を複数枚展開さえることが可能ッ!
…そしてアッサリと打ち砕かれるという大活躍に、もはや爽快感すら感じますねw
最後の最後までグッジョブディフェンドでした。


あらやだアマダム超強い。
お前の物は俺の物、俺の物も俺の物。とばかりに
仮面ライダー達の力の源であるクロス・オブ・ファイアを奪い取りながら
ガンガン突き進んで行く姿は、なかなかのラスボス感。
ライダーキックまで披露しちゃうとかやるじゃないの。


デザイン的にもシンプルかつスタイリッシュで嫌いじゃないわ!
色合い的にもっと派手な方が良い気もするけど
仮面ライダーが大集合している事を考えると
地味目の方が逆に目立つ気がしなくもない。尻尾がチャームポイントですねw






晴人
「たとえ、俺たちの力が悪と同じものだとしても
俺は、絶望を希望に変えた!そしてなったんだ。」
「俺たちだけじゃない…たとえ悪と同じ存在から生まれても
仮面ライダーとなる者が現れる…次々と!!」

少年
「俺も…なれるかな?
怪人に変身するのは決まってると思ってた…
でも、もしかしたら俺も仮面ライダーに…
この世界を壊すんじゃない。呼んだんだ。」

アマダム
「何だ!こんな仮面ライダーがいたというのか!?」

鎧武
「…ん?仮面…ライダー?俺が?」

晴人
「全ての人の自由を守る戦士の名だ。
助けを求める声があれば、必ず駆けつける。」

鎧武
「フーン、「助けて」って言う声が聞こえたんだ。」

晴人
「俺と一緒だ。「必ず助ける」そう答えた。だからここに来たんだ。
だからお前も…『仮面ライダー』だ。」

鎧武
「ヘー、なら俺は『仮面ライダー鎧武』ってことか。」






またきた鎧武(#53)





鎧武きた!これで勝つる!




1回帰ってからまた来た鎧武!
助けを求める声あれば、例えそれが異世界の彼方であろうとも
いつでも産地直送正義のミカンをスピード配送と言うワケか…!
鎧武…なんというフレッシュな男よ…!!


怪人に変身してしまう世界で、仮面ライダーとして生まれ変わる可能性を見つけ
そうあろうと決意した少年によって召喚される新たなる仮面ライダー。
なんという熱い展開。これには、さすがのアマダムも棒立ちにならざるを得ない。
前回のラストから今回のアバンにまで食い込んだフライング召喚がなければ
もっと熱く感じたか・もw


ウィザードがフォーゼから教えられたように
鎧武もまたウィザードから「仮面ライダー」の称号を受け継ぐのはイイカンジ。
継承され脈々と流れる熱き正義の血潮を感じたのだぜ。


仮面ライダー鎧武の活躍で、アマダムから力の源を取り戻すわけですが
ライダーの力が怪人を生み出すのと同じ力であるのならば
アマダムが奪えたように、鎧武が奪い返せるもの道理と言うものか。

アマダム的には、新たに生まれた仮面ライダーに対応できなかったと言う感じか。
もしくは、単なる新キャラ補正の力と言った所であろう。







「俺達の…仮面ライダーの力を見せてやる!」


晴人
「フィナーレだ!!」


鎧武
「いっちゃいますか!」






ライダーフルボッコ(#53)





もう勝利しか見えない。(確信)




クロス・オブ・ファイアを取り戻したライダー達が
力の源を奪われる前よりもパワーアップして復活してアマダムさん涙目の巻。
タイマンでも勝てなそうなのが、てんこ盛りで襲いかかって来るとか
悪の怪人としては悪夢以外のなにものでも無いですねw


最強フォームのライダー達のライダーキックを
延々と食らい続けるアマダムさんには同情せざるを得ない。
最終的にはアマダムさんなのか、ライダーキック練習用サンドバッグなのか
良く分からなくなってきましたからね。
ライダーリンチ?違うよ!人の自由を守る正義の鉄槌だよ!!


最強フォームのライダー達が集合するだけでも実に壮観なのに
その上、ライダーキックまで披露してくれるとか最高でした。
電王は、モモタロスなのにクライマックスフォームじゃなくて
ライナーフォームなんですね。それはそれでレアですが、あのポーズは微妙w
オーズは、直前でプトティラを使っていたのでタジャドルにでもなるかと思ったら
スーパータトバとは。そして、時を経てなお圧倒的なダサさを誇る
ディケイドコンプリートフォームには目頭が熱くなる思いであるw





晴人
「また、旅を続けるのか?」



「俺たちは、いつでも旅の途中だ。
また、どこかで出会ったら…その時も一緒に戦おう。」






んじゃ帰るわ(#53)

門矢士はクールに去るぜ(#53)





おぉぅ…あの士くんが「いつでも旅の途中」とか「また一緒に戦おう」とか
素直に言えちゃう程に成長しているとは…丸くなったもんだよw
世界の破壊者ぶってた頃が黒歴史になるくらいの成長っぷりですね!


おいしい所をがっつり持っていきつつ、門矢士はクールに去るぜ。
その内、またどこかで通り過ぎてくれることを期待しておこうw






晴人
「いつでも呼べ、必ず駆け付ける。俺が、最後の希望だ。」


はると
「こよみー!」


こよみ
「はると。」






はるととこよみ(#53)





「こよみ」が呼んだ少年の名前は「はると」。
少女の発した言葉は「コヨミ」ちゃんの声に聞こえてグッときたぜ。
この世界のこよみは、ちゃんと救えたんだな晴人。
晴人本人の心も、少しは救われたのかもしれないですね。


「晴人」から、この世界の「はると」に託されるインフィニティーリング。
これでもうインフィニティーにはなれないのか…とは、あまり思わないと言うね。
晴人本人が必要と思う時は、なんだかんだピカーっと光って出てきそうですしw
手渡したのもこっちの世界のはるとだし問題は無さそう。

ホープリングを「こよみ」に手渡して去って行くのかと思ったけど
それはまた別の機会に持ち越しなのね。
晴人の旅は、もうちっとだけ続くんじゃ。


仮面ライダーは怪人のなりそこない。
正義の為に戦うのではなく、人間の自由の為に戦う。

「仮面ライダー」と言う作品の根本に踏み込みつつ
ウィザードから鎧武者へ、そして晴人からはるとへ。
はると少年の決意や、晴人から託されるリングも踏まえて
仮面ライダーの系譜を感じることができるエピソードでした。

平成ライダー達の扱いも良く、巨大戦や最強フォームの披露
そして連続ライダーキックと、見所ありすぎて泣けてくる。

さらに、ディケイド要素が散りばめられつつも
しっかりとウィザーとして完結しているというナイスプレー。
特別編でありながらも、2回目の最終回を見たような爽やかな気分でした。
仮面ライダーウィザード、これにてフィナーレ!チョーイイネ!サイコー!!



「仮面ライダー…それは、全ての人の自由を守る戦士の名。
助けを求める声があれば、必ず駆けつける。俺が最後の希望だ!」





コメント

悪と正義は変換可能
怪人になってしまっても、心まで怪物になるかは判らない。
どんな存在になろうとも、正義か悪かは行動で決まる。


ウルフオルフェノクとか、ジョーカーアンデッドとかならワンチャンあるで!(違う、そうじゃない)
Re:仮面ライダーウィザード感想 第53話(最終回)
風見志郎:俺たちは改造人間だ。生きているといっても機械を除けば元(オリジナル)の肉体などほんの一部に過ぎん。その命をどう生かし、どう殺すのか。自分で答えを探すんだな。
(by「仮面ライダーSPIRITS」)

ZXに「死を恐れない事が強さなのか?」と訊かれた時の返答。
結局、どんな力も使い方によって正義にも悪にもなる。
包丁1本でも料理に使うか凶器に使うかで、大きく意味が違ってくるように――

さて、今回も思った事をいくつか。最終回なので、多めです。

①鎧武が一旦帰った時は「あっ、顔見せだけして帰った」と思ったんですが、まさか終盤で戻ってくるとは思いませんでした。用事は済んだんでしょうかね?

②攻介と晴人の連携は凄かったですね。この攻介って、どの時点の攻介なんでしょう?ハイパーになってたから、中盤以降なのは間違いないんですが・・・。

③アマダムは「仮面ライダーは怪人のなり損ないだ」という。
確かにクウガ、龍騎、ファイズ、ブレイド、(響鬼)、カブト、電王、キバは怪人の力を使っていますが、アギトはむしろ怪人(アンノウン)を倒すために覚醒させられた存在ですよね?まあ、揚げ足取りですが。

④スリープの指輪が複数あった(警備員を2人眠らせてるシーンがある)ように、ディフェンドの指輪も複数あるのかもしれませんね。

⑤クウガはFFRしなくても、ゴウラムを呼べばよかったのでは?

⑥ラストに全員が最強フォームになってましたが、クウガはライジングアルティメットなんですね。個人的にあのデザインはイマイチなので、アルティメットフォームになって欲しかったです。

⑦インフィニティの指輪を託されたはると。劇場版で再登場するかもしませんね。幻で登場して、指輪を返すみたいな感じで。

⑧「アマダム」って、クウガのベルトの霊石と同じ名前ですよね?何かグロンギと関係あるのかと思ってたら、特に関係なかった。同じ名前だったのは、単なる偶然(?)だったんでしょうか。

さあ、ついにフィナーレを迎えたウィザード。次回から始まる鎧武はどんな活躍を見せてくれるのか?期待と不安を織り交ぜつつ、第1話を視聴したいと思います。
Re:仮面ライダーウィザード感想 第53話(最終回)
士くんの「たくさんの世界で、たくさんの正義」云々はこの人だから言えるセリフだからいいですよね

人間の自由のために戦うってのは元々初代を作ったときのテーマですし、クロスファイヤーはライダーってタイトルになる前に考えられてたタイトルみたいなので、原点ってことを表したかったんでしょうかね

ってか電王の輪っかみたいなのつけたフォームは良太郎のフォームだからちょっと違いますよね
Re:仮面ライダーウィザード感想 第53話(最終回)
もうすぐ鎧武ですけど、まだまだ寂しさも残ってますねウィザード。最終回で石森テイストぶちこんでくれたのはグッドでしたから満足満足。でもライナーフォームが俺参上ポーズなのは違和感あったけどw
アレ良ちゃんのフォームだよな~。

オマケ
まどマギ初めて観ました。TOKYOMXで。
キュウべぇさんの胡散臭さがこの一話でよくわかったような気がしましたw
せっかくなので鎧武と一緒に楽しんでいこうかと思います。マミさん巨乳やね~。
僕と契約して仮面ライダーになってよ!
コメント返信ッ!


>>ロペリドさん



ウィザードの最終回で、仮面ライダーとは…を語られるとは!
なかなか熱い展開にグッときてしまいましたわ。

ナスカ・ドーパントも正義のカテゴリーに入りますか?





>>JUDOさん



>その命をどう生かし、どう殺すのか。自分で答えを探すんだな。


まさに仮面ライダースピリッツ。
ウィザード最終回もライダーソウル溢れるナイスな出来でした。


>この攻介って、どの時点の攻介なんでしょう?
 ハイパーになってたから、中盤以降なのは間違いないんですが・・・。


晴人とツーカーの連係ができていたので、かなり後半の攻介じゃないかね?
最終回だし、もうちょっとビーストとしての活躍が見たかった気もしますな。


>ディフェンドの指輪も複数あるのかもしれませんね。


獣電池がいっぱいあるみたいなもんか。(違う
よく考えると、白い魔法使いも晴人と同じ魔法の指輪を使っていましたし
リングが複数個あってもおかしくないですね。


>クウガはFFRしなくても、ゴウラムを呼べばよかったのでは?


アギトと一緒に場の空気に飲まれていた説。
そして、どしようか考えている間にFFRされてしまった的なw

クウガはアルティメットフォームでも良かったですよね。
見た目的に派手な方をチョイスしたのかな?
最後にサムズアップして帰るのはナイスでした。

アマダムは、名前だけクウガから引っ張ってきたみたいなカンジかしら。
平成ライダー一号とか、魔宝石といった意味を含ませたイメージかな。


>さあ、ついにフィナーレを迎えたウィザード。
 次回から始まる鎧武はどんな活躍を見せてくれるのか?
 期待と不安を織り交ぜつつ、第1話を視聴したいと思います。


ウィザードのフィナーレは実に豪華な最終回でしたな。
鎧武の御披露目も済んだことですし、本編の方にも期待しちゃうぜ。





>>石楠花さん



>士くんの「たくさんの世界で、たくさんの正義」云々は
 この人だから言えるセリフだからいいですよね


これだけでも士くん本人を出した意味は十分にあるほどの
ナイスなセリフでしたね。カッコよかったわ士きゅん。

仮面ライダーの原点たる設定を踏まえたストーリーも実にグッドでした。


>ってか電王の輪っかみたいなのつけたフォームは良太郎のフォームだから
 ちょっと違いますよね


ライナーフォームで、モモタロスのポーズは違和感アリアリですね。
ちなみに、頭の輪っかみたいなアレはパンタグラフやね。





>>TSさん



>最終回で石森テイストぶちこんでくれたのはグッドでしたから満足満足。


ウィザードの最終回で仮面ライダーイズムを語られるとは
まさかって感じだがグッときたぜ!!


>アレ良ちゃんのフォームだよな~。


なぜクライマックスフォームにならなかったのか小1時間問い詰めたい。
超クライマックスフォームもあるのにネ。


>まどマギ初めて観ました。TOKYOMXで。


キュゥべえは、白い魔法使いと被りまくってて面白かったですよw
マミさんの大活躍にも期待すると良いだろう!

近々、劇場版が地上波で放送されるので合わせて要チェックや。
ttp://b.hatena.ne.jp/articles/201310/16414



拍手コメント返信ッ!


>>Hadukさん



同じく、それほど期待していなかっただけに想像以上に楽しめました。
仮面ライダーの根源たるテーマに切り込んだのは良かったなと。
攻介の早期退場は残念でしたね。しかし、その後の展開から察するに
逆に、少しでも出番があったのは、むしろ優遇なのではなかろうかと思いました。

晴人は当初、魔法使い(仮面ライダー)になりたくてなったのではなく
無理矢理させられたみたいなものなんですね。
その晴人くんが、本当の意味でヒーローになったのが最終話だったのかなと感じています。
だから、途中でヘタレても仕方ないんだよ。…たぶんw

確かにウィザードの影響で「最後の希望」に対して反応するようになっちゃいましたね。
最近のアニメに多いのと、今までは無意識にスルーしてた部分も含めて
今後は「最後の希望」と聞く度に、操真晴人の顔がチラつきそうでイヤンw



最終回の動画見た。
最終回の動画見ましたが、みんなでライダーキックするとこありますよね?
ライダーキックしてる順番分かりました!!
1回目のライダーキックは2000年と2001年のライダー
2回目のライダーキックは2002~2004年のライダー
3回目のライダーキックは2005~2007年のライダー
4回目のライダーキックは2008~2010年のライダー
5回目のライダーキックは2011年と2012年のライダー
最後のライダーキックは2013年と2014年のライダーです。
長文失礼しました。

管理者のみに表示

トラックバック