ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第6話

2013.03.30 (Sat)

ブレイブ6 「ストップ! うたうキャンデリラ」




キャンデリラリサイタル(#6)




デーボス軍の歌姫、喜びの戦騎妖精キャンデリラ様の美声に
万雷の拍手をおくれ世の中のボケども!
…歌で人々を幸せにするって素敵な事じゃね?
次のコンサートではデーボス軍幹部バンドでお願いしたい第6話。




ラッキューロ
「あのモンスターのせいでケーキ屋さんが虫歯くんになっちゃったんだよね…。」


キャンデリラ
「そうねぇ…よし!こうなったら歌いましょう!!






私の歌を聞けー!(#6)






いや、その理屈はおかしい。




いやいやいやいや、なんで急に歌い出してんのよ。
なんだよ「こうなったら歌いましょう」って、どういうことなの。
「モンスターのせいでケーキ屋さんが虫歯くんになっちゃった」の時点で
ちょっとアレですが、それに輪をかけて「こうなったら歌いましょう」ときたもんだ。
そもそも、こうなったら歌うしかない状況ってのがそうそう無いと思うので
全体的に、なに言ってるのかちょっとよく分からないですw


唐突に始まったキャンデリラリサイタル!!
キャンデリラ&デーボ・ウイルスンのコラボレーションで
眠りの中でキャンデリラの甘美な歌声に酔いしれた人間どもが
喜びのオーラを垂れ流し状態!デーボス軍本拠地の喜びの感情メーターも
ガンガンズンズングイグイ上昇の予感である。
眠りながら喜びのオーラを出しっぱなし…

つまりは、オネショしているようなものですね!(断定


それにしても、キャンデリラの歌がいろんな意味でなかなかイカス。
どうせならフルコーラス聞いてみたかったな。
キョウリュウジャーが戦っている間も、ワイプで歌ってれば良かったのに。
芸能人水泳大会みたいに。ポロリもあるよ。ラミレスの。


キャンデリラの後ろで演奏に加わっているラッキューロが可愛いw
オリジナルデザインのヴァイオリンを弾いていましたが
そのうちまた使いそうな予感。もしやメイン武器?







ラミレス
「ありがとう。こんなに真剣に心配してくれるなんて…私、死人なのに。」

「恋してしまいそうデース!同じ時代に生まれてたらもうメロメロ!
どこまでもついて行ったデース!!






私もう死んでマース(#6)





どこまでも憑いて逝ったDEATH !!




なにその取り憑いてやんよ宣言。軽く呪われましたみたいな。
幽霊に言われたらドン引きすること間違い無しのワードやでコレ。
いや、生きていたとしてもヒゲ外人のオッサンに言われたら
普通にストーカー宣言であり警察直行の流れに間違いなかろうて…!


幽霊だろうがスピリットだろうが惚れさす!!
この短期間で外人幽霊を落とすアミィお嬢様の小悪魔っぷりパネェ。
他のメンバーがアンキドン探しに奮闘する中、ラミレスを心配して戻ってくるアミィ。
キングやイアンとはまた違った角度から、気を遣えるのがアミィのいい所かな。
そんなに優しくされたら惚れてまうやろー!と、ラミレスもアッサリ陥落。
ディノチェイサー2人乗りの密着感がとどめであった。


すでに死んでいると言うのに、律儀にメットを被るラミレス吹いたw
…と言うか、やっぱり幽霊じゃないか!
なんなの?スピリットも額に三角の奴つけるの?







アミィ
「陰気で酷い歌、やめてもらうわ!!」


キャンデリラ
「聞いた~?辛辣ゥ~!!」






コンサートクラッシャーアミィ(#6)





コンサートなんぞブチ壊してやんよヒャッハー!!




コンサートクラッシャーアミィきた!これで勝つる!!
問答無用の銃撃でコンサートに乱入してくるアミィちゃんマジ世紀末。
畳み掛けるように、バイクで上空から押しつぶそうとダイビング!
からの~轢き逃げアタックでドーンである。


もう完全に殺りにいってますよねアレ。微塵の躊躇も感じられなかったもん。
テメーのハート型の頭蓋骨を、真っ二つに割ってやんよって感じだったもん。
「辛辣」どころの話じゃ無いですよ、完全に「滅殺」ですよ。


歌っていただけなのに、バイクに吹っ飛ばされて壁にめり込むキャンデリラを
ちょっぴり可哀想だなと思わなくも無いw アンラッキュー!





警備員アイガロン(#6)

警備員ドゴルド(#6)





コンサートを守るべく派遣されたアイガロン警備員とドゴルド警備員。
いくら喜びのオーラが手に入りにくいからといって
キャンデリラの思いつきで始まった作戦に巻き込まれるとか不憫な子達w
アイガロン哀しみの警備&ドゴルド怒りの警備だわね。


イアン&ソウジ対アイガロン、キング&ノッさん対ドゴルドは
かなりワクワクする対戦カードだったのですが、即行終了しちゃって残念。
まぁ、幹部2人ともあんまりやる気が無さそうだったし仕方ないかな。






ペラペラメロメロ(#6)



おりたたんで入っていったーッ!





ああああ あれはッ!?アンキドンの獣電池にーッ!!
ああ あんなスキ間に! ほんの4㎝×20㎝の細いスキ間に自分の肉体を…
おりたたんで入っていったーッ!



スキ間の大きさと言うか、そもそも獣電池にスキ間あんのかよ、とは思いますが
体を折りたたんで空気供給菅にもぐりこんだサンタナのよーに
ペラペラになって獣電池の隙間から侵入するアミィちゃん凄いな!!
ペラッペラやぞ!アミィちゃんペラッペラやぞ!!
あのペラペラっぷりは、サンタナと言うよりは
ソフト・マシーンの方がハマっているとは思うが、基本的にはどうでもいい。


幽霊どころかモンスターも惚れさす!!
スティメロの獣電池で、ウイルスンをメロメロに。
ペラペラになって侵入し、メロメロにして引っ張り出すという
人知を越えた戦いにもうブレイブが止まらないZE!
病を操るウイルスンが、恋の病に落ちてしまうのはナイス展開ですね。


…って言うか、もうこれ一本あればいいんじゃないかな?
全てのデーボス軍をアミィちゃんに惚れさせてメロメロにしちゃえばいいじゃない。
痴情のもつれで悪の組織を壊滅させる魔性の女になればいいじゃない?







アミィ
「デーボ・ウィルスン、治療の時間よ!」

「荒れるわよぉー!…止めてみなさい!!」






ピンクセンター(#6)

荒れるピンク(#6)





決めポーズでセンターをゲットしただけではなく
キングの決めゼリフまでぶんどるアミィちゃんブレイブ過ぎる…!!






デーボ・ウイルスン
「ピンクちゃん!この愛、わかってくれ!アイラブユー!!」


アミィ
「わかるわけないでしょ!!」


デーボ・ウイルスン
「短い恋…だった…」


ラミレス
「私もデース…。」






悪女アミィ(#6)





強制的に惚れさせた相手をカモーンしておいて
向かってきた所をキックで迎え撃った挙句、ドリルでズンである。
敵とは言え、操られていたとは言え、自分の為に戦ってくれた相手に対して
一ミリの温情もなくドリルで貫くとかアミィさんはホンマ容赦のないお人やでぇ…。
こっそり見ていたラミレスもドン引きするレベルであったw


恐竜絶滅の一因をつくった古株のデーボモンスターであり
あらゆる病気を操ると言うとんでもない能力をもっていたウイルスンが
こんなにあっけなく、そしてマヌケなやられ方をするとは…!
強そうに見えて強くない少し微妙なデーボモンスターだったな。


伝説のデーボモンスター・ヒョーガッキさんと同じく
ウイルスンも幹部級モンスター扱いでも良かったかも。
デーボ・バティシエを凶悪に変貌させた病とか
部下のデーボモンスターに打ち込めば強力無比ってカンジなのですが。


そもそも、人間を永遠に眠らせ続けるネムネム病が使える上に
あらゆる病をあやつれる時点で、凄いモンスターなんだけどね、超もったいねぇ。
前回のデーボモンスターなんて、美味しいケーキを作れるだけだぞ!







ラミレス
「私に任せてくだサーイ!
ありがとう獣電戦隊。お礼します。私とアンキドンで!
ブレイブイン!スピリットレンジャー!ファイヤー!!」


「鋼の勇者、キョウリュウシアン!!」






キョウリュウシアン(#6)





キョウリュウシアン出たーー!?




あ…あれ?変身前と変身後でスタイル違くね?
明らかに痩せてね?っていうか、なんかCGで誤魔化されたような気がw
あの豊満なボディを、無理矢理スーツの中に詰め込んでるのかな?
よく見ると胴周りがパンパンに見えなくも無いし
マスクの中では、ほっぺたがムギューってなってるんだなきっと。


なんという鮮やかなシアン。これは完全にシアン。
マスクのデザインも超カッコイイので
なんならノッさんの代わりにレギュラー入りしても良いのよw
2人ともムードメーカーのオッサンキャラだし。鎧の勇者と鋼の勇者って似てるし。
獣電池でダイレクトに変身するのは、ちょっとウルトラマンっぽいか・も。


幽霊だから手が出せない…そう考えていた時期が俺にもありました。
スピリットハンマーで巨大化したウイルスンを殴打するとは思わなかったわw
手は出せないけどスピリットでブッ叩きマース!!





キョウリュウジンマッチョ(#6)

マッチョポーズ(#6)





キョウリュウジンマッチョ!ムッキムキ!!




…ムッキムキ?
キョウリュウジンの右腕をアンキドンにしただけでキョウリュウジンマッチョとは…
なんだか、ステゴッチは貧弱なボウヤだったみたいじゃないですかー!


ビジュアル的にムッキムキ感はないのですが、マッチョと言い切るのがブレイブの証!
ハンマー&ドリル装備はマッチョ感を感じなくも無い…かな?w
ノリノリでマッチョポーズを決める4人に遅れて
恥ずかしそうに腕を上げるソウジくんの真面目っぷりが微笑ましくて萌えますねw


ウイルスンが二度と復活できないように粉々に爆砕していましたが
もしかしたらしぶとく生き残っていて、また500年後に復活するかも知れんね。
その時は、スッピリットと化したアミィちゃんに再び粉砕される予定。



今回と前回は、ラミレスとアンキドンを主軸としたエピソード。
前回はデーボ・バティシエを加え、イアンとソウジの和解。
そして今回は、ウイルスンとキャンデリラのコラボコンサート開催と
満を持してのアミィ単独回、さらにアンキドン加入と新たなカミツキ合体プラス
まさかのキョウリュウシアンまで登場したりで、実に魅せてくれました。
分かりやすくも入り組んだ、連続したストーリーの流れにシビれたぜ!!







ラミレス
「アンキドンをよろしくお願いしマース。
私は世界に散った他の獣電竜を捜しに行きマース。
また会いましょう。トリン、皆さん、シーユー、パワフルレディ。」






んじゃ行くわ(#6)

サイズおかしくね?(#6)





アンキドンが戻ったら成仏すると思った?残念!まだまだヤル気満々デース!
なにこの元気な幽霊。再登場する気満々だよ。全然昇天しねぇよ。
次に出てきた時は、獣電戦隊の一員として決めポーズに参加して欲しいもんだぜ!


「また会おう友よ。この黄金の地で!」とかキレイに締めたトリンを見て
基本的に見守ってるだけなんだったら
お前も世界に散った獣電竜を捜しに行ったらいいのに…
そんな思いが心をよぎりましたが、新たな「ブレイブ」の使い方を
視聴者に伝授する役目があるのでトリンは必要!必要です!!(必死)




コメント

Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第6話
当初恐竜の敵が喜怒哀楽ってどういう事なんやねん、ブレイブ?なんじゃそらぁ!とか色々ツッコミもあったけど、・・・・・あらやだ、すごい勢いで面白さがブレイブしてるじゃない!!?・・・コレがブレイブの力・・・・!

孤独な暦戦の戦士で自己犠牲も厭わなく陽気でユーモアがあってムードメーカーもこなす片言外人ラミレスがいいキャラすぎてブレイブすぎんだろ!一時離脱とかホントマジしみるわぁ・・・!もうずっとメンバーにいて欲しい。てゆーかもうキョウリュウジャーで一番好きよ私!!まぁ・・・このままだと微妙に立ち位置かぶってるブルーの存在感をガブリンチョするかもしれんから仕方な(ry

しかしそのラミレスすら顔面シアンブルーにした魔性の女、アミィのあざと恐ろしさはブレイブすぎて
恐ろしいぜ…!相手は獣電池で惚れているとはいえ男の純情をドリルで貫くとは最早ドリルのドはドSのド状態である。…一応いいことしようとしたキャンデリラのほうと悪役交代しても遜色ないレベルとは
いったいどうすればええんや・・・・よし!

こうなったら歌いましょう!!

さあ始まるぜプラネットダン(ry
恐竜絶滅説四天王の二人目は、津波じゃなくて伝染病でしたか。
この分なら火山と隕石もそのうち出てくるんじゃないかと割と本気で思ってる今日この頃。
というか現在は火山活動と隕石衝突以外の説はほぼ否定されてるので、
たぶん古代デーボモンスター組はこっからが本番ですから。
氷河期とか伝染病は古い説だから扱いも微妙だったんですよ…多分。


キャンデリラの歌はなかなか良い洗脳ソングでしたね。メロディが頭から離れません。


獣電池を使うまでもなく、古代の恐竜戦士をメロメロにした上にドン引かせるアミィさんは天然スティメロでありマジブレイブ。
スティメロの元ネタ・スティラコサウルスがドリケラの元ネタ・トリケラトプスと近縁なのも掛けてあるんですかね。


>「また会おう友よ。この黄金の地で!」
やだ…トリンかっこいい。
ルックスがイケメンな上にセリフまでカッコいいとはさすがトリン。
あとは活躍…活躍さえしてくれれば…ッ(泣
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第6話
『うえきの法則』という能力バトル漫画で、「相手を眼鏡好きに変える能力」という、一見しょうもない能力が出てきましたが、ラスボスさんは脅威に思って真っ先に潰そうとしてきました。
それだけ、こういう洗脳系能力は恐ろしいっちゅうことですよ。

しかし、「ピンクちゃん」って呼び方はなんかエロ中年っぽい!w
500年も頑張ってきたのにこの最期とは、ウィルスンさんマジ不憫。

でもほんと、この獣電池は使える!
1個だけ好きな獣電池を貰えるなんてことになったら、絶対にコレを選ぶぜ!w

思いつきの作戦で幹部連中が総出撃とか、やっぱ悪の組織としてはかなりのホワイト企業ですね、デーボス軍。
まあちょっと愚痴ってもいましたが、あれはそういう感情持ちだから仕方ないよね。

キョウリュウシアンねぇ。
500年前の戦士だから先代ブルーとかでも良かったんじゃない?
なんで水色なんて選ばれたんだろ?w
アンキドンの持ち色だからか。

「黄金の地」って表現また出てきましたが、単にジパング的な意味で使ってるのか、それとももっと深い意味があるんでしょうか?
ハンマーを持てば、誰でもマッチョ!
シアンの登場には、驚きました。
先週の時点で予想できたのに!悔しい!

変身するとき、最後にスーツがギュッとなりましたよねw
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第6話
↑ スーツがギュッ


キレンジャー「ガタッ」

イエローオウル「ガタッ」

キバレンジャー「ガタッ」
Re:獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第6話
>「恋してしまいそうデース!」

これを相手に言った人って、その時点で実際は惚れてるわけですが。しかしその後のアミィの暴れっぷりにラミレスさんドン引きで吹きましたw
もはやどっちが悪役かわかんねえw。まあ、人類守ってるんだし手段も選んでられないか。。。


>あ…あれ?変身前と変身後でスタイル違くね?
ウィ。たぶん100人中100人が思いますねw

「ラミレス、変身したときお腹はどうなってるんだ?」
「それは聞かないで下サーイ・・・」

スピリットだから、きっと外見も自分のイメージで変わるんですよ。戦闘形体だと気が引き締まって体型も引き締まるんですよ!ということで何とか・・・。
コメント返信ッ!


>>史上初のシアンレンジャーで歴戦の戦士で惚れっぽくて冷めやすく
 変身するとウエストがブレイブするキョウリョウシアンを見習って
 めざせウエスト55・753cmさん




なんというスレンダーなウエスト。峰不二子まであと一歩である。

キョウリュウジャーは破天荒な見た目に反して
ストーリーのベースはシッカリしているイメージです。
このへんは三条脚本の安定感と言っても良いのではなかろうかー。


>孤独な暦戦の戦士で自己犠牲も厭わなく陽気でユーモアがあって
 ムードメーカーもこなす片言外人ラミレスがいいキャラすぎてブレイブすぎんだろ!


そう言われると凄い男だラミレス…!
はやりノッさんの代わりにブルーポジションをゲットしても良かった逸材か。
キョウリュウシアンのスーツもあるし再登場は固いでこれ!


>男の純情をドリルで貫くとは最早ドリルのドはドSのド状態である。


ドSのド吹いたw
アミィにドリルは凶悪すぎる武装だという事がはっきりとしましたね。
最近のお嬢様キャラは武闘派ばかりで困るでランス。

銀河に響けキャンデリラの歌声と、ウイルスンの断末魔!!





>>キョウリュウジャーになると無駄すぎる恐竜トリビアを
 長々とひけらかしてしまう病患者の魚座間さん




>というか現在は火山活動と隕石衝突以外の説はほぼ否定されてるので


まままマジでー。ヒョーガッキとはいったい何だったのか…。
となると火山タイプと隕石タイプのデーボモンスターは確実に出てきますね。
個人的にはデーボス様が隕石だと思うので、期待できるのは火山だけになっちゃうけ・ど。


>キャンデリラの歌はなかなか良い洗脳ソングでしたね。メロディが頭から離れません。


あの声であのテンションであの歌詞を歌われると脳がキュンキュンしちゃいますわ。
ばっちり作りこんでいそうなので、そのうちフルコーラスくるで!


>スティメロの元ネタ・スティラコサウルスが
 ドリケラの元ネタ・トリケラトプスと近縁なのも掛けてあるんですかね。


スティメロの獣電池がピンク基調なのもそのためかしら。
ちゃんと考えられてるのね。魚座間さんの恐竜トリビアも含めて感心しちゃうぜ!


>ルックスがイケメンな上にセリフまでカッコいいとはさすがトリン。


声もカッコいいんだなコレが。まぁ、活躍の場面はあまり巡ってきませんが…。
もっと頻繁に獣電池を投げるしかねぇ!





>>Tarutoさん



>「相手を眼鏡好きに変える能力」という、一見しょうもない能力


凄い能力だー!!
使用者がメガネをかけていれば強制チャームと変わらない脅威の洗脳術じゃないかそれ!
っていうか、「変態だー!」AAの元ネタなのかな?
うえきの法則はちょっとしか知らんのよね。
メロメロと言えばハンコックな私はジャンプっ子!


>しかし、「ピンクちゃん」って呼び方はなんかエロ中年っぽい!w


さすが太古から活躍するデーボモンスター。センスも太古ということか!


>思いつきの作戦で幹部連中が総出撃とか、
 やっぱ悪の組織としてはかなりのホワイト企業ですね、デーボス軍。


なんだかんだ言いながら手伝ってくれてましたからねw
百面神官カオスもけっこう出来る幹部なのかもしれない!


>なんで水色なんて選ばれたんだろ?w アンキドンの持ち色だからか。


っぽいですなぁ。
…と言うか、ガブティラ達が認めたのは億千年の歴史上初ってことになるのかな?
トリン頑張れトリン。

「黄金の地」は結構ちょくちょく使ってきてるので意味はありそうな予感。
キョウリュウスピリットが集中するとかそーゆー土地かも知れんね。





>>ロペリドさん



>変身するとき、最後にスーツがギュッとなりましたよねw


一度、太っちょなフォルムで変身してからギュッと絞りましたねw
なんでしょうかあの機能。中身はパッツンパッツンなのかしら?
顔面もどう考えても収まっていそうではないのがブレイブだぜ。





>>3月29日早朝、可愛がってた野良猫が目の前で息絶えた
 (ドーナツを添えダンボールにいれ、工場隣の焼却炉で火葬)
 哀しみを背負い無双転生するがごとく
 非情なこの世の荒波を抗い生きるプリプリマン(26歳)さん




見取られて逝けたのはせめてもの救いだと信じたい。猫ちゃんに合掌。
無双転生を修得するほどの悲しみを背負ったプリプリマンさんにもエールを送ろう。

相変わらず20台半ばとは思えないネタチョイスには疑問が残りますがw
変身するとスリムになるのはゴレンジャーからの伝統芸能なのねー。





>>ヒツジさん



>もはやどっちが悪役かわかんねえw。
 まあ、人類守ってるんだし手段も選んでられないか。。。


世界を守るためといわれたら仕方ないといわざるを得ませんが
それでも、強制的に惚れさせて容赦なくドリルで貫くってのは
どうみても悪の組織の幹部の手法やでおっかねぇやw


>「ラミレス、変身したときお腹はどうなってるんだ?」
 「それは聞かないで下サーイ・・・」


宇宙警察地球署のボスみたいなパターン?


>スピリットだから、きっと外見も自分のイメージで変わるんですよ。


なんなら通常状態もスリムにしたら良いのにねw
いや…ラミレス本人があのフォルムを気に入っているのか?
ちゅーかスピリット設定の便利さがブレイブ過ぎるゥ!




管理者のみに表示

トラックバック