ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

特命戦隊ゴーバスターズ感想 第38話

2012.11.16 (Fri)

Mission38 「実況!エースデスマッチ」




ゴールドシルバーズ(#38)




「1+1は2じゃないぞ。オレたちは1+1で200だ。10倍だぞ10倍!」


2人のコラボ最強説!俺達はいつ何時、誰の挑戦でも受ける!!
陣先輩のしゃくれたアゴに燃える闘魂を感じる、第38話。





『ようこそ、ゴーバスターエース!ここ、ヴァグラスドームへ!
戦いの荒野へ!史上初のメガゾードデスマッチ!!
先陣を切るのは、こいつしかいない!メガゾードα登場ッ!!』

『メガゾードデスマッチ、最初のカード。ゴーバスターエース対メガゾードα。
これはのっけから面白い対戦ですね!解説のムッシュ・エンター。』


エンター
「ウィーウィーウィー。」






メガゾードファイト!(#38)





ウィーーー!!(スタンハンセン




エンターの「ウィ」と、スタンハンセンの「ウィー!」をかけてやった。
正直、はしゃいでいた。今は反省している。
しかし、メガゾードαに対する、エースの決め技が
ウエスタン・ラリアットであったことを考えると
あながち間違ってはいないと思うのだがどうか?
フォーク使いは、アブドーラ・ザ・ブッチャー的な意味で。



白いマットのジャングルに今日も嵐が吹き荒れるッ!!
ルール無用のヴァグラスに正義のパンチをぶちかませ!
行け行けチーター!チダ・ニックー!!


陣先輩の「磯野ー、異種格闘技頂上決戦見に行こうぜー!」的なノリ
から始まった今回のゴーバスターズですが、開始早々巨大戦ッ!
しかもリング上でのバトルロイヤル。これには燃えざるを得ない。
なぜ、今、このタイミングで巨大戦プロレスなんですか実況のエンターさん!?


「時は来た、それだけだ。」


ゴーバスターエースの戦闘データをとる為と言っていましたが
今までは記録していなかったのか…?
まぁ、ヴァグラスにとってゴーバスターズは
必ず倒さなければならない相手、と言うワケではなかったので
特に気にもしていなかったと言われても納得は出来ちゃうのですがw
メサイア様に新たなデータをインストールする為ってカンジなのか・も。
ゴングとか鳴らしちゃったりして、けっこう楽しんでそうでしたけどねw





手首ジーン!(#38)





痛っ…くねー、全然痛くねえ。
見た目ほど痛くねえわ、でもちょっと用あるし一旦帰るわ。



ヒロムが閉じ込められたドームに突入しようと
ゴリラパンチでドアをブチ破ろうとしたものの
あまりの硬さにダメージを受けるリュウさんカワイイw


ヨーコちゃんがイチガンバスターで撃ってからの、リュウさんパンチ。
つまり、イチガンバスターの射撃よりリュウさんのパンチの方が強いって事か。
武器より素手の方が強いとは、さすがゴリラパワーである。







エンター
「ノンノン! ここは特別なバトル空間です。脱出は不可能。
唯一の手段は、転送されてくるメガゾード4体を全て倒すこと。」
「ここで戦うしかないんですよ。レッドバスター。」


『来たー!メガゾード界、最強タッグ!パワーの2乗系!
最初にリングに上がるのは、メガゾードβだ!!』
『さすが、ルール無用のデスマッチ!
身動きのとれないエースに2人がかりの攻撃ー!』


森下くん
反則だ!βとγの重量は、それぞれ2350トンと1930トン。
それだけで、1300トンの軽量級のエースには不利なのに
あのリングの狭さじゃ、エースの機動力も活かしようがない!!」






荒ぶる森下くん(#38)





森下 「2対1だとー!?な、なんて卑怯な奴らじゃー!」

森下 「しかも、あの闘技場の狭さではエースの身軽さが活かせんぞ!?」

森下 「うぉおー!やはりここはワシが助っ人にぃーーー!!」

森下 「なにをぬかす!今度こそわしの出番じゃ~~~!!」

黒木 「フッ…もはやお前達が敵う相手ではない。」

森下 「な、なにぃぃ~~!?すでにリング上に誰かおるぞー!!?」

森下 「あ…あれは!?…黒木司令官んんーーーーっ!!!」

仲村 「…。」



急にどうした森下ァァァッ!!!?



唐突に荒ぶる森下くんに、つい男塾的実況解説の面影を感じてしまい
無意味な妄想をかきたてられる自体に陥った所存。


メガゾードの重量から、エースの絶対的不利を説明する森下くんは
メガゾードマニアという設定が活かされた稀有な瞬間なのではなかろうか?
以前、メガゾードフィギュアで作戦説明して以来かしら。


2体1という事に対して、反則だとか言っていましたが
そもそも、初っ端の対戦相手の腕がフォークだったり
武器としてバーベル振り回す奴がいる時点で
もはや反則とかそー言うレベルじゃあないと思うのですがw
γのムエタイの舞い吹いたw






ライオアタッシュ
「メタロイド反応キャーッチ!!」

「メタロイド反応キャーッチ!!」

「メタロイド反応キャーッチ!!」






いません!(#38)





う、うるせぇーーー!!




あまりにキャッチしまくるもんだから
ライオアタッシュがバグッたのかと思ったぜ!


メタロイド反応はキャッチできるけど
正確な場所までは感知できないのね。
目標メタロイドまで方向指示とかしてくれればいいのに。
って言うか、難なくその機能を付加できそうなのに。
葉月博士の立体映像は出せるのに、肝心の機能がないとか…
むしろ、立体映像仕込むために機能を削ったと見るのが正解か…!







『出たーッ!メガゾード界の異端児δだーッ!
なんと史上最強にして最悪!怖ろしいタッグが誕生してしまいました!
キックのγとパンチのδ!もう誰にも止められない!!』

『あーっと、エース完全に動きを封じられました!情け無用のγとδ!
エースはロープに、はりつけられた真っ赤な蝶!
今、リングはゴルゴタの丘と化したーッ!!






マスク割れ!(#38)





マスク割れキター!!まさか巨大戦でマスク割れを見られるとは!
以前、チューバロイド戦でマスクのグラサン部分が壊れた事がありましたが
今回は、頬の方までかなり大きく破壊されてますね。
マスク内にある口元のパーツがカッコよくてイイカンジ。
それだけヒロム&ニックのダメージが大きく、ピンチと言う事なのですが
ついつい燃えてしまう魅力がマスク割れにはありますね。
願わくば、エンターとの最終決戦でも見せて欲しい所です。


メガゾードδは、異端児扱いなのね。
当初は他のメガゾードに寄生して転送されてきたりしてたもんね。
エンターが、設計図や部品をせっせと集めコツコツと作り上げたわりには
あまり強いという印象がないといった意味でも異端児といえよう。(酷


敵メガゾード達も、なかなかのコンビネーションですね。
一緒にポーズ決めたりしちゃって仲良いじゃないかw
しかしこの実況、ノリノリである。





ポポポポーイ(#38)





諦めて帰ったと見せかけて、δにぶら下がって一緒に侵入しようとしたものの
あえなくポポポポーイされるゴーバスターズの皆さんェ…。
あの高さから落下してもノーダメージとか凄いぜ!







エンター
「レッドバスター、ゲームオーバーにしませんか?
ここで全てを投げ出して降伏すれば、命は助けます。」
「では、ここで終了のゴングを…。」


ヒロム
「どけよ。そこにいると怪我するぞ。戦いは続行だ。」
「おい、ニック。戦いが始まってからどれくらいだ?」


ニック
「1時間あるかないか。」


ヒロム
「その程度か…。
亜空間目指した13年に比べたら、1秒くらいにしか感じないな!」
「俺達は、しつこいんだ!諦めるなんて選択肢は最初から持ってない!」






1秒くらいにしか感じないわー(#38)





やだ…ヒロムきゅん超カッコイイ…!!




え?1時間近く経ってんの?マジでー?
いや、全然感じなかったわー。1秒くらいかと思ったわー。
そんなに経ってんの?気付かなかったわー。
精神と時の部屋にでも入っちゃったのかと思ったわー。



巨大リングのコーナーポストの上に立つエンターもカッコイイが
「そこにいると怪我するぜ」と切り返すヒロムにシビれるあこがれるゥ!!
1時間程度の連続バトル程度なんともないぜ!
13年という時間を耐えてきた者の、言葉の重みって奴を感じるわ。
割れたマスクから覗く決意のこもった鋭い眼光に惚れるでぇ!!


エンターと直接、視線を交わすために
エースを中破させて、ヒロムのマスクを破壊したのかな。
シビれるくらいにカッコイイ演出ですね。


エンターがゲームオーバーを提案して来たのは、ちょっと意外。
なんとしててでもメサイアをシャットダウンすると言う強靭な意思や
仲間を信じて決して諦めないヒロム達の精神は
エンターには理解不能であり、脅威と感じるのではなかろうか。
ヒロムにゲームオーバーを提案したのは、むしろ怖れていたからなのかもね。







リュウジ
「メタロイドは見つからなかったんじゃない。最初から目の前にいたんだ!」


ドームロイド
『ここへ来て正体がバレるとは!!』
『実況してきた者として、ここで負けるわけにはいかないぞ!』
『一気に突っ込むーッ!!』


陣先輩
「うるせぇな、コイツ。」


ドームロイド
『これはマズイぞ大ピンチ!このまま、やられるわけにはいかないのだが…
やはり、やられたーッ!?ここでゴング!試合終了~~~ッ!!』






ゴーバスターキング(#38)





スゲェ…あのメタロイド、やられながら実況してる…!



メタロイドは最初からそこにいたッ!!
あまりにも巨大で堂々と佇んでいたため、華麗にスルーされていましたが
ドームそのものがメタロイド!メガゾード涙目のデカさである。
最小だったケシゴムロイドに対し、最大の大きさを誇るメタロイドでした。
強さ的には微妙でしたけど!
メタロイドなのに、巨大戦専用のメカで来られたので仕方がないような気もするがw
実況は面白かったぞドームロイド!!



颯爽登場!エースハブり合体ゴーバスターキング!!



キングの名を持つのにエースが入っていないとか
もはやニックに対するライオーのイジメなんじゃないかと言う合体ですね!


しかし、陣先輩が亜空間で作り上げた04と05すら合体できるとかどういうこと?
…と、思ったけど葉月博士と陣先輩は面識があったんですよね。
以前、陣先輩が葉月博士に見せていた資料が04&05の設計図だったのかも。
そのうち陣先輩が開発させるだろうと信じて
ライオーの合体システムに組み込んでおいたんじゃあなかろうか?
葉月博士に名前を間違えられまくっていたけど
技術者としては認められていたんだね!ディーン・マサコ君!!



巨大戦プロレスメインのエピソード。
メガゾード達がリング狭しと暴れまくるのは迫力がありました。
なんと言うか、よくあれだけ動けるもんだと感心してしまったわw


ギャグ回かと思いきや、新合体のゴーバスターキングが登場したり
正体不明の敵が、巨大なメタロイドだったと言うのも洒落ててグッド。
そして何より、ヒロムの熱い所が見られたのが良かったな。
割れたマスクから、エンターを睨みつけるシーンとかグッときちゃったぜ!





マスク・ド・クック(#38)

桜田ヒロム(#38)





そ し て こ の 顔 で あ る 。




あんなにカッコイイ所を見せておいて、最終的に顔芸でオチをつけるとか
ヒロムくんのサービス精神には感服せざるを得ないw
ニワトリフリーズも随分と久し振りかもー。


ちゅーか、こんなニワトリ丸出しなマスクマンが出てくるなら
そんな試合、最初から見に行けるはずなかったんや…。
嫌がらせ?陣先輩の嫌がらせだったの!?ヒドイや陣先輩ィィッ!!




コメント

すっごぃ〜いッ3体のメガゾードにされたまま引きずりながらも突進を止めないッ!ゴーバスターエースーッ!
一話でβ型を見た時にウルトラのガンQを連想させられて怖いやらかっこいいやらだったが
先週のティアラといい今週のVサインといい可愛いところも見れてよかった
コメント返信ッ!


>>名無しさん



>メガゾードにされたまま引きずりながらも突進を止めないッ!ゴーバスターエースーッ!


なんという爆発力!なんという根性!まるで重機関車ですッ!
…ってワケにはいかず、軽量級のエースはロープに絡まるのであった。(涙

今回の影の主役と言っても良い敵メガゾード達ですが
ノリノリで入場してきたり、タッグを組んで一緒にポーズを決めちゃったりと
なかなかお茶目な感じで、憎めなかったですわ。
意外と仲良しなのねあの子達w





拍手コメント返信ッ!





>>Hadukiさん



年末の販促にむけて、タテガミライオーだけではなく
ゴーバスターエースまでプッシュしていたという事か…!
ライオブラスターも推してますよね。
カスタムバイザーも、もうちょっと目立たせてほしいけど地味だからなぁw

ゴーバスターキングの合体といい、カスタムバイザーの音声といい
もう、超天才エンジニアの葉月博士の技術力は世界一ィィィ!
…と、いう事で納得するしかないのだろうか。

森下くんだって…森下くんだって目立ちたいんだー!!
もうオペレーターズメイン回は無さそうですかね?泣けるでぇ。



Re:特命戦隊ゴーバスターズ感想 第38話
最終合体にハブラレタのをイイコトに逆に単独で戦って目立つヒロムマジ主人公。13年感に比べたら発言というバスターズTOP5余裕の名言が手に入ったのなら最終合体にはぶられてもおつりが来るね!!
しかしついつい実況があまりにノリがよかったから実況の存在自体が複線とは思わんかったぜwww

ドームロイドは一見弱かったように見えるがよくバスターキングが強すぎたんだ・・・・・こいつが従来の戦隊怪人みたく巨大化したらとんでもない巨大怪人になれたかもしれない・・・・!ビービ虫とか芋丁のいもようかんとかがあれば即死だった・・・・!

しかしヒロムはマスク程度でフリーズすんなら戦隊大体ダメだろ!W
コメント返信ッ!


>>エバQやゴプリにM大戦Uと見たい映画が55753個くらいある。さん



ヱヴァQ見に行ったんだけど、チケット販売所が混んでて
上映開始時間に間に合わなくなってしまい涙目で帰ってきた俺がきましたよ!
もうちょっと落ち着いたら行こうかしら…?
アルティメイタムが始まる前には何とかせんと!


>最終合体にはぶられてもおつりが来るね!!


ハブられてることを逆手に取ったエースの大活躍に痺れたぜ!
ヒロムの「1秒くらい」発言も凄くよかったです。
負い込まれて大ピンチなのにあの余裕のセリフはカッコよかったです。


>従来の戦隊怪人みたく巨大化したらとんでもない巨大怪人になれたかもしれない


あまりにデカ過ぎて逆に不便そうだわねw
しかも、街の被害は甚大になり特命部の借金が増えるので却下。
会場自体が実況もかねていると言うレアケースでしたが
解説のエンターさんが、ほとんど解説していなかったのが心残りだよ!


>しかしヒロムはマスク程度でフリーズすんなら戦隊大体ダメだろ!W


ジェットマンに囲まれるとちょっとヤバイ。




管理者のみに表示

トラックバック