ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

ドキドキ!プリキュア感想 第22話

2013.07.02 (Tue)

第22話 「ピンチに登場!新たな戦士キュアエース!」




肩幅ぱねぇ(#22)




オ~ゥフ…セバスチャンがいつにも増してマッシブゥ~!
トランプ王国へ向かった、ありすお嬢様を心配するあまり
緊張して筋肉が怒張しバンプアップしてしまったのだろうか?
今のセバスチャンなら片手でジコチューを握り潰すことが可能ッ!第22話。



岡田キッス(#22)





眠りについたお姫様を目覚めさせるのは王子さまのキス。
メルヘン業界では、もはやこれは常識!!
だがしかし、ジョー岡田のキスでは何も起こらないのであった。
だったあいつは王子さまじゃないからね!
王女様に手を出して辺境に飛ばされた一介の騎士でしかないからね!

だが、何も起こらずに照れるジョー岡田はちょっとカワイイw


そして、それにも増してキスシーンを見守るみんながキュートであった。
各々反応が違うのに、妖精とはリンクしてるのが良いですね。
一番乙女チックなのは六花ちゃんかな?
急にメガネかけてたら面白かったんだけどw
ありすお嬢様にはまだ早いのでセバスチャンが華麗にガード。


ジョー岡田がアン王女と共に姿をくらましましたが
アイちゃんを寝かしつけた後に、動けない王女様を色々な角度から見たり
撮影したりしてるに違いないと思うと、胸のドキドキ止まらないよ!





ポカレジ(#22)






┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /
  _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|    ノ    ノ       。。


       /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl  
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ


【怒りのあまり包丁を手に荒ぶる菱川六花さん(14)】





ドキドキ百合キュアキマシタワー!!!
一緒のベッドで手を繋いだままおねんねとか
六花ちゃんが第六感で感知して乗り込んできてもおかしく無いキマシっぷり。
もしかしたらマナの部屋の窓の外まで来ていたかも知れん。
あれ以上進展するようならトゥインクルダイヤモンドで永久凍結も辞さない覚悟で。
それにしても、どんな相手でも速攻で落とすジゴロマナさん恐るべしやで…。


マナといるとポカポカする。
ポカポカモードに入りながらも、どこか疎外感を感じるレジーナ。
愛を知ったと思われましたが、心の奥底にまでは響いていないのかも。
キングジコチューパパとの過去の記憶が無いようですが
やはりまだまだキングジコチュー様の呪縛に縛られているって事かな。

一緒にお風呂に入って背中を流しっこするシーンはカットですか、そうですか。






マナ
「海だー!!」


六花
「天気も良くて最高ね!」


マナパパ
「よし!まずは砂浜でかけっこだ!」






海で泳がない(#22)






泳 げ YO !!





よーし、みんなで砂浜ダッシュしちゃうぞー。
アハハハウフフフ…って、海まで来てまずは砂浜ダッシュとかどういうことだよ!
スポコンか!特訓の為に海に来てるのか!?タイヤとか引いちゃうの?
そうじゃないでしょ?入れよ!海に入れよ!!いつ入るの?今でしょ!?


…ハイ、海に来た所で水着にはならないことは重々承知していたので
そんな言うほどダメージは無いですよっと。知ってたし。俺、知ってたし。
この世界には海に入って泳ぐと言う風習が無いことは知ってたし。泣いてないし。

まぁ、マナパパが何か良いこと言ってたっぽいし、海に来た意味はあったのか・も。


とりあえず、まこぴーがガチで作っている砂のトランプ王国城(仮)に
バケツで水をぶっかけるレジーナちゃんの外道っぷりと
ビーチバレーで容赦の無いスパイクを決めてくる、ありすお嬢様に惚れるで!





セクシーショットだビィ(#22)





ヒュー!ダビィさんのセクシーショットがたまらんぜー!夏しちゃってるYO!SAY!!
丸々としたお腹のフォルムと、控えめな長さで絡みつく脚に
ヨダレずびっ!~ツウ~よーなカンジだぜェ~~~!
浜辺の視線を独り占めしちゃう、魅惑のマーメイドがここに爆誕したと言った所か。


もうプリキュア達の水着姿はいいので
妖精達の人間態に水着を着せたらいいんじゃなかろうか?
人間ですらないし問題ないんじゃなかろうか?DBさんカモン!!






レジーナ
「友達とかそーゆー下らないもので、アタシを苦しめようとしてるんでしょ?
ざんねーん!もうその手には乗りませーん!!」






パパ来ちゃった(#22)





『再び』か?再びかァァーーーッ!



仲間になると思った?残念!また敵に戻ったよ!
前回、ようやく愛に覚醒したと思われたレジーナちゃんが
早くも再洗脳されて、アッサリ敵側に舞い戻ったでござるの巻。
こんなに早く簡単お手軽にジコチューに戻るとは…
なんだったんだ…マグマ落下のシーンの感動はなんだったんだ…。


まぁ、今回はキングジコチュー様(幻)が、人間界まで娘を迎えに来たからなぁ。
敵ボスが出張ってきただけでも事の重要さは見えてくるような気がしないでもない。
結局の所、駆け落ちしていった娘が心配で迎えに来たパパってことですかね?
なんだろうこのダメオヤジ臭。もう怒ってないから帰ってきておくれレジーナ的な。


「ダメだ!俺には 撃てない!」マジでかマナちゃん。
前回見せてくれた大貝第一中学生徒会長の気迫はどこへやら。
レジーナに対して浄化技を放つのを躊躇するとは思わなかった。
思い入れが強いからと言って、ここでためらうのはどうなのかしらね?
むしろ笑顔でラブリーフォースアローを撃ち込む気概を見せて欲しかったなー。


しかし、レジーナちゃん別カラーは実に地味ですね。中パンチカラーかしら?
もう、浄化と闇落ちを繰り返すたびに別カラーになって復活しても良いかも知れないw

レジーナちゃんの電撃地獄玉…すごく…大きいです…。






レジーナ
「なんなのよ、あなた?」


キュアエース
「愛の切り札…キュアエース!!」






エースも来ちゃった(#22)


だれだ!?





だ、誰だコレー!?…いや、えっ?ガチで誰だー!?



新プリキュアには、少なからずレジーナが絡んでくると思っていたのに
まったく無関係だったとか、なんという拍子抜け…。
ビジュアル的にはアン王女に似ているけど誰だコレ?


どうやら切り札は、常に俺の所に来るようだぜ…!
って、切り札なのにキュアジョーカではなくキュアエースとは。
ネーミングセンスと厚化粧…なかなか濃い人が来ましたね。


登場時に「きゅぴらっぱー」とシャウトが聞こえたのでアイちゃん関係者かな?
変身アイテムっぽいものにロイヤルクリスタルが使われていたので
氷漬けのアン王女とアイちゃんを連れて雲隠れしたジョー岡田が
何かしでかした可能性は高いのではなかろうかw


よし、早く警察に連絡して奴の行方を追おう!(提案)




コメント

キングジコチュー「全部、愛ってやつの仕業なんだ」レジーナ「何だって!それは本当かい!?」
マナの他者中心的な考えは、実際にはジコチューなのかもしれない。という展開ですね。

家族団欒をいくら見せつけられても、パパとお出かけした記憶も無いレジーナはダメージを負うばかり。
これは、レジーナにちっとも構ってないキングジコチューにも責任がありますが。

そして、そんなレジーナの様子に全く気付かないマナ。
気付いてはいるがそっとしておく描写があるわけでも無く、一切気付いていません。

極めつけは、レジーナにラブリーフォースアローを撃つのを止める場面ですね。
初めはジコチューに攻撃しなかったマナが、浄化の為に攻撃するようになる回がありながら、レジーナには一撃もできていません。つまり、「レジーナを浄化できる可能性」よりも「レジーナを攻撃したくない私情」を優先したわけです。

 結局、今回マナがしたことは、
愛が溢れる家庭を見せつけ、
それにレジーナがどんな反応してるのかに気付かず、
浄化できるか確認もせずに攻撃をやめる。
 という、ジコチュー極まりない行動なのです。


それでも希望があるとすれば、レジーナに「友達は必要ない」といわれたときに「自分にはレジーナが必要だ」といった場面ですかね。
今回レジーナとまともに向き合ってないマナが、やっとレジーナ自身に対して、自分がレジーナをどう思っているのかを告白してます。
押し付けがましく愛を見せつけるより、「愛してる」の一言の方が相手に伝わります。
愛のバラマキではなく個人的な愛情、つまりジコチューが誰かを救えたら、それはとっても胸熱だなって。
Re:ドキドキ!プリキュア感想 第22話
やっべえよ…
レジーナ…
ちくしょうーーーーー!
なんでだぁぁぁぁぁ!

とりあえずこれじゃ叫んでるだけなんで追記で感想
上の感想で言われてるように、今回はマナちゃんいいとこなしだったですね…
ただ、友達が突然豹変したあの状況で、攻撃を躊躇してしまうのは無理ないかなと
あの状況下で冷静な判断が出来たとは思えないし、上で言われてるように「浄化できる可能性」もあるけど、その結果「無事ですまない可能性」もあるわけだしね
そもそも弓を向けるという行為自体がプレッシャーだろうし

なんだかんだでいつも前向き猪突猛進なマナちゃんにしてはらしくないけど、ある意味新鮮な反応だったかも
後、マナちゃんはなんというか、五代雄介っぽいよね
こっちにもヌッと顔を出してみた
マナと同じハイスペックキングが先週で壁にぶち当たったように、今度はこちらが逆境に立たされてますな。

今回の事で猪突猛進なマナでも流石に自信喪失してしまった感じだけど、この逆境に負けないようエースさんが説教やら修行やら頭突きしてくれるはず!
Re:ドキドキ!プリキュア感想 第22話
全国のジコチュー諸君!頼んだぞ・・・!(泣

はい!二人なかよくベッドでお手てつないでベッド・イン!・・・初夜ですね!わかりま(ry
レジーナに対してはなんか呪縛かける時に申し訳なさそうにする当たりやはりジコチューさまには感情があるんですねぇ。レジーナが愛している以上倒すのではなくこれは和解エンドもありえる?

そしてキュアエースはダリナンダアンタッイッタイ!?;アン王女と声もかわっているけどやっぱり見た目は王女が近いし岡田がお持ち帰りしてる当たり王女がかかわっているのは間違いなさそう。
・・・・もしくは妹とか?

とりあえずちょっこっっっっと厚化粧なんで口紅を薄くしてもらいたい
Re:ドキドキ!プリキュア感想 第22話
今回マナの部屋にはベッドが2つ有る事が明らかに成ったのだが、ベッドが2つ有るのに同じベッドで寝ていた六花は流石奥さん。

ラブリーフォースアローを撃てなかったマナに驚いた、これまでの描写だとノリノリで撃つのかと。真琴はハートシュートを撃つように進言するべきだったかも。浄化機能、ベールを倒せない威力ともに確認済み。

純君の時や六花の嫉妬回でも思ったけど、マナは相手の嫌な気持ちを察するのが苦手なのかな。今回もレジーナが嫌な気持ちに成ってるのに気付いてないし。

キングジコチューが自分で愛を否定してるってことは、レジーナに対する態度も愛から来るものではないって事ですよね。
何らかの打算や目的があって敢えて下手に出て言いくるめたんでしょうか。
ベールの言う通りだとすると、レジーナに情が移ったプリキュアに対する嫌がらせ兼倒されにくい手駒を作る目的もありそうで、
実際マナは攻撃を躊躇ってしまった訳ですね。
ジコチューの王であるからには、行動原理は全て自分の為、自分の利益や満足感の為であって欲しい所です。

「吐き気をもよおす邪悪とはッ!
何も知らぬ無知なる者を利用する事だ……!!
自分の利益だけのために利用する事だ…
父親が何も知らぬ『娘』を!!てめーだけの都合でッ!」



余談:
レジーナ「どうした?攻撃しないのか?」
というネタを描き終わってから思い付きました…無念。
ttp://touch.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=36812737
第22話 「切・札・参・上」
マナ「私にはレジーナが必要だよ!!」
レジーナ「いい台詞だ、感動的だな、だが無意味だ。」(腹パン)

攻撃を躊躇うキュアハート

レジーナ「どうした?攻撃しないのか?」(ドヤ顔)
コメント返信ッ!


>>ロペリドさん



>マナの他者中心的な考えは、実際にはジコチューなのかもしれない。という展開ですね。


他者に対する見返りの無い愛情をふりまき過ぎるのも自己中心的である。
ドキプリに対しては深いテーマ性を求めていなかったのですが
結構ディープな部分までやってくれるのかしら?
愛とジコチューなんて、かなり難しいテーマだと思うんですよね。
マナの愛とレジーナの自己中が、作品に深みを出してくれると期待してもいいのかな?
フォースアローを撃たなかったマナには、ちゃんと答えを出して欲しいな。


>愛のバラマキではなく個人的な愛情、
 つまりジコチューが誰かを救えたら、それはとっても胸熱だなって。


マナが闇堕ちして、レジーナが救う展開希望!





>>わっくんさん



レジーナちゃんなんですぐジコチューになってしまうん…?


>なんだかんだでいつも前向き猪突猛進なマナちゃんにしてはらしくないけど、
 ある意味新鮮な反応だったかも


あの部分は、やはりマナらしくない…というのは感じちゃいますよね。
全部まとめて突っ切ってこそのマナちゃんだと思っていただけに意外でした。

レジーナとの決着をつける時には、ちゃんと答えを導き出して欲しい所。





>>名無し@まとめいとさん



微妙にリンクするのがスーパーヒーロータイムのミラクル!

完璧超人ほど壁に当たった時の復活は難しいカンジ。
エース姉さん(見た目的な意味で)がキツイ言葉と共に
マナちゃんの尻を蹴っ飛ばしてくれるのを期待!…していいのかなw





>>プリキュアがミキタンの次に水着になるのは55753年後(泣さん



何回輪廻転生すればプリキュアの水着回にめぐり合えると言うのやら…!


>はい!二人なかよくベッドでお手てつないでベッド・イン!
 ・・・初夜ですね!わかりま(ry


六花「ビキビキ…」

レジーナちゃんがマナのベッドにダイブしてくるシーンは
実に素晴らしかったですね!朝チュンシーンまであればパーペキであった。

キングジコチュー様は、利用できるものを利用しているだけって感じがするんだよなー。
親子としての愛情は無いんじゃないかしら?
レジーナとは和解できるかもだけど、キンジコ様は浄化コースと見た。


>とりあえずちょっこっっっっと厚化粧なんで口紅を薄くしてもらいたい


エースちゃん化粧濃過ぎ!(正直者

アン王女の妹って線はありそうですねー。
頑張ってお化粧しました感が素敵だわw





>>今回マナの部屋にはベッドが2つ有る事が明らかに成ったのだが、
 ベッドが2つ有るのに同じベッドで寝ていた六花は流石奥さん。




六花ちゃんがしょっちゅう来るからベッドを2つ用意したものの
結局いつも同じベッドで寝るので意味はなかった的なエピソード0。


>マナは相手の嫌な気持ちを察するのが苦手なのかな。


それはありそうですよね。
ともすれば、愛をふりまくこと事態が自己中になるのですが…
その辺の難しいテーマを上手く描いてくれると面白くなりそうなんだけどどうかなー?





>>魚座間さん



>何らかの打算や目的があって敢えて下手に出て言いくるめたんでしょうか。


だと思うなー。
なんたってキングジコチューですし。私利私欲の為にレジーナを利用してんじゃないかな。
中途半端に改心可能なイメージは出して欲しく無いカンジ。

情が移ったレジーナを利用する気だとしたのならば
意外と頭脳派なタイプなのかもしれん。効果も抜群でしたしね。


>吐き気をもよおす邪悪とはッ!


まさにディアボロとトリッシュ!
ブチャラティレベルに進化するマナを見てみたいw


>レジーナ「どうした?攻撃しないのか?」
 というネタを描き終わってから思い付きました…無念。  


TSさんがやってくれましたw
デンジャラスな状態のレンゲルたんをよそに余裕全開のブレイドたんが超クール。





>>TSさん



レジーナ「申し訳ございません、海まで来て このような格好で。」

ニーサンは水着シーンがあったというのに…!!





管理者のみに表示

トラックバック