ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダーウィザード感想 第37話

2013.05.31 (Fri)

第37話 「絶望!指名手配」




ラーム加賀(#37)




加賀さん!?これもう九官鳥になれるファントムじゃなくて
ほぼ九官鳥のファントムなんじゃね?
ビルの屋上で唇を黄色く塗って鳥っぽい動きをするおっさん…
これは加賀さんも逮捕されてもおかしくないで!

加賀さんの人間態とか何の意味があったんだ…第37話。




「ニュースをお伝えします。
昨夜未明に起きた、鳥居坂にある雑居ビルが放火された事件で
警視庁は、森ノ下区に住む根本知良40歳を放火の容疑で指名手配しました。」

「また、共犯の疑いがあるとして、現職の警察官である大門凛子容疑者と
その友人とみられる、奈良瞬平容疑者の2名も指名手配されています。」






絶賛指名手配中(#37)





指名手配サレタ\(^o^)/




警察官の制止を降り切り、放火事件の容疑者を連れて
強奪したパトカーで走り出したら、指名手配されたでござるの巻。


うむ!なんという当然の流れ。むしろ、指名手配された事実に驚く瞬平に
「お前そこまでやっといて、何とかなると思ってたの?」と問いただしたい。


ジェットコースター的速度で、人生と言う名の階段を転げ落ちていく
凛子&瞬平のモストデンジャラスコンビっぷりに、輪島のおっちゃんが
お茶をリバース・プリーズするのも当然の流れであり
前回、せっかく守った壷を自らの手で割る事になってしまったコヨミちゃんに涙。


誰とも連絡がつかないように、凛子ちゃんのケータイを窓からそぉい!!
そして、当然の如く自分のケータイは面影堂に放置してあると言う
瞬平くんの流れるようなエキサイティングで
外部への連絡不可能、孤立無援状態へと突入する絶望展開にシビれるぜ。


いくら逃げた所で、パトカーには無線もGPSもついていると思うので
速攻で包囲されてポリスメンに蜂の巣にされるであろう事は明白なのですが
その辺はまぁ、鳥居坂署が無能ってことでw


手配書に採用されている瞬平の写真が、実に元気一杯で素晴らしいですね!
その爽やかな笑顔からは余裕すら感じるレベル。

大丈夫…瞬平なら、きっと刑務所でもやっていけるよ!!(投げやり





凛子リフト(#37)

凛子リフトでドーン!(#37)





凛子リフトでドーーーン!!




颯爽とフォークリフトを操縦して
迫り来る追っ手に廃車を叩きつけようとする凛子さんパネェっす!


ポリ公どもをスクラップにしてやんぜヒャッハー!!


いやいやいやいや、なにしてんのなにしてんの現職刑事の大門凛子さん?
なにナチュラルに殺人未遂犯してんのこの子…。


って言うか、フォークリフトの免許持ってたの?
そもそも、それキー刺しっぱなしだったの?
唐突に拳銃を抜いて威嚇して来た警官も警官だし…
話し合う前に世紀末的アクションを起こすのが鳥居坂署ポリスのやり方なの?
なにそのマッドマックス的世界観。超おっかねぇ。






攻介
「晴人、秘密兵器持ってきたぜ!」
「九官鳥のご馳走だ!こいつに釣られて、あのファントムもやってくるに違いねぇ。
「マンマ」だけに「まんま」とな。」


晴人
「おぉーっ!さすが仁藤ー!!…じゃねーよマヨネーズ!!
だからー、九官鳥に化けたファントム!」


攻介
「…ファントム。」


晴人
「そうファントム!鳥じゃないの。」


攻介
「鳥じゃない…ん?うぉっ!?イタイイタイイタイ!!

うわぁー助けてー!ばぁーちゃぁーーーん!!






コミック版仁藤攻介(#37)





こ…攻介ェェーーーッ!!?




ちょ…えっ…ちょ…なにこの疾走感…。
晴人&攻介の魔法使い漫才からの、まさかの漫画化決定プリーズ。
そして攻介のヘブン状態披露と、もの凄いカオスが渦巻いておるわ!
なにコレェ…このくだり、全体的になにコレェ…。


ファントム相手に、鳥の餌を使って誘き寄せようとする攻介って…。
鳥の餌を担いできた攻介の純粋な笑顔を見て思ったね。
この人、バカなんですか?と。
「マンマ」だけに「まんま」とな。(ドヤァ)じゃないよ!

今回の攻介は、脳みそマヨネーズバージョンだよ!!


大量のカラスに攻介を襲わせる…
実物でやるにしても、CGでやるにしても肉体的・金銭的負担が大きすぎる。
そうだマンガにしよう!!実にエキサイティングな発想である。
大量のカラスに陵辱され、ボロ雑巾の様に道端に捨てられる攻介に合掌。


…とは言え、このカラス×攻介の漫画は嫌いじゃないわ!
とっさの時に「ばーちゃーん」と叫んじゃう、おばちゃん子な攻介が可愛いw
晴人くんは、生暖かく見守ってないで助けてあげて><





晴人
「こんな所にいたのか、ファントム!」


攻介
「…って言うか、あいつら合体できたのか。スゲェ!」






ガルフォン?(#37)





魔法に関しては、晴人が攻介の指輪も使える一方通行仕様でしたが
プラモンスターは混成合体可能ッ!!


新古魔法合体・ガルフォン?グリーダ?
ともかく、ラーム九官鳥態と張り合える微妙な強さであったw





攻介
「みなまで言うな。グールを食ったから魔力はたっぷり。俺1人で充分だ」






カラススタイル(#37)





カラスの羽まみれで、無駄にカッコイイアングルで変身ポーズを決める攻介フゥー!
カカッカッカカッ、カラス!!
…クロウ?カラスでいいんですよマヨネーズは。






根本
「どうして僕ばかりこんな目に遭わなくちゃいけないんだ!助けてよ誰か!!」


凛子
「いい加減にしろ!!
さっきから黙って聞いれば…簡単に絶望しまくってんじゃないわよ!」

「何でもかんでも、人が助けてくれると思ったら大間違いよ!
自分でどうにかしようって思わないの!?
そんなんじゃ、このピンチを乗り切れるわけ無いでしょ!!」

「きっと今ごろ真犯人は陰であなたを笑ってるわ。
それでもいいの?悔しくないの?ねぇ!?」



瞬平
「凛子さんに賛成です。もっと気持ちを強く持って下さい。
僕達は根本さんの味方です。一緒に無実を証明してみせましょうよ!」






さらに犯罪に走る容疑者達(#37)





ついにキレた凛子ちゃんのスーパー説教タイム!!
マンホール内で水に流されて川に排出され
全身びしょ濡れ状態で説教してくる女刑事…チョーイイネ!


凛子ちゃんとしては、刑事職のみならず人生をかけて
ゲートである根本さんを救おうと奮闘していると言うのに
ネガティブ思想マキシマム発言を連発されたらキレても仕方なかろうなのだ。

ちなみに瞬平は、チンプイ生放送事件の時に世間に醜態を晒しまくっているので
もはや捨てる物などない無敵のネイキッドなので問題は無い!


ゲートとかファントムとか差し置いても、根本さんは後ろ向き過ぎるんですよね。
彼の内面を根本的に変えないと結局、絶望しちゃうワケで。
凛子ちゃんの意見は至極、正論だったと言えるのではなかろうか。


そして…そんな綺麗事を言いながら事件解決を名目に

さらに犯罪行為を連発し、罪を重ねる指名手配犯達の姿

がそこにあったw


警備員を騙し、まんまと警備員室に不法侵入。
監視カメラのデータを無断で閲覧し、あまつさえ不正にコピー。
さらに警備員に軽めの暴行を加えて逃走…さぁ、お前等の罪を数えろ!!


人はなぜ罪を重ねてしまのか…。(優しい目
もう指名手配されてるから、やぶれかぶれになってるんですかね?
冤罪を晴らす為ならば、犯罪行為も止むなしとか現役刑事としてどうなのか…
やはり凛子ちゃんは、国安0課に異動するべきだったよなーと今更ながら思ったり。


ちゅーか、現場の監視カメラの映像を確認してないとか
鳥居坂署の警官は無能ばかりなの?
まぁ、署長を見る限り優秀な人材は期待出来そうもないけど…
一般市民の根本さんすら知ってる監視カメラのチェックすらして無いとか
ボンクラにも程がある。しかも、そこに真実があるからたちが悪い。






凛子
「出頭して来ました。まずは、真犯人を差し出します。」


根本
「嘘つき…やっぱり僕を騙してたのか…。」


凛子
「真犯人は…彼です!!」


瞬平
「証拠なら、ここにあります。防犯カメラの映像に写ってたんです!」


凛子
「この九官鳥は…ファントムです!」






犯人は九官鳥(#37)





この九官鳥がファントムで、放火事件の真犯人だったんだよ!!


…う、うん。あまりに予想通りの展開で逆にビックリだよ?
前回の時点で、九官鳥がファントムだという事は分かってましたからね。
当然、真犯人が九官鳥であると想定内でしょこんなもん。


謎解き要素を入れたいんだったら、九官鳥がラームだと言う事は
最後の最後まで伏せておくべきだったんじゃないのこれ…。
前回早々にバラした事で、むしろもう一捻りを期待していたのですが
ストレートにそのまま九官鳥が犯人だと押し通してくるとはブレイブだぜ…。


そもそも、ファントムの事は大衆に知られないように隠しているはずなので
鳥居坂署の署長及び警察官に見せても何がなんだか分からないんじゃね?
実は九官鳥が化け物で、放火もコイツがやりましたーで丸く収まるの?
凛子ちゃんと瞬平の罪も帳消しになるの?


やっぱりこれ、ファントム関連の事件なんだから
国安0課に持って行くべきだったのではなかろうか?
凛子ちゃんのワイルド極まりないあぶない捜査の数々も
七三メガネがもみ消してくれるだろ。多分。瞬平は知らんけど。





やるじゃん(#37)





「やるじゃん」みたいな顔して見てる2人ですけど…気付けよ。


九官鳥がファントムだって知ってただろ…。
ちょっと考えれば前回の時点で辿り着いていてもおかしくないレベルだぞ?






攻介
「すっかり騙されたな、俺達も。まぁ、こっからは俺達の出番だ。」


晴人
「今日は魔力もたっぷりあるからな、覚悟しろよ。さぁ、ショータイムだ!」


攻介
「ランチタイムだ!」






もはや消化試合(#37)





ものすごい消化試合チックに、ファントム・ラームをインフィニティーでオーバーキル。
放火事件の真犯人を、容赦なく消してしまって大丈夫なのだろうか?
まぁ、国安0課の七三メガネがなんとか以下略。


ビーストがファルコになったので、ラームとファルコの空中戦クルー?
…と、期待していたのですが、残念ながらそんなことはなかったぜ!
ダイスサーベル、ファルコ「6」も、前回のバッファローと同様の使い方でションボリ。
無駄にハイパーになられるよりは良かったけれども。


ラームが空を飛べる利点を活かせていなかったのも勿体なかったかなと。
飛べる事は、あくまでも九官鳥変化の副産物でありオマケ程度の扱いか…
ビッグでパンで即終了とは泣けるでぇ。
ハリケーンドラゴンと空中戦を繰り広げたヴァルキリー戦は熱かったなぁ。(遠い目





凛子
「根本さん、ごめんなさい。驚かせて。」


瞬平
「根本さんには、真相を隠してたんです。
ファントムを欺くために。本当にすいませんでした。」


根本
「僕は…無実なんですね…?
でも…キュー太が…キュー太が怪物だったなんて…!

あぁ…もう絶望だーーー!!


凛子&瞬平

「「えーーーーーっ!?」」






ゼツボウダー(#37)

えーっ!?(#37)



えーっ!





えーーーっ!?





えぇー…これでオチ?これはダメなんじゃないの?
絶望をギャグのオチ扱いするのは
作風的にしてはいけない事だと思うんだけど…。


根本さんが「絶望だー!」と叫んだ直後、ヒビ割れする前に
凛子ちゃんと瞬平が「いい加減にしなさい!」と突っ込むなら分かるけど
ヒビ割れまで行っちゃうとガチの絶望なワケで、生死に関わる問題。
例え、このあとすぐにアンダーワールドでファントム倒しましたーだったとしても
こんな中途半端に終わられたら、わすがに笑えないカンジ。

しかも、根本さんがなんの成長もなく普通に絶望とか
途中の凛子ちゃんの説教がまるで意味を成していない結果になってるもんなぁ。

最後には、自分の為に頑張ってくれた、凛子ちゃんとと瞬平の気持ちを汲んで
これからは前向きに生きるようになるとか、多少の成長をするのかと思いきや
まるで変わらなかった上に絶望するとか、もうギャグオチでもなんでもなく
単に投げっぱなし悪ふざけに見えなくも無いわ。


「希望」と「絶望」は仮面ライダーウィザードの根幹なわけで
ここでふざけちゃうと全体がブレちゃうんじゃないかと思うんだけどなー。
ギャグ自体は上手く切り離してくれれば問題ないんですけどね。
その辺、ポワトリンは上手かったなと。

ソラのラームを使った作戦もイマイチよく理解できない。
絶望しやすいゲートと分かっていたのならば
手っ取り早く死の恐怖で絶望させりゃいいじゃん。
あえてそうしなかったのは、晴人達をおちょくる為だったとするならば
最後のバトルの時に「加賀さんを倒すと、ゲートが絶望しちゃうよ?」とか
煽りにきても良かっただろうに、全然出てこなかったし。
九官鳥が化け物だと知って絶望しちゃうんだから
こんなに面白いシチュエーションはないと思うのに意味が分からない…。


そんなワケで演出自体は面白かったけど
ストーリ的には絶望レベルだったと思うのですが
一番可哀想なのは、凛子ちゃんと瞬平くんなのかなと。

せっかく晴人のサポータとして
魔法使いを支えてファントムと戦ってきた2人なのに
おそらく最後になるであろうコンビで主役を張れる回がこんな結末とは…。
特に瞬平くんは前編から暴走しまくりでアカンかったなー。
出来ることなら、晴人の弟子として成長した瞬平の活躍が見たかった。

物語がクライマックスに入る前に
ちょっと軽めのギャグ回のつもりなのかも知れないけれど
このタイミングでぶっこんで来るストーリーではなかったかなーと思います。
せめて、根本さんの絶望を食い止める展開にしてあげて欲しかったな。





凛子ちゃんの素晴らしいライン(#37)





結論としては、水に濡れた凛子ちゃんが色っぽかったので良かったと思います!(キリッ




コメント

Re:仮面ライダーウィザード感想 第37話
この回テンション高く持っていっただけでよくわからない回ですよね
九官鳥に変身して火事を発生させる意味もいまいちわからないし、なんで人間態の時普通の格好じゃないのか(;´Д`A
石橋さんブログとツイッターあるんですけど、前半で視聴率よかったから今回もみたいなこと書いてたんですけど、これで上がってもって感じですね(^^;
あと「諸田監督の演出に脱帽…!
オチには僕が一番驚きました。」
って書かれてたのでオチの部分はももクロ好きの石橋さんが考えたわけではなさそうですね
Re:仮面ライダーウィザード感想 第37話
なんというかヨルさんのおっしゃる通り、頭を傾けざるを得ない回でしたね。かつての料理対決とか1000回記念と同レベルっていうか。コミック版功介には大笑いできたけどw
カラス「ごっつぁんでした」攻介「ひどい……」
今回の話は、序盤向けだった気がします。
Re:仮面ライダーウィザード感想 第37話
今回の話そのものがファントムとは・・・
コウシエンやゴルフやゴリンより強敵だったぜ
Re:仮面ライダーウィザード感想 第37話
今回の話は微妙でしたね。
私がファントムだったら、根本みたいなゲートからは生まれたくないです。
後、人間だった頃の加賀さんがどんな人だったのか、ちょっとだけ気になりました。
Re:仮面ライダーウィザード感想 第37話
・・・今回の話はここからストーリー的にも多分ギャグ挟む余裕がないだろうから最後にお遊びしたかったんだろーなーと勝手に思っているw
・・・まぁいくらなんでも指名手配されるのが早すぎだったり俊平もあきらかにやりすぎだったりと羽目はずしがインフィ二ティしすぎちゃった感じ?w


Re:仮面ライダーウィザード感想 第37話
30分前の某賢人が「ブレイブにも程がある!」って言いそうな回でしたね。良くも悪くも・・・。
演出とヨルさんの記事で結構楽しめましたが。

あと攻介を襲うカラスさんたち!飛行系能力はファルコで間に合ってるよ!(←そこツッこむのか・・・
Re:仮面ライダーウィザード感想 第37話
>>うむ!なんという当然の流れ。

情報操作とかそんなことが行なわれていた時代が鳥居坂にもかつてありました。

>>前回、せっかく守った壷を自らの手で割る事になってしまったコヨミちゃんに涙

魔法で修復できても良さそうな。
でも、そのためには新しい指輪が必要なのかな……魔法石というよりクレイジー価格なダイヤモンドが必要だったり。

フォークリフトは鍵がついてたなら、上下等の動作を試してみれば未経験者でも動かせないことはないでしょう。

九官鳥は、世が昭和なら住宅地や商店街でそれほど珍しくなく見かけられるものでしたが。
インコ等よりも弱い鳥で、吊り下げた鳥かごが風に揺れててもストレスでまいってしまうため、おなじみの四角い竹カゴに入れて置いておくのが通常なのだそうな。
価格も平成の現在は20~30万円くらいでも普通な、ちょい高級ペットとなってますので、本編中でカゴから出た九官鳥のシーン等に関してはCGもしくは人形or剥製を手に持った役者の演技力でカバーするのだろう……と前回から想定してましたが。
まさか部分的なアニメ使用のみならず、生身の役者の特殊メイクまで導入して来るとは予想外でした。
ラーム ベルゼバブの改造なのか~
スーツの改造や武器の使い回し(剣と槍)多い気がするのは気のせい?
リザードマン回の時と違って真実を伝えてああなってしまったのかな
それにしてもチンプイの写真はまともなのなかったのかw
コメント返信ッ!


>>石楠花さん



突っ走ったね。細かい事は無視して振り切りおったね。
あまり深く考えず見るのが正解の回かもしれない!


>前半で視聴率よかったから今回もみたいなこと書いてたんですけど、
 これで上がってもって感じですね(^^;


ビジュアル的には派手だったり、テンポの良い場面転換で
飽きの来ない感じではありましたが、ストーリー的にはちょっとねぇw
一時的な視聴率は上がっても、ずっと見ているファンとしては複雑な気分だわ。


>オチの部分はももクロ好きの石橋さんが考えたわけではなさそうですね


そうなのかー。諸田監督がヒビ割れをプラスしたとかそう言うのかなー?





>>TSさん



>かつての料理対決とか1000回記念と同レベルっていうか。
 コミック版功介には大笑いできたけどw


どんな作品にもこーゆー回があるのはなんでなんだぜ?
ヘブンズトルネード回レベルのモヤモヤ感でした。

でも、漫画化された攻介は面白かったですねw
けっこう似ているのがニクイぜ。
あの時の晴人と攻介の絡みも良かったわー。





>>ロペリドさん



なにげに攻介に大ダメージを与えたカラスぱねぇ。

確かに序盤向けのストーリーでしたよね。
凛子ちゃんと瞬平のサポーターコンビが活躍するのを早く見たかっただけに
ちょっと期待し過ぎてしまった感もあるかなー。





>>名無し@まとめいとさん



今回の話を見て絶望したゲート達がファントム化する…
つまりこれは、擬似的なサバトを再現するソラの作戦だったんだよ!!


>コウシエンやゴルフやゴリンより強敵だったぜ


マラソンとかネンマツとかもおる。





>>JUDOさん



微妙でしたねー。まぁ、たまにはこんな回もあるさって事で諦めるしか!

根本さんが絶望したら、なかなか強力なファントムでそうじゃね?
あの数多の絶望を内包した感じはファントムに向いてそうw

しかし、加賀さんはあんな感じで普通に生活を送れているのでしょうか?
見た目的にはいい歳してたので超心配。





>>バトライドウォーが良ゲー(しかもアプデの可能性アリ)になる事を
 全く疑わなかった55753。
 ・・・・・とりあえずウィザードの使い勝手の悪さもなんとかしてくれ!さん




ナイスライダーゲーでしたね。共闘してくれるサブライダーも使いたい!
ランドスタイル・ディフェンドの無意味さまで再現しているとは恐れ入ったわw


>最後にお遊びしたかったんだろーなーと勝手に思っているw


ですねー。ウィザードは基本シリアスだから、最後にはっちゃけたかったのかもなー。
って言うか、ストーリー的にはちゃんと消化しきれるのかと心配になるくらい
詰まっていると思うのですが大丈夫なのかしら?

話数も残り少ないですし、ここからはクライマックスな盛り上がりを期待したい!





>>ブレイヴゼロさん



「ブレイブも程ほどにな!荒れすぎにも注意だ!」
物語終盤でやる展開としては、ちょっとアレでしたねー。
面白い所もあるだけに残念なカンジ。


>飛行系能力はファルコで間に合ってるよ!(←そこツッこむのか・・・


カラスヘッドがついたマントもカッコ良さそうやん?w





>>あびらさん



>情報操作とかそんなことが行なわれていた時代が鳥居坂にもかつてありました。


木崎さん何してはりますのん?
なんかファントムの存在がオープンな感じになってきてますけど
もう隠蔽するのは諦めたのでしょうか?頑張れ国安0課。


>クレイジーなプライスのダイヤモンド入りの。


クレイジー・ダイヤモンド、プリーズ!!


>フォークリフトは鍵がついてたなら、上下等の動作を試してみれば
 未経験者でも動かせないことはないでしょう。


たとえ可能でも、やってはいけないことがそこにはある!


>まさか生身の役者の特殊メイクまで来るとは予想外でした。


加賀さんの人間態に意味があったのかはさておき
九官鳥って意外と高いんですね。そしてナイーブ。
ぶっちゃけ一瞬、九官鳥じゃなくても良かったんじゃないかと思いましたが
ゲートの元にペットとしてもぐりこむには九官鳥がベターなのかな。喋れるし。
キュー太のビックリ顔をCGで表現した頑張りは評価したいw





>>なるさわさん



ファントムの再利用、けっこう多いですよね。
そして、確かに武器の使い回しも多い気が…予算少ないの?
ファントムは武器持ちが多いから大変そうなのは分かるけどw

リザードマン回のラストはなかなか良かったですね。
凛子&瞬平コンビも華麗に締めて欲しかったぜ。


>それにしてもチンプイの写真はまともなのなかったのかw


実に瞬平らしくてナイスな指名手配写真でしたw




管理者のみに表示

トラックバック