ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

ドキドキ!プリキュア感想 第16話

2013.05.21 (Tue)

第16話 「レジーナ猛アタック!マナはあたしのモノ!」




今茶をいれよう(#16)




ありす
「レジーナちゃんだっけ?
立ってるのも何だから ここ座んなよ
お茶でも飲んで…話でもしようや…」


レジーナの傍若無人な振舞いにも決して態度を荒ぶらせることなく
終始大人な対応をしていたように見せかけて特製ありす茶を振舞おうとしていた
四葉ありす様の鋭い眼光を見逃しはしない!第16話。



気安く触らないで(#16)





あ…あの まこぴーの目…
養豚場のブタでもみるかのように冷たい目だ 残酷な目だ…
「いい気にならないで。
そんなホイホイ新しい女を受け入れる様な人に興味はないの。
汚い手で触らないで頂戴。」ってかんじの!


よほどの事がない限り、来るもの拒まずウェルカムなマナちゃんですが
まさか敵すらも受け入れるとは…レジーナに対して思う所があったとは言え
これには、さすがのまこぴーも怒りが有頂天であった。
でも、通学途中で人目も気にせず変身しちゃうのはどうなのかw
応援団とかもういないの?パパラッチとかどこで見てるか分からへんで!


「私、マナのことが気に入ったの。だから友達になってあげる!嬉しいでしょ?」
もはや自己中と言うより、ワガママ女王様のような振る舞いですねレジーナちゃん。
正面から堂々と友達になりに来る敵幹部…実にブレイブだ!
「ゴメンで済んだらプリキュアいらんのじゃい!」と息巻く六花ちゃんを華麗にスルー。


マナはマナで、まこぴーに振られて結構ショック受けてんのねw
せっかくデレていたまこぴーが、またツンぴーに戻っちゃったらそりゃへこむか。





おだま六花(#16)





新しい彼女が出来たんだから、過去の女はもうお払い箱なのよ!
正妻気取って余裕かましてる口喧しい女なんて、バッテンマークの刑ッ!
数々の奇跡を巻き起こすレジーナちゃんの指パッチン万能説。


レジーナは凄いストレートに感情をぶつけてきますね。
もちろん、自己中だからと言うのもあるのでしょうが
純粋すぎるからの行動とも受け取れる。
レジーナは、まだ何も分からない純粋無垢なだけなのかもしれない。
生まれたての赤ん坊のもつ、善悪の区別すらない無邪気さ的な。
アイちゃんとキャッキャしているのを見ると余計にそう感じる。


デート中に他の女の話をするのは、モテポイントマイナス2万!
…とは言え、「私の事だけ考えればいい」とか
「他の子は邪魔だから消しちゃえばいいんだ」とか言うセリフは
完全にヤンデレでありモテカワポイントマイナス5億!!





アイスウマー(#16)





(*´∀`*)アイスウマー!





本人が来いや(#16)





てっきり、桃まんが入っているのかと思いきやオムライスだったのか。
マナちゃんの手作りなのに、直接手渡されなかったというだけでこの表情…
これ、まこぴーもヤンデレの気質あるんじゃないかな?w


マナちゃんが愛をふりまき過ぎた結果、各ヒロインの好感度メーターが
とんでもないことになっている予感がキュンキュンするぜぇ…!!





マナ号泣(#16)





ロゼッタリフレクションが破られた…だと…!?




いくらレジーナが強制的に作ったジコチューが強力だからって
新技が破られるペースが早くね?
あれかしら、ロゼッタリフレクションは広範囲をカバーする分
純粋な防御力はロゼッタウォールより劣るパターンかしら?
うんそうきっとそう、カッチカチのロゼッタウォールなら防げたに違いないモジャー。
同じ攻撃をソードが手刀で切り裂いちゃってましたけど気のせいモジャー。

そもそも後ろにダイヤモンドとソードが居なければ
あの程度の攻撃は、体術を駆使して余裕で避けられるからねロゼッタちゃんは!
四葉流暗殺術奥義・ロゼッタ縮地で超余裕だからね!


「愛を無くした悲しい差し入れさん」から醸し出されるもの凄い違和感w
ビジュアル的には「缶ジュースさん」で良いと思うのですが
その辺、けっこー律儀ですよねキュアハートさんは。

そんな愛を無くした悲しい差し入れジコチューさんですが
レジーナちゃんとお揃いのスカートがついている事により
下から煽った時に、なんかパンチラしてるみたいでキュンキュンだよ!
ジコチュー元が男性なのにスカート履いてる時点でアレですが!
缶ジュースの中から、小さい缶ジュースが出てくるビジュアルが
シュールでありセクシャルなカンジなのであったw


本当の友達は本音をぶつけあうもの!
マナに自分の本音をぶつけて仲直りのきっかけをくれるまこぴーが男前。
そんなまこぴーの心意気に号泣しちゃうマナちゃんは意外と乙女なのねw

六花とありすは付き合いが長いだけに
マナが感覚で動くタイプであるという事を理解しているのですが
まこぴーはそうじゃない。
「私、マナがわからない。」と言いつつも最後は本音をぶつけてくれたまこぴーと
聞く耳を持たずに帰ってしまったレジーナちゃんの対比も含めて
各キャラの感情が動きまくったエピソードでしたがロイヤルクリスタルはおあずけ。

レジーナはそのうち仲間になりそうだけど、まこぴーとの確執は気になる所です。
マナちゃんがプリキュアハーレムを完成させる為には
2人に仲良くなってもらわないと色々と大変なのだ!(修羅場的な意味で





ジコチュートリオ漫才(#16)

ツマンネ(#16)





冒頭でトリオ漫才をやって酷評された挙句
そのまま出番が無かったジコチュートリオに涙が止まらない…(´;ω;`)




コメント

第16話「六花(軽い…私の扱いが軽い…)」
差し入れジコチュー

それ押し売りやないか!


レジーナちゃん

まぁ、純粋が故の残酷さってありますからね。
話の転び方次第では「トチ狂ってお友達にでもなりにきたのかい!?」みたいな展開になったりしてネw(中の人的な意味で)

スルーされる六花さん

あ、あれ…?10年前の30分前の世界のダイヤの人(後の校長先生)の顔がよぎったような…?
コメント返信ッ!


>>TSさん



>「六花(軽い…私の扱いが軽い…)」


盛大に吹いたw
まこぴーとレジーナちゃんが争う中
着々と存在感がなくなって行った六花ちゃんが泣けるで!
マナちゃんは、もっと六花ちゃんの存在の重さを感じてあげて><


>話の転び方次第では「トチ狂ってお友達にでもなりにきたのかい!?」
 みたいな展開になったりしてネw(中の人的な意味で)


レジーナの行動はまさにトチ狂ってお友達になりにきたわけであり
だいたいあってるといっても過言ではなかろうカテジナさん?



Re:ドキドキ!プリキュア感想 第16話
レジーナちゃんテラジコチュー。さすがキングジコチューの娘!
プリンセスジコチューともいえるそのジコチューさ!そこに痺れぬ憧れぬぅ!……(でもかわいいからEか!(^ω^)
レジーナちゃんが王国侵略に加担したかどうかはさっぱりなのでマナのレジーナちゃんとお友達宣言判断はベターではあったかも。
とりあえずプリンセスがいるということはクイーンジコチューも……?

はいはい今週のロゼッタさんのかよわいアピール乙乙ロゼッタリフレクションがなくてもロゼッタストライク(物理)で余裕でしたなのはみんなわかってますからねHahaha!ありす様のお優しさにひだまりポカポカしましたよぼかぁ……!
Re:ドキドキ!プリキュア感想 第16話
まこぴーに続いてレジーナ登場で、六花ちゃんのストレスがマッハ。
最終回までに何回この書き込みをすることになるんだろうか…
比喩のツバメが死んでしまう事を考えると、いまから心配でなりません。

レジーナは実際幼稚園くらいの精神年齢ですかね。
嫉妬ではなく、自分以外の子と遊ぶ理由がわからないというのは、純粋がゆえでしょうし。

しかし、ここまでレジーナのキャラを掘り下げたのなら、レジーナ≠女王様であってほしいですね。
仲間になるにしても、女王だからとか女王の一部だからではなく、レジーナ本人をまこぴーが受け入れて仲間になってほしいものです。

ロゼッタリフレクションはその名の通り、反射機能付きなので、純粋な強度はウォールのが上と予想。
やはり、カッチカチのロゼッタウォールで直接殴るのが、ロゼッタの最強技なんではないでしょうか。

冒頭のジコチュートリオの尺の短さは、中の人的に考えると、とんでもなく贅沢な使い方と言えるんではなかろうか。
女子の友達付き合いって大変そうですね…
マナハーレムの攻略難易度がまた大幅に上がりましたね。

ロゼッタリフレクションの件はたぶんあれですよ、
爆発する弾で広範囲を絨毯爆撃されると、バリアの横をすり抜けて足元で炸裂する弾があるからダメージを受けちゃっただけであって、
バリアその物の強度は問題なかったと予想。
どっちみち構造的欠陥なのかもしれませんが…

しかし噂の新プリキュアは一体誰なんでしょうね…かるたクイーンなのか、ジョー岡田なのか。
どっかではジョー岡田にラビーズを貰ってたという共通項から早乙女純くん説も出てましたね。



余談:
ダディ以外(特にカリスとレンゲル)はオンドゥル語のバリエーションが少ないので、六花回じゃない時はネタのチョイスに毎回苦労します。
ttp://touch.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=35893265
コメント返信ッ!


>>マナの友達55753人がレジーナちゃんのせいでピンチ!さん



>とりあえずプリンセスがいるということはクイーンジコチューも……?


なん…だと…!?その可能性は考慮して無かったわ!
レジーナちゃんのママも、キンジコ様のように巨大なんですかね?
って言うか、キングな自己中とクイーンな自己中の関係なんて
絶対上手くいかないですよねw

やはりキングジコチューに洗脳されているパターンとかかな?
娘と言うのもフェイクだったり?


>はいはい今週のロゼッタさんのかよわいアピール乙乙


全て計算づくだったとは、さすがロゼッタ様やでぇ…!
確かにバリアに頼らなくても十二分に強いのは
マーモビースト戦で明らかになってるからなぁw
もうカワイコぶりっ子しなくても良いんだよ?ありすちゃん!





>>かえらにぱぁ☆さん



>まこぴーに続いてレジーナ登場で、六花ちゃんのストレスがマッハ。


幼馴染歴の長い六花ちゃんにとっては、このくらい日常茶飯事であり
ストレスを感じる事などすでに超越しているのだ!
結局マナは私の元に帰ってくる…そんな自信に裏打ちされた六花スピリット!


>しかし、ここまでレジーナのキャラを掘り下げたのなら、
 レジーナ≠女王様であってほしいですね。


今回はがっつりレジーナ回でしたね。
彼女が仲間になるのはほぼ確定って感じですかね。
仲間になる時は各キャラの心情をちゃんと描いて欲しい所です。
女王様候補はアイちゃんがいるので心配はない。と思うw


>やはり、カッチカチのロゼッタウォールで直接殴るのが、
 ロゼッタの最強技なんではないでしょうか。


カッチカチのロゼッタナックル早よ!


>冒頭のジコチュートリオの尺の短さは、中の人的に考えると、
 とんでもなく贅沢な使い方と言えるんではなかろうか。


コントをやらされるだけのベテラン勢の気持ちって…w





>>魚座間さん



>マナハーレムの攻略難易度がまた大幅に上がりましたね。


基本的にヒロインはみんな好感度高めでスタートするけど
ハーレムエンドを目指すと途端に難易度が急上昇するカンジ?


>バリアその物の強度は問題なかったと予想。


接触すると爆発する系の攻撃はリフレクションとは相性悪そうよね。
跳ね返せ無さそうだし。微妙な大きさも逆に使い辛いかも知れない。
やはりロゼッタウォールが最強か…!


>どっかではジョー岡田にラビーズを貰ってたという共通項から
 早乙女純くん説も出てましたね。


ただ単に、純くんが岡田の好みのタイプだっただけだと予想w


>六花回じゃない時はネタのチョイスに毎回苦労します。


とか言いつつ、マスクに小ネタを入れる手腕にシビれるゥ!

「あの子、根っからの悪い子だと思えないんだ。
あの子の笑顔を見たら…」

いい台詞だ。感動的だな。だが無意味だ。
次回、レジーナちゃんが襲いかかってくるのが楽しみでならんわ!




管理者のみに表示

トラックバック