ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

ドキドキ!プリキュア感想 第1話

2013.02.04 (Mon)

第1話
「地球が大ピンチ! 残された最後のプリキュア!!」





ドキプリ(#1)




1話目から最終回みたいなサブタイトルで
ドキドキさせてくれるドキプリにレッツラブリンク!第1話。




セバスチャンでけぇ(#1)





人望の厚い生徒会長でスポーツ万能な美少女という完璧超人が主人公…だと…!?
通常は2~3キャラに分けそうな属性を1人で所持しているような
なんともハイスペックなキャラですねマナちゃんは。
優等生な主人公プリキュアと言うだけでも新鮮な気がするぜ。


六花ちゃんは、通常状態とメガネ状態をコンバートできる
ハトプリのつぼみを彷彿とさせる一粒で二度おいしいキャラですね。
放送前の私的好感度は六花ちゃんがトップだったのですが
いざ第1話を見てみたら見事に真琴ちゃんにハートを射抜かれた。
理由は良く分からないがなんとなく保護してあげたくなるカンジ。
アイドル設定が無くても十分なくらいキュート。
よしこうしよう、その飲みかけのエースティを私によこしなさい。(提案


天然っぽい、ありすお嬢様はまだ良く分からんが
カイゼルヒゲがハンパない執事のセバスチャンは
そのうち暗殺術を駆使して戦闘に参加しそうな雰囲気を感じるゥ。
服を脱ぐと傭兵時代に拷問で受けた傷が体中にあるに違いねぇ。


各キャラクターとも濃そうで良いカンジ。早く4人揃っての絡みがみたい所。





田中ズ(#1)

オッサンかっけぇ(#1)





第1話から幹部級が2人も出撃してくるとかずるくね?
敵幹部が田中真弓さんと田中敦子さんなのには驚いた。凄いメンバーだわ。
OPに出てきた、ヴェルゴさんみたいな渋いオッサンの声は誰だろうか。
田中信夫さんで、トリオ・ザ・タナカとかどうかしら?無駄無駄ァァッ!(OVA版





ライダーみたいな流れ(#1)





どんなトラブルにあっても決して慌てず心を乱さない順応性に
誰に対しても公平に接し、困っている人を見捨てない優しさを持ち
1kmもあるタワーを短時間で登りきる身体能力を兼ね備えた上に
バケモノ相手に臆することなく説得をかますド根性満点なハートの強さと
仮面ライダーチックな変身ポーズを決めちゃうサービス精神をも内包した女の子…
それが相田マナちゃんなんだよね!万能すぎるだろコレェ…。


巨大なカニが暴れていようと、妖精が話しかけてこようと
驚く素振りすら見せずに「もう慣れた」の一言で片付けたり
変身しろといわれて「わかった、とにかくやってみる。」とアッサリ受け入れるとか
もの凄い適応能力だ…なんなら展望台からの景色を楽しむ余裕すらあると言うね。
もはやどこでも生きていけそうなバイタリティを感じるぜ。





キュアエクスカリバー(#1)





キュアソード…一体何者なんだ…!!





ハート様変身(#1)





展望台の天井に開けられた穴から、屋上に這い出ていましたけど
あの高さをどうやって登ったのか…
さらにカニに吹っ飛ばされて、地面でバウンドして鉄柵に直撃するという
病院直行コースの一撃を食らったにも関わらず
わりと平気な顔でピンピンしているマナちゃんの頑丈さが凄い。
もう生身の状態でも十分強そうですがどどうなのか。脱ぐとムキムキですか?


「みなぎる愛!キュアハート!愛をなくした悲しいカニさん。
このキュアハートがあなたのドキドキ取り戻してみせる!」


L・O・V・E!突撃ラブハート!!さすがマナちゃん会長、変身もノリノリであるw
髪の色まで変わるとは劇的ビフォーアフターでカワイイですね。
ちょっとだけ、ボボボーボ・ボーボボの田ボが思い浮かんだのは秘密。





ナイス反り(#1)





蟹のハサミに挟まれたまま次週へ続くで、キュアソードの背骨がピンチ。
だが、なんか色っぽかったのでこのままでも問題は無い。





ソード様(#1)

ナイスダンス(#1)





これは良いライブシーンですね。キャラクターが歌って踊ってる感が凄い。
そろそろ本編進出も考えても良いレベル。


クールっぽく見せてエンディングではとんでもなくあざといポーズで魅了する
キュアソードちゃんに胸のキュンキュンが止まらないので次回もラブリンク!!




コメント

Re:ドキドキ!プリキュア感想 第1話
マナちゃんが生徒会長でスポーツ万能で気も回る上に状況にも即対応できる超スペックちゃん。しかしあろうことか仮面ライダーに変身しようとする。しかしそこがかわいい。キュアソードもやたら可愛いですねぇしかしメガネに天然もなかなかあざとい。キュアソードちゃんがムーンライトさんみたいにベテラン戦士みたいなので
設定や世界感の説明とかはスムーズにいきそうですね。しかし祖国(?)守れなかったってことは今回の敵は強力みたいですねぇ・・・。

今回のEDもハリウッドに出しても文句ない狂気クオリティでワロタwwwソードちゃんがセンターなのはやっぱり中の人がアイドr(ry
いきなり触手とはうれしいなぁ,ドキドキ!プリキュア感想 第1話
剣崎の名前だけで爆笑不可避
滑舌少し悪くて爆笑
「最後の切り札」も「永遠の切り札」を連想してしまって爆笑
ライダー厨にとっては楽しかった,これからが楽しみですw
(#0M0)<コノケシキハオレノモノダー!
Re:ドキドキ!プリキュア感想 第1話
全体的な印象としては、フレッシュプリキュア!に近いと思いました。
フレッシュも5の後だったし、さらにトランプモチーフだったんですよ。
主人公の名前も『ラブ』と『マナ』(漢字だと『愛』と書いてマナと読むそうです)でハート関係ですね。
それにどうやら子育て要素もでてきそうで、これもフレッシュにもありましたな。

しかし、こんな完璧主人公は今まで居なかった!
スポーツができるのはいた。生徒会長のプリキュアもいた。
世話焼きな子もいた。
だがそれら全部を備えたのはシリーズ初!
そして驚くべきはそのメンタルの強さ。
敵に説教し妖精に驚かず、さらには怒ったり怯えたりも一切しなかったですね!
何この完璧超人。プリキュア界の黒神めだかかよ!
ここまで完璧だと逆に話作るのが難しいんじゃないかと思いますよ。
こんな人が怒るときは、味方までどん引きしそうなほど激しく怒るんじゃないかなー。

そんな完璧超人について回る善吉くんポジが立花ちゃん。
やっぱり完璧主人公が唯一頼りにできたりする関係なんでしょうかね?
とにかく外見的からもポジション的からも応援したいところ。
でも、フレッシュだと青不遇だったんだよなぁ…。

ありすちゃんはまだ良く分からないな~。
天然お嬢様なのは十二分に分かりましたが、黄色プリキュアとしてはまだまだあざとさが足りないッ!
うわ、あざとい!と言われるように精進して欲しいところw

ソードちゃんはいいねー。青の次に応援するぜ!
このポジションだと、他の3人になかなか打ち解けなかったりするんですが、この子はどうなんでしょ?
しかし、正体は一体誰なんだろうなー(棒)
今回もなかなか面白そうですねー。

第1話で主人公が変身した所で引きってのも、何気に初なような気がします。
今までは第1話で主人公が変身→必殺技で敵を浄化するとこまで駆け足でやってましたが、今回は既にプリキュアがいるおかげで、大人の事情的な必殺技ノルマも消化しつつ、じっくり主人公のプロセスを進められるのが良いですね。

大人気のEDのキュアソードさんですが、本編での劇中CMと素のキャラの落差を見せられていると、
EDのアレもなんかモデルさんの営業スマイルに見えてきてしまったひねくれ者の自分…



余談:
しかしさすが10周年だけあって、鳴滝さんみたいな人がオーメダルとかウィザードリングとかキヨちゃんとかみたいなのを露店で売ってましたね。最後におのれディケイドー的なセリフも言ってましたし。
…ん!?間違ったかな…
ttp://touch.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=33386246
だいたいわかった
マナちゃんは、きっと写真撮影だけは苦手なんですよ。
通りすがりの生徒会長だ、覚えておけ!
Re:ドキドキ!プリキュア感想 第1話
予想以上に1話目に詰めてきた感じ!
こんなになんでもこなす主人公は珍しい
「もうアイツ一人でいいんじゃないかな」の出番を
待ちわびますぜっ

トリオ・ザ・タナカふいた!
田中姓の声優さんつーと他に田中秀幸サンや田中理恵サンとか
マジで田中でカタめたらすっげー面子だなや!

毎度凄まじいデキのED、せっかくだから1回くらい
特番で本編作ってくれないかな?

コメント返信ッ!


>>新プリキュアみんなきゃわいくて僕の鼓動がドキドキ55753回さん



なんという血液のビート。これはもう1秒間に55753回の呼吸ができるレベル。


マナちゃんのハイスペックっぷりには驚きました。
初っ端から生徒会長とか、れいかさんを上回る勢いですね。
今回はみんな優等生っぽいので、そのへん楽しみかも。

しかしソードちゃんの可愛さがヤバイ。
どこかの王国を守れなかったのも含めて、なんか幸薄そうなオーラが素敵ですw
最後のプリキュアってことは、先輩方はもう全滅ってことなのかな?


>ソードちゃんがセンターなのはやっぱり中の人がアイドr(ry


あれ…キュアソードちゃんと剣崎真琴ちゃんってちょっと似とるね…。
いや、でもプリキュアしながらアイドルなんて出来るわけないか。気のせい気のせいっと。





>>名無しさん



変身ポーズにライダーをチョイスした時点で
もはや確信犯としかいいようが無いぜ。

エンディングでの扱いといい、やはり…真琴ちゃんが主人公なのか…!





>>Tarutoさん



>フレッシュも5の後だったし、さらにトランプモチーフだったんですよ。


トランプモチーフってもう使ってたのね。
まぁ、作り安い感じはしますね。
しかし、子育て要素もすでにあったとは…!
アイキャッチで溢れる母性にちょっとビビったのは内緒だぜ。


>何この完璧超人。プリキュア界の黒神めだかかよ!


1キロもあるタワーを短時間で登りきった上に
息もほとんど乱れていないとかもはや人外レベルの身体能力。
この生徒会長に隙と言う隙が見当たらないのですが
なにか欠点があるのでしょうか…。
でも、今回は4人ともスペック高すぎですよね。
スマイルの4人(れいかさんは除く)がポンコツに見えてきたぁ…!

六花ちゃんは、マナを軽く越える頭脳くらいないと霞みそうだわw
メガネの実力を見せてもらおうじゃあないか!

ありすちゃんは変身したらあざとさ全開になるかも知れないので期待しておこう。

ソードちゃん可愛いですよねソードちゃん。
青推しのTarutoさんも、いつでも紫推しになってもいいんだよ!大歓迎だよ!!


>しかし、正体は一体誰なんだろうなー(棒)


もしかして剣崎…いやなんでもない。
真琴ちゃんはアイドルだからね!プリキュアなわけねーし!(迫真





>>魚座間さん



>今回は既にプリキュアがいるおかげで、大人の事情的な必殺技ノルマも消化しつつ
 じっくり主人公のプロセスを進められるのが良いですね。


おっ、素晴らしく大人目線な観察力!そこにシビれる!あこがれるゥ!
ソードの活躍で、ハートの変身がじっくり描けたってカンジなのね。
マナちゃんのキャラが掘り下げられているのは良かったなと。全体的に凄いよねあの子w


>EDのアレもなんかモデルさんの営業スマイルに見えてきてしまったひねくれ者の自分…


営業スマイルでも問題なし!
楽屋ではすげー冷たい目をしていようが、逆にゾクゾクするね!
ギャップ萌えでカバーできるのが漢ってもんだぜ。


>…ん!?間違ったかな…


だいだい当ってる。…って、鳴滝露店の充実の品揃え吹いたw
行方不明になったキヨちゃんはあんな所にサルベージされていたのか…!





>>ロペリドさん



最終回で「ここも私の世界じゃなかった…」と呟きながら
次のプリキュア世界に旅立つマナちゃんの姿が!

いくつものプリキュア界を巡ってきたならば
バケモノが出ようが、妖精が出ようが驚かなかったのも納得であるw





>>たーさんさん
 


エンディングのライブ感に驚愕し、唖然としましたわ。
その後、3回ほどリピートしたのは通常の反応といえよう!(キリッ


>「もうアイツ一人でいいんじゃないかな」の出番を待ちわびますぜっ


キュアハートの強さによっては、早く出番がきそうであるw
他の3人もスペックが高そうなので、中和できるといいのですが。


>田中姓の声優さんつーと他に田中秀幸サンや田中理恵サンとか


グラサンのおっさんは田中秀幸さんでもイイかもですね。
ドフラミンゴみたいなカンジで。
田中理恵さんは妖精国の女王とかで田中フォーメーション。





拍手コメント返信ッ!





>>Hadukiさん



私も事前情報はほとんど入れていないので純粋に楽しんでおりますわ。

だから「六花」ちゃんを、「立花」ちゃんと間違えても仕方ないと言えよう。
だってさぁ、「りっか」で変換すると「立花」になるんやもん。
「六花」ね。オレ、リッカ、オボエタ。
眼鏡オンオフは好きなのでガンガンやって欲しいなっと。

タワーで異世界でレイアース、あるとおもいます。
キュアビューティを初めて見た時、海ちゃんを思い出したので大丈夫です。
しかし、田中一成さんは思いつかなかった。眼鏡のオッサンキャラでも良いかも。

まことちゃん本当の笑顔を見せるまでもなく
営業スマイルと分かりつつもハートを射抜かれるのが漢ってもんよ。
つまり本当の笑顔が来たら、どんなことになってしまうのか予測不能であり超期待ッ!




管理者のみに表示

トラックバック