ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダーウィザード感想 第50話

2013.09.14 (Sat)

第50話 「大切なものは」




笛木チャランボ(#50)





       / ̄ ̄\  お前のような男に
     ノし. u:_ノ` ,,\.   娘を預けたばっかりにィィーッ!
    /⌒`  ( ◯)(O):    
    .:|   j(   (__人__)         
    :|   ^  、` ⌒´ノ:    ちょ…!?お義父さん!?
     |  u;     ゙⌒}:      ゴフゥッ!?や、やめて…!? 
      ヽ     ゚  " }:        
     ヽ :j    ノ:    nノ777_     
    /⌒\ ゚ (´    /  /  \   ええい!誰がお義父さんだ誰が!!   
    :|  ゚   \~、, /\.ノ    ゚ \      セイッ!セェェイッ!!  
   :|  j(,     \/r /   :j     }   
   |   \ 〆  (((n   u    〃ノ    ゴッ!
   | :j    \__ヽ/\/⌒ヽ~ヽ て   ゴッ!   
  |         |:  \. ィ´ ゚ /   \ て     
  |   ゚     :j  |:   \__/l  ゚ :j  \
  \         ̄ ̄ ̄``Σ て      )    
   ト          彡   ) /     r /
   / \___ _イ    / (    <y         
  /    /    フ    /    \    \




コヨミのパパであり、白い魔法使いであり、ワイズマンでもある
物理学者の笛木奏さんの体力マジパネェ。第50話。




晴人
「俺が…最後の希望だ。」

笛木
「最後の希望…?フッ、違うな。コヨミを救うのはお前ではない、この私だ。」

晴人
「サバトは失敗したんだ。」

笛木
「ならばもう一度開くまで。コヨミを救うには、サバトを開くしかない。」

晴人
「そんなやり方間違ってる。
俺がきっと見つけてみせる…コヨミを救い出す方法を!」

「俺がお前を止める。そして、コヨミも絶対に救う!!」






自称最後の希望(#50)





ダ メ で し た 。




敵ハ マジニ (Ass Fuckin) 『ヘヴィ』ナ パワー持ッテマスネ………
S・H・I・T 押シ負ケテシマイマシタ

だめです~?押し負けぇ…?


東京中の人々の命が危ないと言う時に、人柱として突っ立っていた晴人くん。
仁藤攻介さんが命がけでサバトを止めた後に、のこのこと重役出勤してきて
「俺が最後の希望だ!(キリッ」とか言い切っちゃうもんだから
よーやくやる気になったのかと、ここから挽回するのかと、超期待していたのに
アッサリと白い魔法使いにフルボッコされて地面にベタンですよ。
一体なにしに来たのでしょうか?この最後の希望さんは。

今更、「俺がお前を止める。そしてコヨミも絶対に救う!」とか言われても
それ前回、仁藤さんが言いましたけど?って感じですね。一週遅いわ!スローリィ!


なぜこんなにションボリ主人公になってしまったのか…。
こんなことになるのなら、晴人が自らすすんで人柱になるのではなく
白い魔法使いに無理矢理拘束されたと言う流れの方が良かったかなー。
コヨミを盾にされて、譲くんや山本さんを操っていたであろう
洗脳魔法をかけられる展開の方が、晴人の為でもあったかも知れない…。


それにしても、白魔さんがガチ強い。
ドラゴタイマーで分身しても、コヨミに指一本触れされて貰えないくらいの実力差。
白い魔法使いの複製魔法・デュープは、ウィザードのコピーと違って
各々別の意思を持って動けるうえに、ドラゴンスタイルをものともしない超パゥワァー。
ドラゴタイマー分身をひとまとめにされて、サンダーナウでフィニッシュである。

ここで、ハリケーンドラゴンが電撃を吸い取ってくれたりすると良かったのですが
とくにそんなことはなかったぜ。
フレイムドラゴンでエクスプロージョンの炎を吸収する描写は良かったのにな。
そう言えばあんな能力あったよね的な意味で。


魔法に関しては、白い魔法使いが授けてくれたものなので
そもそも勝てるはずがないと言う悲しい現実!
やっぱり、白い魔法使いドライバーはウィザードライバーの完全上位モデルなのか…。
って言うか、ウィザードライバーが試作品なのかも。





譲くん
「攻介兄ちゃん!無事だったんだね!!」


攻介
「あったりまえだろ。でも、お前が元に戻ってくれて良かった。」


凛子ちゃん
「本当に、サバトを止めてくれたのね。」


瞬平
「仁藤さんのおかげで、みんなを助けられました!」






サバトを阻止した勇者(#50)

瞬平頑張ってた(#50)





ありがとう仁藤さん!ありがとう!そして、ありがとう!!




サバトを止めてみんなを守ると言う凛子ちゃんとの約束を果たし
かねてからの目的であった、譲くんの救出も無事に完了。
譲をハグして仲間達に祝福される仁藤攻介は完全に主人公であった。


個人的に、ラスボスを倒すと同時に、魔法の力を失うという流れは
最終回に晴人がやるのではないかと考えていたで
まさか攻介がやるとは思わなかったのよねー。
だから、余計に感情移入してグッときたという部分もありますわ。


譲くんや、真由ちゃん、山本さんを助けたのは瞬平と凛子ちゃんのようですね。
やったぜ瞬平ナイス活躍!画面には一切映っていないのが悲しい所ではあるw






山本さん
「助ける必要あるのか、その子?その子、本当は死んでるんだろ?
その子のせいで俺は無理矢理魔法使いにされたんだ!
その上、東京中の人が生贄に…とにかく!俺は、これ以上関わる気はないから。」


真由ちゃん
「でも…今なにかあったら…」


山本さん
「何かあったらなんだってんだ!?
俺も、君も、譲くんも、コヨミって子を蘇らせるための道具にされたんだぞ!?」
「もう、余計な事には巻き込まないでくれ!」






仮面ライダーメイズ(#50)0





山本さんの すごい 正論。




うわ、山本さんの言ってることが正論過ぎてディフェンドできない。

そりゃそうだよなぁ…新妻のお腹の中に子供がいるという大事な時期に
こんな、ワケの分からない事に巻き込まれたらキレるのが普通のリアクションよね。
しかも、完全に他人の都合な上に、元々死んでいる人間を生き返らせるための
生け贄にされそうになったとか、とんでもない話ですわ。

買い物の途中でファントムに襲われて、強制的に絶望されられて魔法使いにされて
コヨミちゃんを生き返らせるための人柱にされる…
この間、およそ5日間と言う急転直下の数日を過ごした山本さんに同情心。
それにしても、「無理矢理魔法使いにされた」って凄いセリフだw


白い魔法使いに裏切られたと自覚した真由ちゃんも戦意喪失。
私はもう魔法少女にはならない宣言ですよ。
真由ちゃんは打倒メデューサを希望にしていたから
それを失った今、どうしたらいいのか分からない状態なのかもですね。
しかも、メデューサにトドメを刺したのは、自分を操っていた白魔だもんなぁ。
元を辿れば全て笛木なの仕業ですが…茫然自失と言った所でしょうか。
何気にまた凛子ちゃんが相談相手になっているのがイイカンジ。


一方、攻介の代わりに魔法使いとして、みんなを守ろうとする譲くんが男前。
自分を助けてくれた攻介の背中を見て決意したと思うと胸が熱くなるな。
そんな譲くんを、戦いに巻き込みたくないと止める攻介もまたカッコイイですね。


三者三様な三メイジですが、せっかくなので3人勢揃いして戦う姿も見たかったな。
譲くんならば、現役中学生として恥じないくらいの
立派な変身ポーズを披露してくれそうだっただけに、ちょっと残念w
まだ可能性はあるかな?






コヨミ
「あなたが話した事が本当なら、ここにあったのはきっと優しい心のはず。
だから、こんな事絶対に喜ばない!」
「だからもうやめて…私は…コヨミはもう…死んでるの。」

グレムリン
「ハロー。お人形さんをもらおうと思って。」

笛木
「コヨミを連れ去った所で、お前では賢者の石を取り出せんぞ。」

グレムリン
「かもね。でも、お人形さんの体はもう持たない。
だから、朽ち果てるまで待てばいい。」

笛木
「そんな事はさせん。ファントムごときが私に勝てると思うな。」

グレムリン
「そのファントムを生み出したのは、あなたでしょ?お父さん。」






グレムリンお宅訪問(#50)





お前にお父さんと呼ばれる筋合いはないアターック!!




グレムリンにお父さん呼ばわりされた笛木の怒りは有頂天。
お茶をぶっかけたり、ちゃぶ台をひっくり返すどころではなく
ハーメルケインで串刺しの刑という、頑固親父も真っ青の荒業を
微塵の躊躇もなく繰り出す姿が豪気であった。怖いよこのおじちゃんw


グレムリンの背後からの不意打ちアタックもカバンでガードしちゃうとか
反射神経や肉体強度が凄すぎるだろ…生身のオッサンのスペックやないでコレ。
魔法科学の力で生み出した、肉体強化薬でも飲んでいるのかしらね?


サバトが失敗した、このタイミングで襲いかかってきたソラきゅん。
しかも、コヨミが笛木を説得している所を背後から全力不意打ちですよ。
白い魔法使いに1度敗北しているだけに、慎重に機を狙った一撃だったはずですが…
それでも、傷1つ負わせられないとか、白魔さん強すぎやでコレェ…。





串刺しグレムリン(#50)





笛木さんを煽った結果、ハーメルケインで串刺しにされて
木に磔にされ放置されるグレムリン。
笛木が剣よりもコヨミを優先するであろう事まで計算してたのかな?
たぶん腹筋に力を入れて、剣が抜けないようにしとるね。
男塾系の秘奥義にありそうな感じで。


ここまで、やられて死ななかったと言うのはなかなか凄い。
生と目的に対する執着心のなせる技かしら。






コヨミ
「どうしてここに…?」





イフィニティ落ちてた(#50)

魔宝石ハンターコヨミ(#50)





散らばった笛木の荷物の中から、インフィニティーリングを発見するコヨミちゃん。
さすが、魔宝石ハンターの異名を持つ女である。嗅覚ハンパないわ。
インフィニティーリングを取り戻して、自力で脱出するとか
晴人くんの活躍の場を奪う勢いの大活躍でしたw


一緒に落っこちていたバインドリングがちょっと気になる。
グレムリン戦と晴人戦で、チェーンを使えない伏線でもあったのかな?





コヨミ
「私だって本当は消えるのが怖い…けど、私が消えたら誰も犠牲にならずにすむ。
全てを終わらせるにはこれしかないの!」

晴人
「違う!他にも方法はある。コヨミが消えなくてもいい方法が、きっと!」

コヨミ
「…晴人の指輪よ。他の誰でもない、晴人だけの魔法。」
「私が消えて、賢者の石が残ったら…絶対に誰にも渡さないで!
この石がある限り、きっと悪いことが起こる。
だからお願い…このまま静かに眠らせて。それが私の…希望。」

笛木
「させんぞ、断じてそんな事は。連れて帰る、どけ。」

晴人
「断る。コヨミは…コヨミは俺が必ず助けてみせる。」






娘はやらんぞ(#50)





ちょーっとグレムリンの相手をしてて目を離した隙に

娘が男とイチャついていたでござるの巻。





しかも、親子の思い出の場所、ブランコのある湖の湖畔で
ちょいちょい歯向かってくる魔法使いの男と見つめ合っているとか…
パパはコヨミをそんなふしだらな娘に育ては憶えはありませんよ!

駆け落ちしようとしたものの、娘を連れ帰るために現れたお父さんに見つかって
修羅場に突入する一幕のようで胸が熱くなるなw


元々死んでいるこの身体。このまま消えて行くのが自然の摂理。
消えることを受け入れているコヨミの心意気に泣けるで!

自分が本当は死んでいる人間だという事や
白い魔法使い・笛木が父親だったという事…
さらに、自分を生き返らせるためにサバトが開かれ
晴人達はおろか、東京中の人間が犠牲になりかけた事。

短期間で衝撃的な事実を一気に知ったコヨミちゃんですが
彼女なりに覚悟を決めていたと言うことですね。
おっとりした見かけによらず、中身はしっかりしたお嬢さんだよ!
そのメンタルたるや、晴人くんも見習うべきレベル。






笛木
「その姿は…。」


晴人
「コヨミが取り戻してくれた俺の力だ!」


笛木
「やはり、その力は面倒だな。」
「お前にコヨミを託したのは間違いだった!」






ダブルKO(#50)





娘さんは任せてくださいキックと、お前みたいな奴に娘は渡せんキックの大激突。
交錯する2人の思いを乗せたキックの激突は、まさかの大・回・転!!
かーらーのー大・爆・発!!

2人とも大の字になってダブルKOとか
友情が芽生えてマブダチになってもおかしくない程の青春ラプソディ。
「娘を頼んだぞ…義息子よ…!」「任せてください…お義父さん。」


インフィニティーと白い魔法使いのラストバトル!
その実態は湖でのガチンコ殴りあい対決。
まぁ、晴人の魔法は白魔さんには通用しないし
インフィニティーしか使えないとなれば直接攻撃しかないか…。
インフィニティーは晴人が生み出した唯一の指輪であり笛木に対する唯一の切り札。
その指輪をコヨミの手から受けるというのは運命めいた良い展開だったかなと。


白い魔法使いは、スペシャル&エクスプロージョン3連と攻撃魔法メイン。
何気に直接攻撃でもインフィニティーとわたりあえるとかマジパナイ。
ハーメルケインがあれば勝てたんじゃなかろうか。
…って言うか、ワイズマンに変身して魔力吸収すれば良かったのではなかろうか?
それで1回インフィニティーを追い払ってましたし。


ラストのライダーキック同士の激突はやはり燃える。
そのまま大回転して大爆発したときには驚きましたがw
インフィニティーのキックはキラキラしててチョーイイネ。
今となっては時すでに遅しですが
敵味方、魔法が入り乱れるマジカルバトルも見たかったかも。






笛木
「コヨミを救えるのは私だけだ…何ッ!?」


グレムリン
「引っかかったね、ワイズマン…!」


笛木
「まさか…お前…わざと…!?」


グレムリン
「かなり命がけだったけど…この剣さえあれば…
賢者の石が取り出せる…そうでしょ!?」


笛木
「コヨミ…」






笛木散る(#50)





笛木散ったァーーーッ!??




待ってたぜェこの瞬間をよォ!
晴人との戦いで満身創痍になった笛木さんの背後からグレムリンがドン!
今回2度目のバックアタックですが、さすがの笛木も今度は反応できず
ダメ押しのもう一撃を食らってリタイア。


自分が生み出したファントムに、自分の武器でトドメを刺されるとは
なんという因果応報…笛木に相応しい最後だったと言えよう。
メデューサと同じように、塵となって消え去って行く姿は
もはや人間ではなくファントムそのものであった。


笛木じゃなくてもハーメルケインがあれば賢者の石を取り出せる。
いつの間にそんな設定が生まれていたのか…!
しかも、白い魔法使いドライバーすら破壊できちゃうとか
もうこれ一本あればいいじゃないレベルの万能感。


晴人との戦いでダブルKOした時に
笛木さんだけドライバーオン状態が解除されていなかったのは
晴人の方がダメージが大きかったからなのだと思っていましたが
ここでグレムリンに破壊される為の布石でもあったのね。





笛木暦(#50)





全ての元凶、笛木退場。
娘の目の前でグレムリンにトドメを刺されるという凄惨な最後を迎えた笛木さん。
娘を生き返らせるためならば、他人の命など何とも思わず
我が心と行動に一点の曇なし!とばかりに
ブレることなく突き進んだその姿勢…僕は敬意を表するッ!


ドス黒い暗黒のような心を持つ事になってしまった父親でしたが
結局の所もう1度、娘の笑顔を見たかっただけなんだよなー…と思うと
ちょいとばかり切なくなっちゃうのでした。






グレムリン
「これで…やっと…!」


晴人
「コヨミ逃げろー!コヨミィーーーッ!!」


グレムリン
「ハハハハ!賢者の石!ついに手に入れた。
これで、僕は人間になれる!フハハハハハハ!!」






賢者の石ゲットだぜ(#50)





あーっと、晴人くん一歩も動けなーい!!




最後の希望だけど一歩も動けなーい!コヨミちゃんに駆け寄る事もできなーい!!
使えよ魔法をー!叫んでないで足掻いてみせろよ最後の希望ー!!


笛木に腹蹴りされたダメージが脚にきていたのだろうか…。
助ける事は出来なかったとしても、グレムリンに立ち向かってはじき飛ばされるとか
せめて、なにかしらの魔法を使うアクションぐらいは見せて欲しかったな。


ついに念願の賢者の石を手に入れたグレムリン。
いつも裏でコソコソ暗躍しながら、おいしい所だけ持って行くスタイルだったので
ハーメルケインを手に入れるために命をかけたのには驚きました。
ここぞと言う所では気合いを入れるのねソラきゅんも!


笛木だけではなく、コヨミすらもその手にかけて
ようやくゲットした賢者の石。晴れてラスボス化決定の瞬間であった。
ハイになりながら撤収して行きましたが、人間になってどうするつもりなのかな…?
そもそも、どうやって人間になるのだろうか。またサバト開いちゃう?






晴人
「コヨミ!コヨミ…!?」

コヨミ
「いいのよ、コレで…」

晴人
「駄目だよ、こんなの…こんなの……!」

コヨミ
「晴人だって分かってるはず、私は本当は死んでる…
一度失った命は取り戻せない…うぅん…取り戻しちゃいけないの…」

晴人
「でも…だけど俺は…。」

コヨミ
「私は幸せだった…晴人が、輪島のおじさんが
凛子が、瞬平が、仁藤さんが…みんなが私を受け入れてくれて…」

晴人
「まだこれからだ。これからも俺達と一緒に…!」

コヨミ
「ありがとう…晴人…」

晴人
「待て、待ってくれコヨミ…!」

コヨミ
「賢者の石をお願い…!晴人が…最後の…希望……」

晴人
「コヨミ…コヨミ……コヨミィィーーーッ!!!






コヨミ散る(#50)





KO・YO・MIーーーッ!!?




笛木に続いてコヨミも散ったーーーッ!!
賢者の石を奪われて、維持できなくなったコヨミの体は崩れゆくのみ。
最後に残されたプリーズリングが悲しく光る。
笛木パパとは違って、光の粒になって風に帰るってのは幻想的ですね。
コヨミちゃんの儚げな語りもあって、グッと来ちゃったわ。


記憶もなく、魔力がないと動く事すら出来ない自分の体。
自分自身ですら何者かもわからないコヨミちゃんを
快く受け入れてくれた仲間達。
そんな皆の優しさに触れて、コヨミちゃんの冷たい体にも
暖かい心が宿っていったのでした。
幸せだったと言いながら、晴人の腕の中で消え逝く事が出来たのは
コヨミにとって救いになったのだろうか…。





頑張れ最後の希望(#50)





人々を守り、絶望を希望に帰る魔法使い、操真晴人。
1番守りたかったであろうコヨミちゃんを救う事が出来なかったというのは
彼を絶望のどん底に叩き落とすに十分な出来事なんじゃないかしら。


ここでコヨミちゃんを蘇らせようとするのは、ちょっと違うと思うのですが
一体どんな結末が待っているのか…。
絶望の底に落ちた晴人が、自らの絶望すらも希望に変えてくれると信じておこう。




コメント

笛木さん家のお父さん「娘を生き返らせる。それだけが希望よ。その為ならば……過程や!方法なぞ!どーでもよかろうなのだァッ!」
絶望した笛木の心は、ファントムと親和性が高すぎて、いつの間にかワイズマンと一体化してたのかもしれませんね。
キングフォームを使いすぎると、アンデッドになっちゃう的な。

笛木にとってファントムは、「魔法使いを作ろうとしたときの、失敗作」でしかないんですよね。
便利な能力持ってる奴は利用したり危険なファントムは封印したりするけど、ファントムが増えようがどうしようがどうでもいいんですよね。
仁藤にサバト潰された時もそうですけど、笛木って作中最強レベルなのにも関わらず、コヨミに時間が無くて焦ってるせいか、無関心なものに対する警戒が薄い。これが、敗因。
魔法使いには関心が向いてるから、インフィニティーリングを奪ったりしてるのに。

グレムリン「早く人間になりたーい」

グレムリン「ボクはファントムを辞めるぞー!ワイズマン!お前の娘を生き返らせる為の、賢者の石でだー!」
ラスボス化おめでとう、グレムリン。
次回、ソラは黒髪ロングの女性の髪を首ごと切るだけの平穏な日常を取り戻せるのか!?
ハーメルンケインでそんなことできる伏線なかったと思うけど、ソラはいつ気づいたのかとか、人間になるとか言ってるけど、なっても戻ったら犯罪者に逆戻りじゃないかとかいろいろ思う(-_-;)
Re:仮面ライダーウィザード感想 第50話
すべての元凶ともいえる笛木が退場しましたね。
擁護する訳ではないですが、彼の気持ちがはわからなくもないですね。
本当に大切な存在を失った時、それを取り戻せる手段があるとしたら?
これは受け売りですが、人を縛るのは「絶望」ではなく、「希望」です。
例えば、大切な人が植物人間になったとしましょう。
100%絶対に目覚めないなら、もう諦めるしかないでしょう。
しかし、仮に1%、いえ、0.1%でも目覚める可能性があったら?
多くの人はその希望に縋り、希望に縛られる事になるでしょう。
そういう意味では、笛木は「希望に縛られた存在」だったのかもしれません。

さて、シリアスな話はこれぐらいにして、今回も思った事をいくつか。

①白い魔法使いの「コピー(デュープ)」は高性能ですね。ドラゴタイマーとかなしで、全員がバラバラに動けてますよ。これもベルトの性能とか魔力とかの差なんでしょうか?「スメル」の指輪とか使ったら、とんでもない事になりそう・・・。

②山本さんの言い分は本当に正論ですね。お腹の赤ちゃんの事もあるので、早く奥さんのところへ帰ってあげてください。でも、指輪とベルトは置いていった方がいいんじゃないですか?

③ソラの執念が凄い。彼の「人間になることへの執着」も十臓たちといい勝負ですね。それゆえに、ラスボスになった訳ですし。

④コヨミも今回で退場した訳ですが、「ゴーカイジャー」のシド先輩のように魂だけでも救われたと信じたいですね。最後に、賢者の石に宿った残留思念的なもので、一瞬でも登場してくれないですかね?

次回が「仮面ライダーウィザード」の事実上の最終回ですが、次回予告で凄い事になってたグレムリンはどんな最期を迎えるのでしょう?これは見逃せませんね。
Re:仮面ライダーウィザード感想 第50話
山本さん正論!
正論過ぎてキツイのは
自分の希望の為に他人を犠牲にしちゃいけないよというメッセージかなんかでしょうか。

真由ちゃんの抜け殻症候群が心配。

ソラの最終形態に期待。

そしてコヨミが名前を出すまで
輪島のおっちゃんをきれいさっぱり忘れていたことを反省。
Re:仮面ライダーウィザード感想 第50話
>>仁藤さんのおかげで、みんなを助けられました!

晴人さんのおかげで、みんな犠牲になるところでした!

真由ちゃんにこれも有りかな発言をチクられなくって良かったな晴人。山本さんだったら絶対暴露されてたぞ。

インフィニティリングがコヨミから晴人にって展開は予想できてたけど、コヨミ、笛木がまとめて退場するのは予想外。
しかもグレムリンの手で・・・
またしても肝心の時に動けない晴人は、どんなに強くてもゲームの死亡イベントでは棒立ちを強いられてる主人公みたいな心境なんじゃないだろうか。

グレムリンは人間に戻ったところで龍騎の朝倉のような末路になりそう
Re:仮面ライダーウィザード感想 第50話
山本の奥さんは無事に出産できるのかな?事件に巻き込まれ過ぎた気がする。

Re:仮面ライダーウィザード感想 第50話
今週のグレムリンとの決着で話が余ったので来週と再来週は特別編的ストーリー。歴代平成ライダーが勢揃い!
終了を今までより1か月遅くしてまで話を余らすほどブレイブなスタッフだぜったく。
それならディケイドを9月末に終わらせて最終2話は特別編にした方がよかったような気がするけど。
シリーズの節目の作品かその前で歴代全ヒーローが勢揃いするのはディケイド以来ですかね。
とにかく、「まだまだショータイムだ!」
Re:仮面ライダーウィザード感想 第50話
最後にハルトさんの叫ぶ声が「コ゛ヨ゛ミ゛ィィイ~~~~~ッ!!」っていかにも“お前がいなきゃ俺死んじゃうよ系男子”って感じでとてもよかったなあと。演技の域を越えてます・・・
コメント返信ッ!


>>ロペリドさん



>絶望した笛木の心は、ファントムと親和性が高すぎて、
 いつの間にかワイズマンと一体化してたのかもしれませんね。


自分が作り出したファントムに侵食されてていたとすると悲しいですね。
ワイズマンとしてファントム達を指揮するとか
普通の人間の精神じゃないし、心はもうファントムだったのかも。


>笛木って作中最強レベルなのにも関わらず、コヨミに時間が無くて焦ってるせいか、
 無関心なものに対する警戒が薄い。これが、敗因。


計算しているようで意外と行き当たりばったりですよね。
木崎さんを軽くボコるだけとか、本名を名乗るところとか。
サバトで魔法使いが生まれたのも偶然ですしね。
笛木さんも必死だったという事かな。


>グレムリン「ボクはファントムを辞めるぞー!ワイズマン!
 お前の娘を生き返らせる為の、賢者の石でだー!」


放置される晴人はスピードワゴンのポジションでヨロシクw





>>石楠花さん



>ハーメルンケインでそんなことできる伏線なかったと思うけど、
 ソラはいつ気づいたのかとか


いつの間にか、凄い重要アイテムになってましたねハーメルケイン。
ソラは笛木さん家に不法侵入して資料を読みあさったのかしらね?

人間に戻っても連続殺人鬼ですが、ソラ本人的には色々とこだわりがあるのかも。
…ぶっちゃけ、ファントムの方が便利だと思うんけどねw





>>JUDOさん



>そういう意味では、笛木は「希望に縛られた存在」だったのかもしれません。


人が生きていけるのは希望があるからですもんね。
私も笛木の気持ちは理解できます。
やり方は間違っていたけど、気持ちは間違っていないんだよね。
深い絶望の中で、たった一つの希望にすがった悲しい父親にも見える。


>「スメル」の指輪とか使ったら、とんでもない事になりそう・・・。


誰も近づけない最臭兵器になりそうだわw


>コヨミも今回で退場した訳ですが、「ゴーカイジャー」のシド先輩のように
 魂だけでも救われたと信じたいですね。


51話を見終わっての感想になってしまいますが、この辺の描写は上手かったですね。
コヨミの扱いはあれで良かったと思うな。





>>リス男さん



>自分の希望の為に他人を犠牲にしちゃいけないよというメッセージかなんかでしょうか。


子供を持つ親の視点から、笛木とは逆ベクトルでの意見を言う必要があったのかも。
新しい命が生まれてくる山本さんだからこその言い分だったなと思いますね。


>真由ちゃんの抜け殻症候群が心配。


真由ちゃんって結構、立ち直るの早くね?w


>輪島のおっちゃんをきれいさっぱり忘れていたことを反省。


指輪作ったり部屋を提供してくれたり、いいおっちゃんなのに…(´;ω;`)





>>晴人さんのおかげで、みんな犠牲になるところでした!



山本さんの正論よりもキツイ件w


>真由ちゃんにこれも有りかな発言をチクられなくって良かったな晴人。


きっと晴人さんも疲れていたのよ…と自分に言い聞かせる真由ちゃんの姿が!


>どんなに強くてもゲームの死亡イベントでは
 棒立ちを強いられてる主人公みたいな心境なんじゃないだろうか。


内部電源も切れて動かなくなったエヴァの中で足掻くシンジ君みたいな心境?





>>山本の奥さんは無事に出産できるのかな?事件に巻き込まれ過ぎた気がする。



それはさすがに絶望展開過ぎるわぁ…。
ちゃんと元気なお子さんが生まれたようで何よりです。

山本さんの奥さんのメンタルケアは国安0課がやってくれたと予想。





>>轟駆流さん



ウィザードは話数が多かったので、詰めこみ感がなくて良かったなと。

劇場版マジックランドではガイムが出てこなかったので
特別編でのコラボは嬉しいですね。
破壊者もきちゃいましたけど、結構楽しみな自分がいるw





>>よく来る人さん



最後の方はコヨミ連呼マシーンと化していた晴人くんですが
そのかいもあって「コヨミ」と言うセリフに込める感情表現が
かなり豊かになっていて良いですね。
悲しみや喪失感を込めたシャウトが心に響いたぜ。

…って感じで、感想の最後の方に書こうと思っていたのですが
意外とシリアスな締めになってしまったので削除した経緯があったりします。
晴人くんのシャウト良かったですよね。





拍手コメント返信





>>Hadukiさん



山本さんの正論は、父親になる大人だからこその言い分だったかなと。
過去を見ている笛木と、未来を見ている山本の対比みたいな空気も感じるかも。
個人的にはズバッと言ってくれてちょっとスッキリしましたわ。

なんだかんだメイジ3人組はいい味出してましたね。
最終決戦で揃って変身してくれたのもグッときたぜ。

笛木さんは「ワイズマンなら勝てた…」「ハーメルケインがあれば勝てた…」ですね。
まぁ、それで晴人に勝ったとしても、グレムリンに隙をつかれてやられそうだけど。

笛木さんの心情は理解できる点が多くて切ない感じ。
娘を失う前に、嫁さんも亡くしてますからね。
自ら怪物になって、多くの人の命を犠牲にすることになっても
最後の希望にすがるしかなかった悲しい父親の姿に泣けるで。




管理者のみに表示

トラックバック