ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

ドキドキ!プリキュア感想 第26話

2013.07.30 (Tue)

第26話 「ホントの気持ちは?六花またまた悩む!」




マナ
「私の夢は総理大臣です!みんなの笑顔を守ります!」





お前ら俺に投票しろ(#26)




夢はでっかく総理大臣!さすがマナちゃん、夢のスケールもビックだぜ。
「守りたいと思います」ではなく「守ります」と断言している所が彼女らしい。

―相田マナの無限の愛が生み出すポテンシャルと
世界有数の財閥・四葉財閥のバックアップを背に
最年少女性総理大臣になり、後に世界初の地球大統領に任命される事になる
相田マナの伝説はここから始まったのであった―。

民明書房刊・菱川六花著 「人類総ラブリンク論」 より抜粋。第26話。




六花
「結局…私っていつも誰かに憧れているだけなのかも。
それじゃあ、私自身の気持ちは一体どこにあるんだろう?
私は…どうしたいのかな…?」






トレンディ展開(#26)





長年付き合って結婚まで考えていた同棲中の彼氏に
何の前触れもなく「実は好きな子が出来たから別れてくれ」とか言われて
本当は全然別れたくなんてないのに、物分かりのいいフリをして強がりながら
「私も好きな人が出来たからちょうど良かったね」とか心にもない事を言って
別れたものの「あたし何やってるんだろ…」と思い悩んだ結果
自分を見つめ直すために海を見に来たOLの様な六花ちゃんキターーー!!


青い海と太陽の光が凄くきれいで
青がメインカラーの六花ちゃんが映える映える。
靴と靴下を脱いで裸足で砂浜を歩くシーン&足跡が波で消えるシーン
海風で乱れて口元の髪を直す仕草…
繊細で美麗な演出の数々に胸のキュンキュンがノンストップ。
砂浜を散歩しているだけでも魅せる女、それが菱川六花ちゃんなんだよね!


自分の気持ちに悩んでしまった六花ちゃん。
期待していた久し振りの両親との夕食もなくなり気分はどん底のはずなのに
ラケルに心配をかけまいと明るく振舞って
「デートしよっか?」とか言っちゃう所が本当に彼女らしくて切なくて愛しい。


悩みを抱えながら海岸を散策していたら
記憶喪失の美少年を拾っちゃうとか、それなんてトレンディ?
褒められて照れちゃったのは、相手がイーラだからなのか
単に異性から褒められなれてなかったからなのか、それが問題ですね。
場合によっては青い海が赤く染まる事になるで。イーラの血でな。
しかし、六花ちゃんのテレ顔を引き出したと言う点では評価しておこう。


それにしても、雷の直撃を受けたイーラはよく記憶喪失だけで済んだな…。
落雷直撃&気絶したまま海に落下して漂流しても奇跡の生還とかマジパネェ。





とらぶる展開(#26)





なにこの To LOVEる 展開…。




★壁殴り代行始めました★

ムカついたけど壁を殴る筋肉が無い
壁を殴りたいけど殴る壁が無い、そんなときに!
壁殴りで鍛えたスタッフたちが
一生懸命あなたの代わりに壁を殴ってくれます!
モチロン壁を用意する必要もありません!
スタッフがあなたの家の近くの家の壁を無差別に殴りまくります!

1時間 \1200~ 24時間営業 年中無休!


  _,,-‐'"ヽ.         ∧ _∧
 ノ \ ヽ ト、       /∧´・ω・)   
{ 、 ヽ. ヽ_(⌒)  _,,.. -‐'"ノ /ノ >‐个 、._
 ヽー'.ー' `7⌒/'フ  >,ノ--―‐‐' ̄ ⌒`ヽ、 
   ∀ ー {  ∨    ∨   >ミ λ二ヽ、_ )ヽ__
   \  〉ー {     {     __ミ∧__,,.-''`ヽ `ヽ 
     ー―-ヽ、  ノ  _,,.. ‐'"´彡 'Y   `ヽ i  ̄ヽ、
          { ̄´》丶 ー- <ノ__\     {  / ∧
             { 7⌒/⌒ー-' ノ彡/∨ ノ >、._ノ  ,'  _∩
          !〉ー、―-、,ゝ┴ン ノ/ ノ  { レ ´ ヽi
          {ヽ.__,、___  '  / (´_ /  _,,..×   ヘ〈 ハ |
             /ヽ Y    '/´´    }  (_,,..、_ハ   , ノ }
          〉ミミと=‐- ┴―――〈      > ノ / .!
         ノノ  ', ̄ ̄ ̄ 不TT7´     ゝク´ ,  /
        / ' ∧   彡=  ′ ハ     ⊂´_ノ  /
         ノ   ハ   / ′     λ     `ー‐-'′
      /    {   、/        ハ


壁殴り代行では同時にスタッフも募集しています
筋肉に自身のあるそこのアナタ!一緒にお仕事してみませんか?
壁を殴るだけの簡単なお仕事です!




ちょーっと壁が穴だらけになっちゃったカナー?
まぁ、風通しが良くなったことで逆に過ごしやすくなったけれどもー。


両親が留守なのをいいことに、記憶喪失の同世代男子を家に連れ込み
手厚く介抱した後、手料理をご馳走しちゃうとかどんだけー?
つまづいた拍子に抱き合っちゃうとか、どんなTo LOVEるー?
しかも、あーんときたもんだ。あーんとね。
…アァン!?(威嚇


オムライスが上手くできなくて、卵焼き部分が切れちゃってたり
重なり合った時に六花ちゃんの髪でクシャミをしちゃうイーラとか、まー細かい。
六花ちゃんの微妙な表情の変化も素晴らしかったですね。
ちょっと恥ずかしそうにオムライス持ってくる姿とか
もうこれ嫁なんじゃないかなと思いましたね。私の。
カエルのエプロンとスリッパが可愛いわー。


記憶喪失&怪我をしているイーラを献身的に介護する六花ちゃんを見ていると
やっぱり医者や看護師に向いているかもなーと思うのと同時に
なんとなく患者さんと恋に落ちそうな気もするなぁ。
ナイチンゲール症候群的な意味で。当然、マナは別腹ですがね。



…そして、これでAパート終了と言う衝撃。
今回のAパートは六花ちゃんの可愛さを堪能するためだけに
存在したと言っても過言ではない珠玉の出来だったと言えよう。






キュアエース
「記憶を失っているとしても敵は敵。悪は悪。
回復して記憶が戻れば、その者は再び私達に襲いかかるでしょう。
ならば今ここで…!」


六花
「やめて!」
「私は後悔したくない。自分の思いを信じるわ!」






どいてそいつころせない(#26)





敵は敵、悪は悪。例え相手が記憶を失っていようが無抵抗だろうが
チャンスとあらば悪・即・斬。それがキュアエースの絶対的正義なのか…!
さすがに敵意のない相手を容赦なくぶちのめすのはどうかと思いますがー。


どんな時でも六花の味方なラケルが男前だったなと。
今回は終始、六花ちゃんと共に行動していたのでラケルの魅力も満載でした。
心配したり、相談相手になったり、嫉妬したり、守ったり、良いキャラだわー。
きれいなイーラにドキドキさせられたのはどうかど思いましたがw
微妙にキャラの薄いシャルルも目立てる日が来るといいのだが…!


まこぴーは心情的には、キュアエース寄りだと思うのですが
それでも、六花ちゃんの味方をしてくれるとは…!
愛を知って成長した結果と受け取って良いのだろうか?良いのです!!
そして、ここで雨が降り出す演出IN!






六花
「まさか…記憶が…?そう…良かった。」


イーラ
「な、なんで怒んねぇんだよ…変な奴。」


六花
「だって嬉しいんだもん。きっとこれが私の素直な気持ちなんだと思う。」






記憶戻りました(#26)





キュアエース
「プリキュア5つの誓い。1つ!
プリキュアたるもの自分を信じ、決して後悔しない。」



例え、それが敵を救う行為であったとしても
自分を信じて貫く六花ちゃんが超素敵。
これはもうメロメロですわ。記憶が戻ったイーラくんもメロメロですわ。
そりゃツンデレ気味にプリキュアを助けてからダッシュで帰りますわ。


気持ちが晴れて愛に目覚めたと同時に
雨が上がって雲の隙間から光がさす演出はベタながらもグッとくる。
しかも、久し振りの口上付き!
「このキュアダイヤモンドがあなたの頭を冷やしてあげる!」
キュアソードやキュアロゼッタはキャンセルされましたが
キュアダイヤモンドの見せ場は誰にも砕けない!
最後には虹まで出ちゃってましたからね。グレートだぜ。


青のルージュはバブル捕縛!…って、エースってば捕縛技ばっかりじゃね?
ああ見えて、補助系キャラなのだろうか。
捕縛だけじゃなくて他の使い方も出来るのかな。シャボン・スプレーみたいな?


ロゼッタリフレクションに続き、ダイヤモンドシャワーまで食うグーラさんェ…。
これは是非ともプリキュアの全技を完食していただきたいですね。
スパークルソードをハートチップルのよーにサクサク食べていただきたいですね。


今回はジコチュー生成がなかったけど、グーラさんが頑張ってくれました。
ダイヤモンドシャワーで頭痛を起こさせて撤退させるというのは面白かったけど
キュアダイヤモンドの必殺技がパワーアップしているのかどうなのか
微妙に分かりにくかったのが、ちょいと残念でならない。


まこぴー 「出る幕がなかったわ!」


…う、うんマジでな。キュアソードだけ何もしてなかった感じだしな。
でも大丈夫、まこぴーには応援してくれるたくさんのファンがいるのだからー。(棒





借りは返したぜ的な(#26)





夕陽を背に六花ちゃんとの思い出を捨て去るてるかのように
無言で包帯を外して投げ捨てるイーラが逆光カッコイイ。
ビジュアルだけ見ると完全にダークヒーローですわ。


これでまた元の敵同士の関係に戻るという意識の表れだと思うけど
ほんのちょっぴりだけ改心フラグとして期待しておきたい所。
記憶を失ったことで自己中でなくなったのならば
ジコチューは本質的には完全なる悪ではないのかも知れない。





心構えが違うケル!(#26)





改めて自分の夢を考えた時に
自分の気持ちがどこにあるのか悩んでしまった六花ちゃんですが
誰かに憧れて何かを始めるとか、夢に迷うとか
実に年相応な感じがして良かったなと。
自分の気持ちを再認識して、新たな気持ちで前に進む決意をした
六花ちゃんの笑顔がめっちゃ素敵やん。


結果的には、悩んだ末に心構えを新たにしただけなのですが
そこに至る経緯に記憶喪失のイーラを絡ませて
ちょっぴりラブコメチックな要素を交えつつも
精神的な成長を描いた良回だったんじゃなかろうか。


そして、なにより六花ちゃんが魅力的に描かれていて
溢れんばかりの愛を感じた素晴らしい六花ちゃん回でした。ブラボーですわ!




コメント

敵だからって、何も助けないことはねぇ。そう思っただけだぜ。
医師、それはこの世のどんな事よりも優しい仕事!
但し若干、クレイジー。


記憶喪失のイーラがお礼を言うのが、印象的でした。
ジコチューだと、周りに感謝しないんですね。
Re:ドキドキ!プリキュア感想 第26話
良かったね真琴。オムライス作りの腕は六花より有るみたいだよ。戦闘ではもうちょっと頑張って欲しかったね。

Re:ドキドキ!プリキュア感想 第26話
天使のようだとイーラくんが言うのも無理はない・・・・・敵だろうなんだろうと救いの手をさしのべる六花ちゃんマジか、マジだ、マジで天使・・・・・・ふぅ。

今回なにげにラケルもいい仕事してましたねぇ。あまりにダビィがパーフェクトハーモニーだから見逃してたけど普段仕事で家族の団欒がとれない六花にとってラケルは欠かせない家族と言うことを見逃していましたわ;そら六花と海にデートにいくくらい余裕で許しますよ!
でも六花の嫁はマナさんなんだからね!!!!

しかしエースさん敵とはいえ記憶も直ってないのに悪即ばきゅーーーんw(はぁと・・はないわーーーーー
ちゃっかりかっこよく去ってたけどあれ高感度爆SGEも仕方ないですねぇ。そら来週弱点も発覚しますよ

しかしエースの弱点かぁ・・なんでしょ?・・変身するとバb(ry
Re:ドキドキ!プリキュア感想 第26話
意識のないイーラに色々悪戯する六花の薄い本がでることに期待。


綿棒で○○カス除去とか冷えて縮んだアレをニギニギとか

やはり六花回に外れ無し。
きれいなイーラは、頭を打ってサイヤ人の凶暴性が無くなった孫悟空のように、
ケガしたショックで一時的にジコチュー本来の「他人を踏みつけて省みない」性質が失われた状態とも取れますね。
そしてジコチューとしての「自分の感情に正直」な性質だけが残ってたから、
面と向かって天使のような人だとか言っちゃう天然タラシ風美少年になったのかもしれぬ…

今までは各メンバーの弱さを指摘して、その後は基本的に各自が自力で成長するまで放置するスタンスだったキュアエースですが、
今回は六花の成長を促すために敢えて嫌われ役を演じるという、かなり踏み込んだ関わり方をしてきましたね。
4人との心の距離が徐々に近づいてきてるって事なんでしょうか。

今回は勿論、序盤から暇さえあれば六花に耳をフニフニされたり六花に突っ込まれたりしてたラケル、
理科室に放置されたりアイちゃんに耳を食われたりして地味に存在感を放つランス、
ドキプリでは唯一の人間態持ちで歴代でも随一の有能妖精ダビィ、
…シャルルはどうしてこうなった。
マナが立ち直る回でマナを元気づける役目をアイちゃんに取られたのもありますが、
そもそもあのシーンで無理矢理アイちゃんが出てきたのは、
シャルルがマナを元気づけようにも、
シャルル自身のキャラやマナとの関係を描いた積み重ねが全く無いせいで、それだけの説得力が出せなかったからという、
シャルルにとっては致命的な理由からっぽいんですよね…



余談:
六花が引用してた百人一首、実は少女の歌じゃなく、岩のように動じない女性にアタックして波のように玉砕した男の失恋の歌らしいです。
それはともかくずっとダディのターン。
ttp://touch.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=37504813
コメント返信ッ!


>>ロペリドさん



ヒュー!仗助張りの男気を見せる六花ちゃんにシビれるあこがれるゥ!
こいつぁ助けられたイーラと共にナイスなコンビを結成するしかねーぜ。


>ジコチューだと、周りに感謝しないんですね。


イーラからジコチューが抜けると美少年になる法則。
記憶が戻ったイーラが、喜ぶダイヤモンドをみて
困惑気味にしていたのが印象的でした。





>>良かったね真琴。オムライス作りの腕は六花より有るみたいだよ。



ただし、まこぴーオムライスは超デカイw
まこぴーは常識が足りないだけで、やれば出来る子なんやね。
…戦闘での見せ場が少ないのはどうにかしてほしい所だぜ。





>>記憶喪失になったイーラくんに全国55753人が嫉妬の炎で壁穴55753個さん



密かに炎を燃やす者達を含めれば5万人どころではないかも知れない…!
って言うか、1人でも5万人クラスのジェラシットを燃え上がらせる猛者もいそうだぜw


>敵だろうなんだろうと救いの手をさしのべる六花ちゃんマジか、マジだ、マジで天使・・・・・・ふぅ。


背中に羽が生えてないか確認しちゃったぜ。(イケメン顔で


>今回なにげにラケルもいい仕事してましたねぇ。


してたしてた。ラケルも凄いよかったケルよ。
六花ちゃんにとっては弟みたいなものなのかもね。
それでいて相談に乗ったり、守ろうとしてくれたりナイス活躍。


>でも六花の嫁はマナさんなんだからね!!!!


正しくは「六花の婿はマナ」かと思われるw
イーラは2号さんだな。六花ちゃんは脅威の両刀なのです!


>しかしエースの弱点かぁ・・なんでしょ?・・変身するとバb(ry


ババアとか言うと噛みつかれますよババアとか!
エースの弱点…スイーツに目がない事かなー?





>>プリプリマンさん



イーラに迫られるもマナの事を裏切る事ができず一度は拒んだけれど
ガンガン押しきられて結局流されてしまい背徳感を抱えたまま
甘美な快楽に身を委ねてしまう六花ちゃん本プリーズ。


>綿棒で○○カス除去とか冷えて縮んだアレをニギニギとか


でっかい病院に行くんだ!いいか、頭のやつだぞ!!w





>>魚座間さん



>ジコチューとしての「自分の感情に正直」な性質だけが残ってたから、
 面と向かって天使のような人だとか言っちゃう
 天然タラシ風美少年になったのかもしれぬ…


なるほど、自分の感情に素直なのもまたジコチューなのか。
自己中にも、プラス面とマイナス面があるってことね。
しかし、自分の感情に素直なイーラはかなりイイカンジでしたねw

「優しいんですね」は分かるけど「天使のような人だ」は
完全に口説き文句な気がするぜw


>今回は六花の成長を促すために敢えて嫌われ役を演じるという、
 かなり踏み込んだ関わり方をしてきましたね。


ほぼ放置プレイだったありすお嬢様と比べるとかなり優遇されている感。
ありすは何もしなくても自分でも気付けるけど
六花は深く踏み込まないと変えられないと思ったのかな。
頭が良いだけに悩まなくてもいい所で悩んだりしちゃうタイプだしね。

亜久里ちゃんが本核的にみんなと打ち溶けるのは次回かな?楽しみです。


>…シャルルはどうしてこうなった。


主人公の相棒なんて一番目立つポジションにいるのに
なぜあんなに影が薄いシャル…?
基本的にマナが何でも出来ちゃうから
細かい所でフォローする事がなかったからなのかな。
シャルルにも愛を分けてあげて><


>岩のように動じない女性にアタックして波のように玉砕した男の失恋の歌


マジでか。完全に失恋したOLじゃないかw

そして歌を読む六花ちゃんの横で
物憂げに句を読むダディにキュンときたわw
六花回かと思いきやまさかのダディ回…可愛すぎるゥ!




管理者のみに表示

トラックバック