ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

ドキドキ!プリキュア感想 第13話

2013.04.30 (Tue)

第13話 「ついに発見!?王女様の手がかり!」




レジーナ
「私、王女様のように綺麗だから来てあげたんだけど!?」





来たわよ(#13)

変な子きた!(#13)


変な人来た!




変な子来た!急に来た!
このままローズレディコンテストに出場するのかと思いきや
華麗にフェードアウトして行ったレジーナちゃんがついに来た!
指パッチンで薔薇を枯らせた件についてもっと突っ込めよと思いつつ
みんなの一歩引いた態度と、冷えた目線を見るに
ぶっちゃけあまり関わり合いたくなかった感が丸出しであった第13話。



五星麗奈ぐぬぬ(#13)





そう言えばトランプ王国の王女様探しとかありましたね。すっかり忘れてたよ!
闇雲に手がかりを捜すより、アイちゃんの件も含めて
ジョー岡田を、尋問及び拷問した方が手っ取り早い気もしますがw


メンバーが途方にくれる中、王女は薔薇が好きというピンポイントなヒントに対し
狙ったようにローズレディコンテストの情報を提供するとか
相変わらずセバスチャンの手腕が凄すぎて、なんかもう逆におっかないわ!
しかし、トランプ王国の王家の庭にしか咲かない黄色い薔薇が賞品となれば
ローズレディコンテストに出場せざるを得ない。


五星に咲く一輪のバラ!五星麗奈様降臨ですわよ!!
場違いなお猿さんが迷い込んでいると思ったら、ありすさんのお友達でしたの?
今をときめく超人気アイドルのまこぴーだろうと
麗奈様の前ではモンキーなんだよ、ありすゥゥゥッ!!


登場早々、煽りまくったのにビクともしないしない、ありすお嬢様に
即行で、ぐぬぬ顔を晒すハメになった麗奈様から漂うポンコツ臭が素敵です。
キレなかったありすを見て、ホッと胸をなでおろすマナ&六花の姿を見ると
彼女達の中でもビーストモードのありすは軽くトラウマなのか・もw





邪悪な企み(#13)





な、何ィィィ~~~ッ!!?
ピアノの上に猫が寝ていて演奏できないだとォォーーーッ!!?


…いや、どかせよ。猫を。


なぜか猫をどかさない事が前提で話が進んでいくワケですが
猫が寝ている部分の鍵盤をさけた曲を即興で作曲して演奏して事なきを得るとか
どんだけハイスペックなんだよありす様…。
って言うか、猫ぜんぜん起きないじゃん。やっぱ普通にどかしたらよかったねん。


コンテストの競技中に、次々と妨害工作を施してくる麗奈様の悪逆非道っぷり!
自分の手は汚さずに、手下に指示して高笑いする姿は、まさに悪鬼の所業!
あぁー…悪い顔してるゥ!悪い顔してるよあのお譲様!!
…まっ、全部に回避されるんですけどもね。
あのメンバーが、この程度の嫌がらせでどうにかなるわけなかろうなのだ。
ダンス時のドレスがエロ可愛かろうなのだ。


それにしても、ありすは友達をバカにされたり傷付けられたりすると
我を忘れてキレてしまうという事実を知った上で
あえてキレさせようとする五星麗奈さんの気が知れないんだけど…。
なぜそんな眠れる獅子を叩き起こすようなマネをするのか。
己の命を犠牲にしてでも、優勝したい大会があるということか…!





泥水すげぇ(#13)





泥水の量ハンパねぇぇぇええ!!?




ちょっとぶっかけるとか、そう言うレベルの量じゃない。
水圧で押し潰されそうなほどにスプラッシュ!!
バケツ2杯から出てきたとは思えないほどの量を受けて
無事だったのが奇跡的なくらいですよコレ!


試合中のありすには目潰し太陽拳をくらわしつつ
まったく関係の無い3人に泥水を浴びせかけるとか
まさに地獄の鬼すら反吐吐く所業!
…って言うか、これって普通に障害事件なんじゃね?


決勝戦の種目がテニスだったから良かったものの
ガチンコステゴロ対決だったら、これまで静かに溜めた怒りを解放したありす様に
開始数秒で脊髄を引きずり出されてフェイタリティなのは確実だぜ?
ありすちゃんの1080式波動球で観客席外までホームランされて
全身血だるまバッドエンドにならなかっただけでも神に感謝するべきであろう。





マーモ
「バリアしかないロゼッタなど怖くないわ!」

「ちょ…ちょっと話ちがくない!?」






ビオランテマーモ(#13)





攻撃技を持たないキュアロゼッタなら楽勝…
そんなふうに考えていた時期もマーモさんにもありました。


大切な人を、仲間を守るために力を使う事に、もはや躊躇はない。
そして、その力を持ってビオランテ・マーモを葬るのに罪悪感なし!
ロゼッタ様が構えをとったらもうアカン!本気や!!
プリキュアの力でパワーアップした四葉流暗殺拳はもう止められないんや!!
あの貫手で喉笛を一突きですね、わかります。


アイテムとか技とか使うまでもなく徒手空拳でマーモを圧倒するロゼッタパネェ。
マーモさんのあれ…一応ビーストモードなんだぜ…。
他の3人が脱出不可能な触手捕縛を、なんなく力任せに粉砕し脱出
さらにロゼッタリフレクションを飛び道具として射出すると言う荒業まで披露!
そのうち気円斬みたいなカッターとして使いだしそうでキュンキュンしますね。





もうありすだけで(#13)





薔薇の怪物が出現したのに普通に終わったっぽいコンテストェ…。
またあれかーセバスチャンがイベントの出し物でした的な感じで収めたのかー?


レジーナとの出会いに始まり、ありすの幼馴染・五星麗奈の登場
審査基準が謎だらけ&妨害工作黙認祭りのコンテスト
王女の手がかりである薔薇から生まれたラビーズに、それを見ていた謎の鳥…
気になる点や、雑だった部分は多々あれど
まこぴーに褒められて照れるありすが可愛かったのでなんかもう良しッ!!


でも、麗奈ちゃんに何のフォローもなく終わってしまったのは残念ですね。
ありすが全て許して、2人が友達になるシーンがあっても良かったなと。





レジーナ
「休みたいなら永遠の休みをあげるわ。つまり、首ってことだけど。」






キングジコチュー娘(#13)





辛辣ぅ~!レジーナちゃん辛辣ぅ~~~!!




だが悪の組織的には、役に立たない部下は処分されるのが掟であろう所を
普通に首という部分に、まだ優しさを感じる…かも。
…首って、首を掻っ切るとかじゃあないよね?


それにしても、キングジコチューさまの娘でしたか。
現状トランプ王国で、バカでかいオブジェみたいになってるキンチュー様ですが
本来はレジーナちゃんと同様に、人間っぽい外見してんのかね?
それともレジーナちゃんも成長したら巨大化すんの?巨女ブームくんの?
いつくるの?今で(ry




コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re:ドキドキ!プリキュア感想 第13話
自分より美しいものは嫌いだったり美しいものだから来てくれたりキングジコチューの娘アピールをししつやっぱり出番の少ないレジーナちゃん。しかし中二キャラとは最近の女の子の悪役としても珍しいタイプw

玲奈さんから漂う昭和臭いびり攻撃wやめるんだ!ありすさんを怒らせたらこの世の終りや!!
覚醒ロゼッタマジヤバイ。盾で直接攻撃もついに登場、マーモさんビーストモードを素手かつ一人で余裕で摘み取りw
・・・いままでの「きゃあ(w」は真の姿を隠すための仮の姿だったんや・・・・!これがお嬢さまの真の姿・・・!これを味わいたいとか玲奈さんは命知らずのドMすぎやでぇ・・・・!そしてありす様の今後のキャラ方針も
決まってしまった気がするwww・・・ロゼッタリフレクションで攻撃できるならやっぱりロゼッタウォールも・・・・;
マーモビースト、見た目は唯一まともだったのに、「薔薇でバラバラ」とかわざわざ言わなくても…
ビーストモードを使うには、どこかでガッカリ感を出さないといけない制約でもあるんですかね。

何やら色々と伏線が出てきましたが、どう繋がってくる事やら…
個人的には、キングジコチューの娘であるレジーナに対して、アイちゃんが警戒したり泣いたりせずに普通に笑いかけてたのが気になりますね。



余談:
ライダーキック全般に言える事ですが、レンゲルのキックは特にスカートの女性がやったら駄目な技ですね。
ttp://touch.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=35420183
ラブハートアロー「バリアだろうと、打ち出せます。自分、弓矢ですから」
麗奈もお嬢様である以上武術全般を修めてる可能性はあり、決勝がテニスではなく格闘技だったらありすも負けてたかもしれません。
「小学生以来ブランクのある四葉とは違うのだよ、四葉とはぁ!」

武器を持っていないという事は、武器を持つ必要など無いという事。
ロゼッタを前線に引っ張り出してはいけない!
コメント返信ッ!


>>プリプリマンさん



もういんのかよ!偉大な先人がいたもんだよ!w





>>レジーナちゃんはキング・ジコチューさまの娘なのに
 全長55.753mくらいあるわけじゃないのねさん




レジーナちゃんってば本気出すと巨大化するタイプ?

あれは中二病キャラだったのかw
確かに発言は中二病丸出しでしたね。それにしても何しに来たのか…。


>玲奈さんから漂う昭和臭いびり攻撃wやめるんだ!
 ありすさんを怒らせたらこの世の終りや!!


取り巻きの連中といい、実にステレオタイプなライバルお嬢様だったのぅw
しかし、ありす様を怒らせようとするとか命知らずにも程があるで!


>マーモさんビーストモードを素手かつ一人で余裕で摘み取りw


触手捕縛を余裕で抜けられるってことは
本気出せば最初の徒手空拳の一撃で
マーモビーストの首をはねる事も可能だったと思われ超おっかねえ!!

ロゼッターウォールを手裏剣の様に扱う日がくるのも遠くはあるまいて…!





>>魚座間さん



薔薇でバラバラは、マーモさんが思いついた渾身のギャグだったんや…!
誰も何も反応してくれなくて寂しかったに違いあるめぇ。
薔薇の花から顔が出てるのもちょっとシュールだった気がした私であったw


>アイちゃんが警戒したり泣いたりせずに普通に笑いかけてたのが気になりますね。


あれ気になりましたね。操られているパターンもあるのかな?


>レンゲルのキックは特にスカートの女性がやったら駄目な技ですね。


もはやアローであることを放棄したラブハートアローの存在感w
パンツじゃないから恥ずかしくないサービスカットに泣けるでぇ…。





>>ロペリドさん



弓矢とは矢だけを撃ち出す道具では無いという事を
ロゼッタちゃんが教えてくれましたw


>「小学生以来ブランクのある四葉とは違うのだよ、四葉とはぁ!」


麗奈ちゃんが現役で格闘技を習っているとすると案外良い勝負が出来たかも。
石で出来たリングがボロボロになるほどスパーキングなバトルを期待!

>武器を持っていないという事は、武器を持つ必要など無いという事。


構えをとる姿は、まさに覇王の貫禄であった。



拍手コメント返信ッ!


>>Hadukiさん



私もダイレンは見ていませんが
ゴーカイのダイレン回も、アキバレンジャーのダイレン回も大好きです。

氷青さんと言われてピンと来なかったのですがえりかのママでしたか。
って言うか、氷青とかれいかさんの事かと思ったわ。

テニスは普通でしたねw
薔薇とテニスの関連性が不明ですが、淑女の嗜みという事でしょうか?
今回は、ありす回として見ると内面描写がちょっと物足りなかったですよね。
友達思いの件はもっと丁寧にやって欲しかったかも。

レジーナとアイちゃん、薔薇からラビーズ、謎の鳥と
伏線をバラ巻きすぎな気もしましたね。薔薇だけに。(ドヤァ



Re:ドキドキ!プリキュア感想 第13話
好意的なコメを寄せている人が少ないっていうのが一番ダメ。穿ったり、やや斜めに傾いた姿勢で見ているのは、アニメを見る姿勢としては不適格
主な対象は幼女だし、下手にフィルターかけて見ても面白みなんて沸かないし、見ていても楽しめないでしょう?こういう変に傾斜した精神で見ている人が寄せる感想には、参考になりそうなものなんてないに等しい。もっとオープンになろうよ
コメント返信ッ!


>>名無しさんさん



アニメを見るに適格な姿勢というのが分かりませんが
別にどう見てもいいんじゃないの?それこそフィルターなんてかけずに。
こういった視点で見なければならないなんて決まりはないし
基本的には、趣味はもっと自由であるべきだと思うんだけどね。

もし私の言動にお気に触る点があったのであれば謝罪いたします。




管理者のみに表示

トラックバック