ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

ドキドキ!プリキュア感想 第33話

2013.09.25 (Wed)

第33話 「ありすパパ登場!四葉家おとまり会!」




チャイナマナちゃん(#33)




虎六花!馬ありす!チャイナ娘マナ!
3人揃って、擬態戦隊ハクセイジャー!!

マナちゃんのポーズは何を表現しているのだろうか?
チャイナ感?チャイナ感なのマナちゃん?
それは幼い日に残された記憶の断片のみが知っている。第33話。



ノンパジャマパーティー(#33)





ヒャッハー!パジャマパーティーの開催だぜー!!




テンションが上がって酔っ払った親父のよーになったマナちゃんの進行で
嬉し恥ずかし告白タイムがスタートするのかと思いきや
ありすパパが豪快登場でパーティーはお開きです。本当にありがとうございました。
全員が好きな人を「マナ」と答える事によって
パジャマで修羅場が巻き起こる展開を期待していたのですが儚い夢でした。


ベッドの上でパジャマを着てても髪型がいつも通りだったので
薄々イヤな予感はしてたんだよなー。ほぼ回想になっちゃいますからねー。
でも、キュートなパジャマ姿が見られたのは悪い気はしないので良しッ!
ずっと枕を抱いているまこぴーがカワイイw


ありすパパンはかなり豪快なお方ですね。主にモミアゲとか。

ユニットデビューさせたいほどの美人揃いと評していましたが
これには人気アイドルまこぴーは苦笑い。もっと精進してフライせねばな!!
しかし、お父様の代わりに、大統領との晩餐回に出るありすちゃんって…
四葉財閥の底知れ無さがどんどん広がっていってて怖いw





ロりすお嬢様(#33)





虫かごに捕らわれた蝶と言う名のありすちゃんを
自由な空へと解き放ちに来たマナちゃん王子が子供の頃からイケメンである。
難攻不落(だぶん)の四葉邸にやすやすと侵入して
お嬢様をさらって行くとか、どんなルパン?

奴はとんでもないものを盗んでいきました。ありすの心です。


そして、そんな3人を暖かく見守るセバスチャンも男前。
こっそりと影から守ってますしね。
「良いのだ。全ての責任は私がとる。」
私があの使用人のお姉さんだったら、即行でセバスに惚れてるわw


六花ちゃんは、生のカエルも好きなんですね。
ザリガニには引いてましたけどw
両生類はOKだけど、甲殻類はちょっと苦手という事か…!

仲良く遊ぶ3人が微笑ましいのですが
およそ女の子らしくはないアクティブな遊びが多いですね。
この辺はマナちゃんの趣味かな。
そのお陰もあって、病弱だったありすお嬢様もモリモリ逞しくなったのであったw

マナちゃんはこの頃すでに見抜いていたのかもしれない
ありすの奥底に眠る圧倒的なポテンシャルを…!!





セバスチャン
「私の仕事は、お嬢様の幸せを願い守ること。
それを阻むと言うのなら例え相手が誰であろうと、お相手いたしますぞ。」


四葉星児
「面白い。その使命、貫いて見せよ!」


セバスチャン
「執事拳法三式、燕尾舞!!」






やってしまえ!(#33)

燕尾舞(#33)





執事拳法デターーー!?




襲い来る使用人の群れを一撃で吹き飛ばすセバスチャンの燕尾舞!
三式と来たか…これは、セバスチャンの執事拳法は百八式まである予感。


ありすお嬢様の幸せをお守りするためならば
例えそれが、お嬢様のお父上であろうとも牙を剥く。
ありすの為に戦うセバスチャンが男前過ぎて辛い。
しかし、ありすパパも結構ノリ良いよねw





からくり四葉屋敷(#33)





六花 「だいたいわかった。」


あぁっ!?六花ちゃんが、通りすがりの仮面ライダーみたいな台詞を口に!!
セバスチャンに渡されたタブレット端末を操り
広大な四葉邸のマップを一瞬で暗記、さらに各所に散らばるギミックも完全把握。
これが6歳女児の仕業なのだから恐るべしである。
マナちゃんは当然としても、六花ちゃんも十分天才だよなぁw


なんでしょうかあの屋敷中に散りばめられたギミックの数々は…。
防犯というよりも、面白いから作りましたみたいな。
何気に、以前ランスが出てきたギミックが使用されているのは細かいですね。


噴水から、ありすパパがニョッキリ出てきた時にはさすがに吹いたw
やっぱりパパの趣味なのだろうか?カリオストロ伯爵のようだぜ…!
廊下に大玉が転がってくるのは悪ふざけにも程があると思いますがw
巻き込まれた使用人の皆さん死んでないよね…?





四葉邸落とし穴(#33)





階段横の通路部分に落とし穴とか、使いどころ無いだろこのギミック…
と、思いきや六花ちゃんが有効活用!
この罠を作った職人さんも感無量であろうぜw
落下した使用人の皆さん死んでないよね…?






キュアロゼッタ
「プリキュアもお仕事も、誰かの喜ぶ顔が見たいから。
世界中を笑顔で、愛で一杯にしたいから。
だから…さぁ、あなたも私と愛を育みましょう。」






ロゼッタ空中戦(#33)





すげぇ、あのキュアロゼッタ、落ちながら決めポーズしてる…!!


ロゼッタウォールでミサイルを捌きながら上昇して
空中でウォールを足場にしてさらに上空へとジャンプ!
ゼロ距離ビームを防いで真っ二つになったロゼッタリフレクションを装備して
ボコ殴り、さらに飛び道具としてぶん投げて使用。
ヘリコプタージコチューをキャッチして地面に叩きつけて
逆さまで落下しながら笑顔で決め台詞&決めポーズ。凄すぎですお嬢様!


ヘリコプタージコチューとの空中戦!しかも夜間!!
闇夜を切り裂くスポットライトがムードを盛り上げるゥ!!
バトルシーンの迫力もシチュエーションも素晴らしい出来栄えでした。

これはもうロゼッタちゃんと愛を育むしかない。ハートを磨くっきゃない。
他のメンバーは地上からロゼッタちゃんを見上げるしか術がない。


今回のロゼッタは、思い出パワーとキュアハートの笑顔でやる気満々。
お父様を危険に晒されたことで殺る気満々。
ブラッドリングで強化されたジコチュー相手に
タイマン張って押し勝っちゃうとか、とんでもない戦闘力でした。

ロゼッタリフレクションを打撃・斬撃武器として扱うだけではなく
飛び道具としても使用できるようになったとなると
あとは浄化技さえ使えれば、単独でも十分にジコチューを殲滅できますねw


「ロゼッタバルーンは、何が出るのか毎回のお楽しみですわ!」


使ってる本人すらも何が出るか分からないとか、なにそれ怖いw
マジカルラブリーパッドを使った新技のロゼッタバルーン。
場合によっては、とんでもない秘密兵器になりそうだぜ…!
発動アクションがキュートで素敵。





パパはお見通し(#33)

バレテター(#33)





「笑顔を守るのもいいが、あまり危険な真似はしないようにね。」
キュアロゼッタへの伝言を頼んで、ありすパパはクールに去るぜ。
娘に対する信頼感と愛情が感じられて良いシーンですね。


「世界中を笑顔で、愛で一杯にしたい」
ありすの信念は、幼い日のマナの言葉が根本に。
マナと六花と出あった幼い日の記憶。お父様との絆。
セバスチャンの男前っぷりに、キュアロゼッタのガチバトル。
実に盛り沢山な素晴らしいありす主役回でした。ナイススマイル!


ところで、オペラ歌手のお母さんはいつ出て来るんですかね?
ありすはお母さん似だと思うので登場に期待したい所です。
お父さんと似ている部分は、豪快な性格くらいのものかもなぁw




コメント

夢はデッカく、世界平和だ!
昔のありすパパ「娘の背を追いかける日が来るとはな……」


まこぴーが大人気アイドルなの、完全に忘れてましたごめんなさい!
Re:ドキドキ!プリキュア感想 第33話
ロゼッタバルーンが外れの効果を出すのかが気になる。
回想でオープニングの歌詞が出るとは思わなかったわー。ちょいと出るのが早すぎな感じがしなくもないかも
バリアは攻撃を防ぐためにあるもの…そんな風に考えていた時期が俺にもありました
バリアは割って切るもの!!
今回どうしちゃったのってくらい戦闘シーン動きましたね。
しかしそんな最中、ロゼッタの決めポーズが左右逆じゃないか?という至極どうでもいい事が気になってしまいました。
そして今見返してみたらやっぱり胸のハートの位置が左右逆でした。

ありす回の度にロゼッタが無双してますけど、
ありすは気分によって戦闘力が変わるんですかね。
それとも普段はチーム性を尊重して自重してるけど、テンションが上がるとつい殺っちゃうんDA☆と昔の癖が出てきてしまうのか…

しかし真に恐ろしいのは、それだけ暴れてもさほど違和感を感じさせないありすのキャラだと思います。



余談:
折角のジャックフォームなんだから、氷結コークスクリューも両手で繰り出す歯車的小宇宙にしとけば良かったと後悔中。
ttp://touch.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=38785328
コメント返信ッ!


>>ロペリドさん



世界征服して、みんな笑顔にすれば問題ないよね!w

病弱だったありすが、マナ&六花ちゃんと遊ぶうちに
脅威的なスピードで健康体に!
ありすパパ的には一体何があったのか意味不明レベルであろう。


>まこぴーが大人気アイドルなの、完全に忘れてましたごめんなさい!


フラーイ!?





>>ロゼッタバルーンが外れの効果を出すのかが気になる。



タライとか落ちてくる予感。





>>回想でオープニングの歌詞が出るとは思わなかったわー。



友達だったら困ってる時は力になりたい、それが普通でしょ。
レジーナを助ける時とかも、使いそうな気がしますね。
ガールズの約束ってのもイイカンジにはまってたかなと。





>>TSさん



バリアとは、防いで、乗って、割って、叩いて、斬って、投げつけるもの!
新しいバリアの使い方を提供し続けるキュアロゼッタさんはさすがである。





>>魚座間さん



>そして今見返してみたらやっぱり胸のハートの位置が左右逆でした。


全然気にならなかったわw
バンクを上下逆さまにすると、ポーズが逆になっちゃうから反転した結果かしらね?


>テンションが上がるとつい殺っちゃうんDA☆と昔の癖が出てきてしまうのか…


大事な人が傷つけられるとリミッターが外れる感じかな。
普段は意識的に抑制をかけているのかも知れぬ。
まぁ、通常時でも十分強い気がしますけどねw
今回のアクションはかなり動いてて良かったですねー。超カッコよかったわ。


>折角のジャックフォームなんだから、氷結コークスクリューも
 両手で繰り出す歯車的小宇宙にしとけば良かったと後悔中。


触覚を…喰ってる…!?w
やはりそういうことか→だいたいわかった
六花ちゃんが頼もしいのかそうでないのか分からなくなるな…!
ロゼッタジャックフォームは神々しいくて良いですわ~。





拍手コメント返信ッ!





>>Hadukiさん



セバスの実力はいいとして、ありすパパも強いんですかね?
物腰はなかなかやりそうな感じだったので
お爺さまに仕込まれてて当然のような気もします。

タブレットは四葉財閥の試作品でしょうかね。
それを軽々と使いこなす六花ちゃんは超天才という事か…!w

今回はジコチュー出ないのかと思っていたら、唐突に出ましたね。
ヘリジコチューとの夜間空中戦はかなり燃えました。
アクションもスゴイ動きで素晴らしかったですわ。バリアって凄くね?

ありすママは太いかもしれませんが、美人である事は間違いあるまいて。

ハートを磨くっきゃない…95年放送…何年前だコレェ…。
ネタを入れ込む場合は年代も考慮しないと一般性がないと反省しておこう…!




管理者のみに表示

トラックバック