ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

スーパーヒーロータイム03 の記事一覧

侍戦隊シンケンジャー感想 最終回

2010.02.13 (Sat)

最終幕 「侍戦隊永遠(さむらいせんたいえいえんに)」





殿
「志葉家十九代目当主・志葉丈瑠!参るッ!!」


血祭ドウコク
「来い…絶望ってのを教えてやる。」






スーパー殿(最終話)


血祭ドウコク(最終話)2





流ノ介
「茉子!ことは!殿の進路の確保を!源太は後ろを守れ!千明は私と―」


千明
「丈瑠の盾になるんだろ?」


流ノ介
「あぁ!」






突撃シンケンジャー(最終話)1

突撃シンケンジャー(最終話)2





志葉家十九代目当主・志葉丈瑠と家臣達の命をかけた最後の戦いッ!


「狙うは血祭ドウコク」!
殿の一撃の為に、全員が一丸となって
ナナシの群れに突っ込んで行くとは熱すぎる!


流ノ介に言われるまでも無く、己の役割を把握する千明がイイ!
この一年で一番成長して来た感が感じられて良かったな。







         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\     流ノ介は俺の後ろを守れ!千明はその後ろ!
    /    (●)  (●) \       源太は、さらにその後ろだ!
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/     茉子とことはは撮影係だ!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ         しっかり記録しておくように!
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |









アァーッ!! 
  侍合体ィイ~!
               / ̄ ̄\
             / ‐  ―  \
       ___ .|( ≡) ( ≡)  |__   ____
      /ノ' ヽ_ \| (__人__)    |' ヽ \/  ! ,. -`ヽ
    /(>) (<) \ `⌒´    )  (≡)\ 爪_二ヘ `
   /  (__人__)::::::  ヽ       }_´___ ⌒:::::::\ハニ・ニフ∨
.   |   `i  i´      |      } ┬-|     | \  |
   \   `⌒     /     ノ `ー'´    .,/ニュ   ノ
.   /⌒ヽ    /⌒ヽ/      \      \      \
  / z     / / ヽ     /   |    /  |    /   |
  / ( ヨ   / /   |__/  / | __/ / | __/  / |
 / /  ヽ  / / E⌒___/ E⌒___E⌒___/  |
/ /   |  / /   |      |  |     |  |      |










なにをさせてんだテメー…!

     ___
    /    \       ___    うぐぐ…
  /ノし   u;  \   ;//・\ ヽ\;    さ…最終回だから良いかなって…
  | ⌒        ) ;/ (_ ̄ ̄ /・\\;
  |   、       );/    /rェヾ__) ⌒::: ヾ;
  |  ^       | i   `\/´-'´  u;  ノ;;
  |          | \ヽ 、  ,     /;
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
 /        r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/




全員が一丸となってですね…








血祭ドウコク
「なるほど…ちったぁ考えてきたらしいな
…が、こんな程度じゃ俺は倒せねぇぜ。






血祭ドウコク(最終話)1





全然効かなかった…



                ,ィr彡'";;;;;;;;;;;;;;;
              ,.ィi彡',.=从i、;;;;;;;;;;;;
            ,ィ/イ,r'" .i!li,il i、ミ',:;;;;
    ,. -‐==- 、, /!li/'/   l'' l', ',ヾ,ヽ;
  ,,__-=ニ三三ニヾヽl!/,_ ,_i 、,,.ィ'=-、_ヾヾ
,. ‐ニ三=,==‐ ''' `‐゛j,ェツ''''ー=5r‐ォ、, ヽ
  .,,__/      . ,' ン′    ̄
   /           i l,    
  ノ ..::.:... ,_  i    !  `´'      J
  iェァメ`'7rュ、,ー'    i }エ=、
 ノ "'    ̄     ! '';;;;;;;
. iヽ,_ン     J   l
  !し=、 ヽ         i         ,.
   ! "'' `'′      ヽ、,,__,,..,_ィ,..r,',",
   l        _, ,   | ` ー、≡=,ン _,,,
    ヽ、 _,,,,,ィニ三"'"  ,,.'ヘ rー‐ ''''''"
      `, i'''ニ'" ,. -‐'"   `/
     ヽ !  i´       /
     ノレ'ー'!      / O




強すぎだろこの人…




力尽くで策をねじ込んでいったのに、どーにもならなかったし!





強いぞドクコクさん(最終話)





姫の作ったディスクで、封印の傷跡を突き刺されてるのに
物ともしないドウコクさんは、最後まで風格が損なわれなかったラスボスですね。







血祭ドウコク
「所詮テメェはニセモノだったって事だ。
さぁて、テメェらが泣き叫ぶまでどれくらいかかるか…さぁ!泣け!」

「すぐには殺さねぇぞ。
テメェらの目の前に志葉の小娘の首を置いてやろうじゃねぇか!
せいぜい楽しみに待ってる事だな!






血祭ドウコク(最終話)3





こ…怖ぇぇぇえーーーーーっ!!?



   _,,....,,_ 
-''":::::::::::::`''\ :
ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::\ :
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ :       __   _____   ______
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__ :    : ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、:
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7 : .   : 'r ´       ..::::::::::::::.、ン、:
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 : : ,'==─-      -─==', i :
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ : :i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i | :
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ : : レリイi (◯),  、(◯)::::| .|、i .|| :
`!  !/レi' (◯),  、(◯) レ'i ノ :   : !Y!""  ,rェェェ、 ".::::「 !ノ i | :
,'  ノ   !'"   ,rェェェ、  "' i .レ' :  . : L.',.   |,r-r-|   .::::L」 ノ| | :
 (  ,ハ    |,r-r-|   人! :  .   : | ||ヽ、 `ニニ´ .:::::,イ| ||イ| / :
,.ヘ,)、  )>,、_`ニニ´_,.イ  ハ :    : レ ル` ー--─ ´ルレ レ´:




首を置いたらマズイんじゃないカナ?





おっかねぇ!最後までおっかねえよドウコクさん!!



君が泣くまで殴るのをやめない!的な感じでフルボッコですよ!

しかも、殺すだの首をとってくるだの
ワイルド&バイオレンスなこと言っちゃってますよ!



さすがドウコクさん…ニチアサキッズタイムでこの物言いができるのは
外道中の外道、血祭ドウコクさんだけやで!









「生きているならもう一度起つ!丈瑠は絶対に戦いをやめない。
丈瑠を影と知っても離れなかった侍達も同じだ!
私はそう見込んだから彼らに託した!






姫(最終話)1





ジイ
「殿ォーッ!殿ォーーーッ!!」






ジイ(最終話)2





丹波
「これを…姫が渾身のディスク。
それからこれは不肖、丹波が得意とするモヂカラ。…ご武運を。






丹波(最終話)





姫、ジイ、そして丹波にまで活躍の場があるとは恐れ入った!


皆を信じて、ディスクを作る姫!
殿のピンチに助けに駆けつけるジイ!
そして丹波は、姫のディスクと共に
自分のディスクを持って戦場に駆けつけて来ましたからね。

決戦に向かう殿達に
丹波自ら希望を託すその姿に丹波が輝いて見えたわw



殿と姫の親子レッドが見られなかったのが、ちょいと残念でしたが。
姫には「同じくレッド!志葉薫!」とかやって欲しかったかも。



それにしてもジイはカッコよすぎるだろw
ナナシの10体や20体なら
問題なく蹴散らすジイの戦闘力パネェw





ジイ(最終話)1





ジジイのカッコイイ戦隊だったよまったくw







                 うるぁぁあーーっ!ドウコクゥーーーッ!
                       うちの殿に何してくれてんじゃボケェー!!


                                   / ̄\    
                                  .|  爺 |  
                              ,. -、  .\_/  ,. -、
                              `ヽ ヽ   .|.   ./ /´ 
                                ヽヽ/. ̄.\/ /
                           /´ \/ `ー^ー.''´\/\/\
                          .く    \ >-\,―, /-く   .>
                         く.  ヽ  / (○)  (○) .ヽ / >
                          \   /::::::⌒(__人__)⌒::::::\ n
 ____________,、ヘ, _    \V|      |r┬-|    |^l. | | /)
 \>──────────〔ク  )   ̄``"''''⌒\    /;:|ー' 、 /ノ; .| | レ'//)
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'ー-''¨`"''''ー-、、,,,._  /____{;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;}   /
                            /  `ヽ|:::::::::: ゞ彡彡ニミミッ;;/  ノ
                           ./  / l ::::::::б 彡〃.:.:.:.:.:.:.:゙ヾミ_/
                           /  / │ ̄ ''"/ : :.,;"´゙,;.:.:.ヾゝ
                          \/  ~ノ  ゙i .:ト'',.´;,   ',;:.:"〈
                              ヾ   ::  〈● :゙;, ,;"::;●夂
                            /八  `ヾ,|`: : : ;, ,;:.::::`";l 乂
                            ! / /,!;;;ゝ,リ|; : : :; ;::.:.:;::i)! : .彡
                            ,/ヽ//: :,ヾ〉,;.;、:'':::.:.;::;!:::| : . | ヘ
                          // : : //イ::,.:..; :.{、; ゙;:゙;;.:"';}:::!、_!   ヘ
                        /: / : : //'゙::;'.:.::; :,::`i.;゙:.,,:''::`/::::::.:ヾ _____`)
                        /: : / =、/,.!::: ; :,' :' : :.:.:ヾ;∞;ソ::::::::.:,:.}!  ̄ ̄´








   / ̄ ̄\ ポッ
 / ノ  \ \    ジイ…。
 |  (●)(●) |
. | //(__人__)//|
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




惚れてまうやろ!








血祭ドウコク
「テメェら…待ってろと言ったはずだぜ…?」


源太
「わりぃな、俺達はせっかちでよ。」


殿
「その先へは行かせない!お前を倒し必ずこの世を守るッ!





天下御免の侍戦隊!シンケンジャー!参るッ!!





シンケンジャー参る!(最終話)





か…かぁーっこいいーーー!!





かかかかぁーっこいいー!!





生身名乗り&殺陣が抜群にカッコよすぎる!!

5人の合体モヂカラ「縛」で縛り
殿の烈火大斬刀二刀流みだれうち!烈火大斬刀二刀流は大迫力ですよ!





烈火大斬刀二刀流(最終話)

トドメだ流ノ介(最終話)





さらに4人で斬りつけ足止めしてトドメは流ノ介の一撃ィッ!!





流ちゃん大活躍(最終幕)





…えっ!?流ノ介!!?





ドウコク戦の第1ラウンドで殿が一撃入れたので、第2ラウンドは流ノ介がトドメ!
これも仲間の事を信頼しているからこその戦術!
絆の力の勝利って感じでしょうか。


水のモヂカラが本分の流ちゃんが
火のモヂカラディスクを使うってのはどうかと思うが
やっぱり2番手は流ノ介なんだろうな。


なんにせよ、ドウコクの一の目にトドメを刺した訳で…
流ノ介はオイシイ所を持って行ったよねw






.      r⌒ヽ
.     (_.  _) ブッ
      \(   __、
     ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ
   (⌒)、   .人  λ\、 ._____     殿ちょり~っすwwww
    \. \    、 ヽ./ ー  ー\     
     |\ \    ヽ./ ( ゚) ( ゚)\  このたびはぁ~
     |  \  \ /     (__人__) \   オイシイ所を持って行ってしまいぃ~
     |.   \   |       \   |  | 
  .   |.   |.\_ノ\       \_| /   まことにサーセンしたぁwwww
  .   |.   |   |   \______/
  .   |   )  .|     . . ̄ ̄
  .   |   |  .|
     |   |.|  .|
  .   |  | .| .|
     /  / / ヽ,
    (__ノ  ヽ、__つ











      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ○)(○)
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|                  
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /                        三 ̄ ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ                  ヒュン  三  \   /...\
( _ ノ    |      \´       _                三  (●)  (●)  \
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ 三   (__人__)    |
       .|                        __ ノ   三   ` ⌒´    /
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ ̄ ̄ ̄        三      / ̄ ̄
         \       , '´             .      三      /
          \     (                   三       /
            \    \               三         /




池波流ノ介ェ!!








殿
「今の内に言っておく。
お前達と一緒に戦えて良かった。感謝してる。



流ノ介
「殿…私の方こそ!」



ことは
「うちもです!」



茉子
「6人一緒だから戦って来れたんだし。」



源太
「丈ちゃん。巻き込んでくれてありがとな。」



千明
「よっしゃあ!いこうぜ!最後の一発だ!!」






感謝してる(最終話)


最後の一太刀(最終話)





まっすぐいってぶった斬ったぁーーっ!!




これぞまさに力尽くッ!!



変身するモヂカラすら温存し
絶対に外さないギリギリの距離にまで近づいて
全員のモヂカラを集中した全身全霊の一撃!!





サムライハオー(最終話)

シンケンオ−(最終話)





一撃を入れるために、どんなに攻撃されようと
ただひたすらに前へと進むシンケンオーがイカス!


合体を解除されながらも突き進み、腹部を貫かれながら一刀両断!!
肉を切らせて骨を断つ!まさにサムライスピリッツ!!


「無駄にデケェなりしやがって!」と罵られたサムライハオーが
いつものビームで蹴散らすより、よっぽど燃えましたわ!



殿の告白とボロボロの屏風をみて
もしかして刺し違えて相討ちパターンかと思ったけど見事勝利!!





外道覆滅(#49)





変身しないで巨大戦に望むとは驚きでした!
生身での巨大戦がこんなに燃えるとは思わなかったぜ!


源ちゃんの「巻き込んでくれてありがとな。」 は
殿にシンケンジャー6人目として認められた時の
セリフとオーバーラップしてウルウルきちゃいましたわ。








血祭ドウコク
「俺がいなくなっても、いつかテメェらの泣く時が来る。
三途の川の隙間は…開いてるぜぇ…。






ドウコクの最後(最終話)





シンケンオーの頭部をガッシリ掴んで
シンケンジャー達に言い聞かせるようなこのセリフッ!


外道のクセに、シンケンジャーを
真っ向から迎え撃とうとしたドクコクさんマジカッケー!



ドクコクはシンケンジャーごときに、やられるはずはないと思ってて
それと同時に、シンケンジャーに泣き叫んで命乞いをさせたかったんだろうな。

何度蹴散らしても屈しないシンケンジャーに、一層イライラを募らせて
真正面から受けきった上で、ぶっ潰して絶望させてやろうと。

ただ殺すだけじゃ気がおさまらない。
ドウコクの外道衆としての気質(とプライド)が敗因だったのかも。





ドウコク大爆発(最終話)





散り際にとんでもない大爆発を起こすドウコクさんマジ外道w







骨のシタリ
「悪いがあたしゃ生きるよ!三途の川だって、泥の中だって…
生きる事があたしの外道さねぇーっ!!






骨のシタリ(最終話)





ちゃっかり生き残るシタリさんやるじゃない。


外道衆達も魅力的でしたねー。
己の欲望に忠実で、かつ人間っぽい所がアリアリで。
ドウコクと太夫なんてアダルトムード満点だったもんな。


実に良い悪役達でした!









「丈瑠、志葉家を頼む。
ドウコクを倒したとは言え三途の川がある以上、志葉の当主は必要。」


丹波
「姫は、この丹波がしっかりと育てますゆえ。十九代は頼みますぞ、御当主!」


殿
「あぁ。」






姫と丹波(#49)





姫も帰っちゃうんだね…。


お義母さんと一緒に暮らせないなんて殿的にはガッカリですよ!


そして、さっそくお見合いを薦める丹波はちょっと落ち着けとw



しかも「ちょっと顔が長い」男を紹介するとは、もしや…

顔が長い男→ウマヅラの男→どこの馬の骨とも分からない男

…と言うわけか!?



そりゃ姫のハリセンも唸りを上げるわ!





ハリセン姫(#49)

黒子ハグ(#49)





いつの間にか友情が芽生えていたらしい黒子さん達に吹いたw





源ちゃんは、フランスで三ッ星を狙う前に
日本で寿司の修行をし直した方が良いと思うw





めざせ三ッ星!(#49)





あと地理のお勉強とかw








殿
「支度…出来たのか?」



流ノ介
「殿…お別れの舞を一差し。」






別れ(#49)





源太
「丈ちゃん、フランスの土産…楽しみにしてろよ。」



ダイゴヨウ
「いってまいりやす!」






梅盛源太(#49)





ことは
「殿様…ホンマに…
ホンマにありがとうございました!」






花織ことは(#49)





千明
「まっ、追い越すのは次に会った時だ。忘れんなよ。」






谷千明(#49)





茉子
「外道衆が現れたら、いつでも飛んでくるし。
あ、でも人見知りは直した方がいいかも。」






白石茉子(#49)





流ノ介
「………。」






池波流ノ介(#49)





ジイ
「行ってしまいましたな。ここが…こんなに広いとは。」






殿とジイ(#49)


志葉丈瑠(#49)








(´;ω;`)ブワッ






なんかスッキリ爽やかに終わっちゃったなぁ…。
良い事なんだけど寂しいですね。


皆が一人一人去って行くのも粋な演出でした。
みんな個性が出てて面白かったな。


人見知り直せって言い残していく茉子ちゃんと
舞を舞って、言葉無く去って行く流ノ介とか良かったなぁ。



盛り上げる所は熱く盛り上げて、最後はキッチリ締める!
まさに「これにて一件落着」の展開!!





これにて一件落着(#49)





ラストカットの殿の笑顔と、掃除をする黒子さん達を見て
嬉しさと共に、ちょっと切ない気分になってしまいました。



キャラクターもストーリーも非常に良く錬られてたし
戦隊モノ最高峰と言っても過言ではないくらい非常にレベルの高い作品でした!


一年通して、楽しませてくれたシンケンジャーに感謝です。天晴れ!





これにて一件落着!




続きを読む »

仮面ライダーW(ダブル)感想 第21話

2010.02.10 (Wed)

第21話 「還ってきたT/女には向かないメロディ」




園咲琉兵衛
「仕事が無いならば、ミュージアムに来たまえ。仕事を与えよう。
糞メモリの実験台だがね!フハハハハ!見ろ!人が豆のようだ!
最高のショーだとは思わんかね?ハッハッハッハッハッハ!」
…な第21話。





九条綾
「九条綾です。本日付けで風都署超常犯罪捜査課に配属されました。
ナイスチューミーチュー。





ジャスミン(#21)1





ジャスミンきた!これで勝つる!





しょっぱい英語は置いといて
準レギュラーになって欲しいんですけどかまいませんね!

…とか、思ってたら普通に犯人でした…orz

そりゃ、最初から犯人臭全開だったけど…ミスリードとかではなく
そのままドーパントだった上、こんなに早く正体がバレるとは驚いたわ!



ジャスミン(#21)2



でも、おヘソが見られたから良しッ!!






「絶望がお前達の…ゴールだ!」




エンジンMD(#21)



エンジンマキシマムドライブがカッコA!!
ナイスAの字斬り!前回の飛んでいくAより、こっちの方が好みですわ!


銃弾1発で倒されるマスカレイド・ドーパントは貧弱貧弱ゥ!
…変身する意味があまりない気がするネ。






亜樹子
「つまりマッキーは、竜君を出し抜いて
その女刑事にカッコイイ所を見せたいんでしょう?」


真倉さん
「いやぁ…。」


翔太郎
「分かるぜ、俺には分かる。
照井には一度ガツンと思い知らせておく必要がある!





翔太郎&真倉刑事(#21)





さ…最強タッグ結成キタァーーーッ!!





すげぇ…ダブルで最も頼れないコンビだこれ…


モテたいが為に、探偵に仕事を依頼に来る刑事と
気に入らないヤツの鼻を明かす為に仕事を引き受ける探偵…

まさにダブル界のモースト・デンジャラスコンビ!
いやビッグ・ボンバーズやで!







 2人で照井の野郎に
     ギャフンと言わせてやろうぜ!

           / ̄ ̄\
         /  ヽ_  .\    パシャッ!
         (>)(<)。  |     ____
         (__人__)  ゚  |    /      \      サンキュー翔ちゃん!
         l` ⌒´    | / ─    ─   \        心の友よ!
        . {          | /  。⌒     ⌒ o  \
          {       / |      (__人__)     |
     ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ./_
    / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ...ヽ,
   /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
      _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
      >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'









┏━━━━━━━━━━━┯
┃        / ̄ ̄\    く
┃      /  ヽ_  .\  ゝ  よく考えたら、いらないだろあんなヤツ…
┃      ( ●)( ●)  | 〈          常識的に考えて…
┃      (__人__)      |   7
┃      l` ⌒´    |  ノ
┃     . {         |,イ
┃       {       / | \
┃  ,-、   ヽ     ノ、\ `ヘ、
┃ / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  `∟_
┃/  L_         ̄  /         ト、,_
┃   _,,二)     /              〔―ヽ、人,,r、__
┃   >_,フ      /                }二 コ \.  Li\_,
┃__,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |   ┃
┃            l                   i   ヽl   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



即解散ッ!






警察みたいな権力には屈しないが、私利私欲で仕事を引き受ける…
それがハーフボイルドなのさ!!


でも、いくら真倉さんとは言え
鼻フックはあんまりだと思うwww



鼻フック真倉さん(#21)



マッキー… (ノД`)







「この口笛…。」





トライセラトップス・ドーパント(#21)1





どうやって吹いてるんだろう…?


                ,ィr彡'";;;;;;;;;;;;;;;
              ,.ィi彡',.=从i、;;;;;;;;;;;;
            ,ィ/イ,r'" .i!li,il i、ミ',:;;;;
    ,. -‐==- 、, /!li/'/   l'' l', ',ヾ,ヽ;
  ,,__-=ニ三三ニヾヽl!/,_ ,_i 、,,.ィ'=-、_ヾヾ
,. ‐ニ三=,==‐ ''' `‐゛j,ェツ''''ー=5r‐ォ、, ヽ
  .,,__/      . ,' ン′    ̄
   /           i l,    
  ノ ..::.:... ,_  i    !  `´'      J
  iェァメ`'7rュ、,ー'    i }エ=、
 ノ "'    ̄     ! '';;;;;;;
. iヽ,_ン     J   l
  !し=、 ヽ         i         ,.
   ! "'' `'′      ヽ、,,__,,..,_ィ,..r,',",
   l        _, ,   | ` ー、≡=,ン _,,,
    ヽ、 _,,,,,ィニ三"'"  ,,.'ヘ rー‐ ''''''"
      `, i'''ニ'" ,. -‐'"   `/
     ヽ !  i´       /
     ノレ'ー'!      / O



あの口で吹けんの?





もしかしたらティーレックス・ドーパントみたいに、口の中に顔があるのかも!
これが本体のハンサム顔だ!的に。



トライセラさんアップ(#21)

ティーレックス・ドーパントの中身(#2)



トライセラトップスのメモリらしいけど、ティーレックスと比べて
デザイン的にかなりカッコイイ。差別じゃねこれ差別じゃね?



口笛の音と共に現れる復讐者・トライセラトップス・ドーパント!

復讐となると我を忘れ
一般人にも斬りかかる竜君とはえらい違いだw

なかなかカッコいいじゃないか。
デザインも良いし2話で退場は勿体ない気もするなぁ。






           ○
         ___|___
        /::\:::/:: \    
      / <●>::::<●>..\   
 ((  /::: 三(__人__)三 ::: \  
    |     ` ⌒´     |   
    \           /
      >         <. スッ
     ( <|       .|> )
      \|       .|/ 








           ○
         ___|___
   ♪   /::\:::/:: \    
    ~ / <●>::::<●> .\  フスゥ~
    /::: 三(__人__)三 ::: .\  フスフスゥ~スゥ~
    |     ` V´      |
    \           /
      >         <. 
     ( <|       .|> )









 
     ./ ̄ ̄\ イラッ
   /   _ノ  \  
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     ./   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \



吹けてねぇ!?





変身完了するまで攻撃しないって約束じゃないですかー!?



変身途中なのにィッ!(#21)



阿久津を追う時に格好つけて走っているからこうなるのさ!
ゴミ捨て場行きは、ちょっとヒドイと思うけどw






九条綾
「せっかく掴んだ敵組織に迫る糸が…!」



「糸はまだ途切れていない。阿久津の落とし物だ。





キャサリン(#21)





      _____     
    / ―   \    …。
  /ノ  ( ●)   \ 
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |








      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |  
. |   (__ノ ̄    /    
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ









   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \     (さては読めないだろ…常識的に…)
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



フィリップー!なんて読むのか検索してくれー!






真倉さん
「立派な警察官なら犯人達を逮捕し、裁きは法に委ねるべきだ!
それをドーパントになって復讐だなんて!」



「お前に何が分かる!」





照井パンチ!(#21)





ま…真倉すわぁーーーん!??





パンチキター!正論言ったらパンチキター!!



さすが真倉さんッ!今日もバッチリ職務をこなしていましたねw

正論を言って殴られる警察官…
そう簡単に出来る仕事じゃないですよ!







          ____  キリッ
         / \  /\          復讐なんて最低だお!
       / (ー)  (ー)\    警察官たるもの、裁きは法に委ねるべき!
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))










   / ̄ ̄\    テメェに何が分かる!
 /ノ( _ノ  \     このナマクラがァッ!!
 |,'⌒ (( ●)(●)
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,  えーーーっ!??
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____ 
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐──‐‐ ン
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::: ゜ .
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄/i'只 ̄/ ̄|Y‐-<` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            //   > |≡| / <〃  ヽ



ほっぺたにハエがとまってたんだYO!





それにしても、今回は真倉さん大活躍!

鉄パイプで足を滑らせて転倒し気絶。
訓練中サボっているのを見つかって教官に投げ飛ばされる。
正論を言って、照井パンチを喰らう。
綾に気絶させられて、その拍子に鼻に詰めたティッシュが飛び出るなどなど…


真倉さんファンにはたまらない回でしたNE!





真倉さん
「僕…なんか間違えたこと言いました?」


フィリップ
「正論は時として、暴論より相手を怒らせる。」


真倉さん
「そんなぁ…。」




正論言ったばかりに(#21)



真倉さんの行く末は、お先真っ暗なんつってwwwww






九条綾
「竜…さっきは私の為に殴ってくれたの?」



「いや、アイツのほっぺたにハエがとまっていた。」


九条綾
「フフ…竜でもそんなジョーク言うんだ。」



「恋人だったのか?」


九条綾
「今みたいに、彼とよく風都タワーを眺めてた。」
「そんな時、彼は決まって口笛を吹いてた。」





照井と九条(#21)





やだ…なにこのハードボイルドな雰囲気…






|
|    ハードボイルドな感じじゃねーか…
| ̄ ̄\        羨ましいだろ常識的に…
| _ノ \\   
|(●)(●)i
|.(__人__) i
| .` ⌒´ |. ̄ ̄\    戻ろう翔ちゃん…
| . .  ノ_ノ  ヽ、.\      出ていける雰囲気じゃないお…   
|. .  / (●) (●)ヽ
|    ヽ (__人__)'  i
|     |  `⌒´  /



翔太郎と真倉さんはもはや添え物的扱いだぞ!








「さぁ言え!お前が仕事をやると言って連れ去った人達はどうした!?」


阿久津
実験台にされたらしいぜ。ガイアメモリの商品テストのな!」





ビーン・メモリ(#21)





ま…豆デターーー!!???




Bee(蜂)かと思ったらBEAN(豆)だったでござるの巻w




             /}
     r、   //'〉
      | { 、  //./_     完全調和…
     l VzソフY´::.ヽ  `ヽ
       Vi´/ /: : : ::.l    ',
     .ハ.ノ /.: : : ::j     l        _
       !::Y´ヽ: : : .:/、_   :|      /,::::::::ヽ
      ヽ{- '^ヽ/、__ ̄._j    //-、::::::::',
         ヽ イ >--‐ァ'´ヽ、__.//   /::::::::::|
        〔'´ ヘ._/, - '´_/ >-く:::::::::::::}、
          ̄V // ̄  / / / ̄ヽヽ::::::::}
          , イ./   /_」  〕   Vl:::::/
          /_ノ\.  //´. : :  〔    〕l::/



ビーン・ドーパントはどう考えても強くなさそうなんですけどw




あぶねぇあぶねぇ
サンタちゃんが変なドーパントの実験台にされるところだったw



サンタちゃん(#21)



ビィーンw






フィリップ
「油断するな。こいつは敵の幹部だ。強いよ。」



「なんであろうと、ドーパントは倒すのみだ!」





ライダー共闘(#21)





アクセルが登場してしばらくは、ダブルともいがみ合って
チキチキライダーバトルするのかと思っていたら
照井さんがアッサリ和解したので、さっそく協力バトル!いい感じです。


でもダブルはいい所なし!
無敵のルナトリガーすらかわされてションボリですよ。

一方アクセルは、スチームで目くらましからのジャンプ斬り一閃!
新キャラ補正も付いて大活躍です。
次回あたりまでアクセル無双だなこれは!



クロックアップミック(#21)



ルナトリガーの追尾弾を難なくかわすミックのスピードパネェw

ダブル&アクセルを同時に相手にしても、まだ余裕がありそうなミックは
幹部に相応しい実力の持ち主ですよニャー。





翔太郎
「お前の命は刑務所に守ってもらうんだな。」


阿久津
「いや、俺の命を守るのは…あの化物だ!!」




スミロドン・ドーパント(#21)



冴子さんが阿久津を守る為に、ミックを差し向けたとは思えないので
おそらく邪魔になった阿久津を消すために、ミックを向かわせたんだろうと思う。

だって冴子さんだし。






翔太郎
「溝口!」


フィリップ
「いや…溝口じゃない。」


翔太郎
「…って、どーゆーことだ!?」




トライセラトップス・ドーパント(#21)2




「君なんだろ?…九条刑事。」


九条綾
「やっぱり気付いてたのね、竜。」


翔太郎
「えーーーっ!?」




九条綾(#21)





翔ちゃんwwwww





1人だけ置いてけぼりの翔ちゃんが可哀想です><



また女性ドーパントですが、いい加減に慣れました!
特に違和感無く受け入れてしまいましたw
最終的には女性だらけになったら良いんじゃないカナ?




ドーパントがらみの事件で、濡れ衣を着せられ消された刑事・溝口。

同僚で恋人だった彼の復讐の為に、想いを秘めて
自らドーパントとなり関係者を始末していく九条刑事。



クッ…ハードボイルドだぜ…!!
なんか本格刑事ドラマみたいだw


そんな中
1人取り残されている翔太郎がハーフボイルドすぎて泣けるで!






         ___  キリッ
       /     \    おいコラ溝口ィッ!
      /   \ , , /\      ようやく見つけたぞ!!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |    お前の罪を数えろっ!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |







         ____
       /      \ !?
      /ノ  \   u \        いや…溝口ではない>
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
    \ u.` ⌒´      /       君なんだろ?九条刑事> 
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄    
.      |          |     やっぱり気付いていたのね、竜…>









         ____
       /      \ !??
      /   u   ノ   \
    /      u (●)  \
     |         (__人__)|
    \    u   .` ⌒/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃         
     |            `l ̄             翔ちゃん頑張って!>
.      |          |     










       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"



泣かないでー!翔ちゃぁーん!!




続きを読む »

侍戦隊シンケンジャー&仮面ライダーW 手っ取り早く感想

2010.02.07 (Sun)

侍戦隊シンケンジャー 最終幕 「これにて一件落着!!」



侍戦隊シンケンジャー!参る!!



侍戦隊シンケンジャー(最終幕)




か・か・か・かぁーっこいいーーー!!




素顔名乗りにとどまらず、素顔生身殺陣
そして素顔巨大戦とてんこ盛りの展開!カッコよすぎる!!

合体が解除されていっても突き進み
肉を切らせて骨を断つシンケンオーが格好良すぎた。



殿と姫の親子レッドが見られなかったのが、ちょいと残念でしたが
姫、ジイ、さらには丹波にも見せ場があって燃えました!



流ちゃん大活躍(最終幕)



中でも流ノ介は、ドウコク一の目へのトドメといい
最後の舞といい、美味しい所を持っていったなぁw


ドウコクも最後までかなりの強さ&外道っぷりだったし
シタリに至ってはしぶとく生き残ってるし外道衆サイドも良かったなぁ。



皆が一人一人去って行くのも粋な演出でした。
盛り上げる所は熱く盛り上げて、最後はキッチリ締める!


まさに「これにて一件落着」の展開!!

でも、終わった後、なんか爽やか&切ない気分になってしまいました。



ストーリーも非常に良く錬られてたし
戦隊モノ最高峰と言っても過言ではないくらい非常にレベルの高い作品でした!

一年通して、楽しませてくれたシンケンジャーに感謝ですわ。


…でも来週から寂しいのなんの(泣






せっかくだから俺はこのAAを貼るぜ!




             (\___/)
           ( ̄l▼      ̄)
            /  ●   ● |  ンモ゛ォオーーーーッ!  
            |   l ___\|
           l▲  (  。--。 )`\  
           彡、::::::::: \\\:::::、` \
    ( . .:.::;;;._,,'/ __::ヽノ\\\  >  )
     ).:.:;;.;;;.:.)(___)::::::::::/\\\(_/  ズシーン
    ノ. ..:;;.;.ノ  |■:::::::::::::▼/  \\\
   ( ,.‐''~ ワー  | ::::/\:::::\ .  .\\\丿ヽノヾ/丶
(..::;ノ )ノ__.  _  | ::/  _ )::::: _)ゴー..ヽ\\_ノヽノヽノヽ )
 )ノ__ '|ロロ|/  \∪.___.|ロロ|/  \/ヽ ヽ\     )ノ
_|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_  (.:;;.;;丶   丿




最終回前に、もう一度くらいモウギュウダイオーが活躍すると
思っていたけど、そんなことはなかったぜ!






仮面ライダーW 第21話 「これにて一件コンプリート!!」



九条綾
「九条綾です。本日付けで風都署超常現象犯罪課に配属されました。
ナイスチューミーチュー。




ジャスミン(#21)1




ジャスミンきた!これで勝つる!




しょっぱい英語は置いといて
準レギュラーになって欲しいんですけどかまいませんね!
(…とか、思ってたんですけど無理そうですねぇ。


最初から犯人臭全開だったけど、ミスリードとかではなく
まさかそのままドーパントだったとは!



まぁ、おヘソが見られたから良しッ!!



ジャスミン(#21)2



しかし、ジャスミンが来ると
アクセルドライバーがブレスロットルに見えて困るw





真倉さん
「立派な警察官なら犯人達を逮捕し、裁きは法に委ねるべきだ!
それをドーパントになって復讐だなんて!



「お前に何が分かる!」






          ____  キリッ
         / \  /\          復讐なんて最低だお!
       / (ー)  (ー)\    警察官たるもの、裁きは法に委ねるべき!
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))










   / ̄ ̄\    テメェに何が分かる!
 /ノ( _ノ  \     このナマクラがァッ!!
 |,'⌒ (( ●)(●)
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,  えーーーっ!??
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____ 
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐──‐‐ ン
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::: ゜ .
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄/i'只 ̄/ ̄|Y‐-<` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            //   > |≡| / <〃  ヽ





ま…真倉さぁーーーん!??





さすが真倉さんッ!今日もバッチリ職務をこなしていましたねw

正論を言って殴られる警察官…
そう簡単に出来る仕事じゃないですよ!



ほっぺにハエがとまってたんだとYO!(殴られたの鼻だった気がするけどw






蜂かと思ったら豆だったでござるの巻。



ビーンメモリ(#21)



豆ってwww






後日(たぶん)追記予定ビーン!




侍戦隊シンケンジャー感想 第48話

2010.02.05 (Fri)

第四十八幕 「最後大決戦(さいごのだいけっせん)」



殿
「姫が…お義母さん…!あんな凛々しい姫が母上で…
年下の幼い娘が母上で…お…俺は一体どうすれば…!
いっ、イカン!な…なんかムラムラしてきたぁーっ!!
ぼかぁ…ぼかぁ…もう…お、お義母さーーーーーんッ!!」
…な、第48話。




血祭ドウコク
「もう俺が欲しかったテメェじゃねぇなぁ。」


薄皮太夫
「昔の様には弾けん…二度とな。」




ドウコクと太夫(#48)1



血祭ドウコク
「だったら…終わるか。」


薄皮太夫
「あぁ…それもいいな…。」


血祭ドウコク
「じゃあな、太夫。」




ドウコクと太夫(#48)2




渋過ぎるだろ…常識的に考えて…




全ての未練を手放して消え行く太夫を、力強く抱きしめて看取る漢!
その名は血祭ドウコク!

なにこのド外道…カッコイイじゃないか…!






            / ̄ ̄\    ハードボイルドすぎるだろ…
          / ─  ─\      常識的に考えて…
          |  (○) (○)|
     ____. .| u (__人__) |
   /  u   \   ` ⌒´ ノ   チビっ子には理解できない
  /  ─    ─\    u  .}      大人な世界だお…
/    (○)  (○) \     }
|   u   (__人__)    |    ノ.ヽ
/     ∩ノ ⊃  /∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |/ _ノ |  |
.\ “  /__|  | /__|  |
  \ /___ //___ /



漢には漢の世界がある!





アダルティな雰囲気満載で薄皮太夫を吸収し
カピカピだった右肩も完全回復したドクコクさんは
太夫との別れと言う悲しみを乗り越え、怨敵シンケンレッドへと挑むのであった!


大魔王との最終決戦に挑む前の勇者サイドみたいな展開だw
あいつら外道衆なのにw







「これから封印の文字を使う!
だが、ある程度の時間が必要だ!皆、頼む!」


流ノ介
「姫に指一本触れさせるな!」


千明
「オウ!」




スーパー&ハイパー(#48)



血祭ドウコク
「てめぇら雑魚に用はねぇ!!」




血祭ドウコク(#48)




ドウコクさん強すぎ吹いたwww




姫に指一本触れさせないどころか
シンケンジャー5名の袋叩きアタックでもノーダメージ!



シンケン袋叩き!(#48)



スーパーシンケンブルーとハイパーシンケングリーンの投入も
意味をなさない程の圧倒的力量差!まったく相手にならないぞ!


あとハイパーシンケングリーンの色合いが気になるぞ!







「外道封印!!」




封印の文字(#48)1




な…なんかスゴイ文字デターーー!!?




封印の文字が、こんなだったとは…
全然、読めなかったわ…(2つの意味で





          …。
   / ̄ ̄\
  /   /  \                  ____    …。
  |    ( ●)(●)                //   \\
  |       、_! )              /(●)  (●) \
  |     'ー=-'ノ           /:::⌒  、_!  ⌒::::: \
.  ヽ       }               |    'ー三-'      |
   ヽ     ノ            \            /
    /    く  \             /           \
    |     \   \        | i           .|  |
    |    |ヽ、二⌒)、         | |           .|  |








          読めないね。
   / ̄ ̄\
  / /  \\                  ____    読めなかったね。
  |  ( ●)(●)|                //   \\
  |    、_!   )               / (●)  (●) \
  |    'ー=-'  ノ           /:::::⌒  、_!  ⌒::::: \
.  ヽ       }               |     'ー三-'     |
   ヽ     ノ            \            /
    /    く  \             /           \
    |     \   \        | i           .|  |
    |    |ヽ、二⌒)、         | |           .|  |



もしかして「げどうふういん」って読むんじゃね?





単純に「封」とかじゃないんですね。
「門」「悪」「炎」の混じった文字かな?


先代シンケンレッドは、死の寸前にこんな複雑な文字を書いて
(不完全ながら)ドウコクを封印していたのか。

なんというガッツの持ち主!さすが姫の父上である。





血祭ドウコク
「残念だが終わってねぇぜぇ。」



「馬鹿なッ!?そんなはずは…!」


血祭ドウコク
「太夫…テメェの体…役にたったぜ…。」




どっこい生きてる(#48)




全然効いてねぇーーーっ!?




怖ぇよ、この人、超怖ぇよ。




幼少の頃より血の滲むような鍛錬を繰り返し
全てを込めて放った封印の文字が効かないとかー!


でも、ただ単に圧倒的力量の前に封印が効かなかったのではなく
ドウコクが直前に吸収した、太夫の半分人間の部分が封印を破るという
明確な理由があったので、なんか納得しちゃいましたわ。



要するにドウコクと太夫のラブパゥワァー
姫の封印を破ったというワケですね!(そうなの?






骨のシタリ
「太夫のお陰で水切れの心配はなくなったし、封印の文字も効かない!
アタシ達外道衆も好きなだけ人の世に出て行けるってもんさね!」


血祭ドウコク
「あぁ…。」


骨のシタリ
「なんていうんだろうねぇ。外道のアタシ達に念仏もないだろうし…
ドウコク…お前さんも因果だねぇ…。」




男前ドウコク(#48)




それにしてもこの外道、男前である。




わざわざ一度、三途の川に戻ってまで
太夫を供養するドウコクさん男前過ぎるだろ。





          ____         _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
       /_ノ  ヽ、_\      (  やだ…なによアイツ…カッコつけちゃってさ!
.     / (● ) (● )\   (  そんなことしてもアンタはド外道なんだからね!
    ///////(__人__)///\   ◯     …なのに、この胸の高鳴りは…なに?
    |               .| 。O   ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄
     \            /
    ノ             \
  /´                ヽ
 |    l               \



くやしい…!でも…トキメいちゃう!




薄皮太夫といい十臓の最後といい、インパクト絶大ですよ!
外道衆サイドのドラマが深くて感心しますわ。

しかも、太夫を吸収した事により
封印の文字無効・水切れ無効の能力もゲット!
…ってなんだよそのチート性能w



もう…弱点が見当たらないんですけどこの人…。

唯一効果的だった、姫のモヂカラを込めたディスクで
ドウコクが吸収した太夫の部分を突くしかなさそうですねぇ。





血祭ドウコク
「飲み込めェッ!人間共を好きなだけ苦しめろ!
この世は外道衆のもんだァッ!!




三途の川氾濫(#48)1

出陣ドウコク(#48)



三途の川の溢れっぷりパネェwww



三途の川で溺れ死ぬってのも、なんか深いものがあるな。

命を半分にしたものの、ちゃっかり最終決戦まで生き残っている
シタリお爺ちゃんの活躍にも期待しておこう!







「私の養子にした。」




私の養子にした(#48)




         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。




よ…養子縁組キタァーーーッ!!?




まさかの養子!!まさかの養子ですよ!!?



殿が志波家十九代目当主として姫の養子にぃッ!?
その発想は無かったわ…

それにしても超展開すぎるwww
殿と姫が結婚とかのレベルじゃねぇぞ!




姫は殿より年下だから、年下の義母になるのか…
あんな可憐かつ聡明な美少女姫が義理の母上とな!?


むぅ…ワタクシなんだか興奮してまいりましたよ!






  |┃    ガラッ
  |┃ 三        / ̄ ̄ ̄ \  ハァ
  |┃         /  ::/:::\::  \    幼い姫が義母という響きに
  |┃       /  .<●>::::::<●>  \    なにか性的なものを感じ
  |┃ 三     |  ///(__人__)///  |     いてもたってもいられず
  |┃   ハァ   \    ` ⌒    ,/       馳せ参じましたお!
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \   とりあえず全裸で来てみましたが
,ニ⌒ ̄ ̄"   y            r、  ヽ    僕も養子にしてくれませんか?
゙二、,ノ──-‐'  |  ゚       ゚   .| l"  |
  |┠ '       |    ■■     l/'⌒ヾ
  |┃三        |    ■■    |ヾ___ソ
  |┃      /  \ ■■/   l









              / ̄ ̄\          |┃┃
             /   _ノ  \        |┃┃
             |     ( ●)(●)         |┃┃
          |     (__人__)       |┃┃
              |     ` ⌒´ノ      三|┃┃ ピシャッ!
           |         }        |┃┃て
           ヽ        }         三|┃┃ て
               ヽ     ノ         三|┃┃(
               /    く       γ⌒)|┃┃
            |       \____ノ ' ノ |┃┃
             |     ヽ  ___,,、   |┃┃



ドキッ!義理の母は幼姫!…の巻。






丹波
「メチャクチャでございます!大切なのは志葉の血筋!
だいたい…子供の方が年上ではございませんか!?」



「無礼者ッ!年下であろうと!血が繋がって無かろうと!丈瑠は私の息子ッ!
志葉家十九代目当主である!頭が高い!一同控えろッ!



一同
「ハハァー。」




嬉しそうに控える一同(#48)




なんか嬉しそうだなみんなw




姫があの若さでイキナリ養子をとるとか
丹波の言うとおりメチャクチャではありますが…

皆の気持ちを一つにするという意味で
これ以上の策が他にあろうかイヤなかろうなのだ!





そして殿のこの顔であるwwwww



義母と息子(#48)



やだこの子www生意気そうwww




十九代目当主の座を襲名したとたん
さっそく偉そうな雰囲気を醸し出すとは、さすが殿ォッ!







「ずっと、自分の影がどういう人間なのかと思っていた。」
「でも、会わなくても一つだけ分かっていた…
きっと私と同じ様に独りぼっちだろうと。」
「自分を偽れば人は独りになるしかない。」


殿
「はい。ただ…それでも一緒にいてくれるものがいます。




殿と姫(#48)



ようやく真に仲間との絆を信じる事ができるようになった殿と
そんな皆の関係を見て、自分の考えを改める姫。良いシーンです。


封印の文字が効かないと知り、すぐさま当主を殿に譲るその決断力!
やはり姫のポテンシャルはハンパやないで!

殿の母上としても無事にやっていけるなこれはw






丹波
「恐れながら申し上げます。封印の文字が効かぬ今…
いったい、どのようにドウコクを倒すつもりであるか?」


殿
「策ならある。力づくだ!」




力づくだ!(#48)





す…スゴイ策デターーーーー!!!?



:::ミ:/ ,,..__ ゙     ~~´  ゙ミミ! '"';:' ;'::'゙:゙::;゙ fミ ノノノ/ili!ヽ::;, /`ヾ .: :.:..:: ミ、
:ミ:/  u  `ヽ、  ゙ , ;, ,; u u゙ミi  ,. ,. ,, ., ., .:i -..,ゞ、ノツソ ,.ヾ;i ,.,  ,..,,.,.   ミ
:/ u    ,.-一‐ヾ 、_;,.;,.,; _,,,;;-'''i/メ、ノノil!))ヾ、 .i ゙;._f5゙`ー;:,.'e-゙:!,.ゞ、_ソツノ;,ヾ;;ヾ゙
     '´  (・) `ー=t"r.` ./;'"r。゙ーt ,;-='´iu""._ u ゙ゞ゙ー' i.._G_,゙;:/t'a`i/i
  u   ゙ー--一,,.::  トー--'::! ゙-一u i、,゚,,ノ.i,j ./" `ヽ. ン u.i、u__ノ´, ゞ、.ィ'
          u   ゙'ヽ ゙`i u ,.:‐-、 ;.ノ  i .i'.._ ゙ー-/  .ノ ./- 、゙7 u 丿
  u    ,.-‐- 、.._ τ/ u ! f--...___7 u丿.i、.:__ヽ / /ヽ. i、___,ソ ./
      /__   `゙ー, u  ノ、 i、 ゙ ゙̄/ ./ ヾー--',ィ'._   `┬‐'´; ゙ヽ
.、     /,,..._" ̄ ゙̄/  /  ゙ヽ二ニ/ ゙`ヽ.   `T'"  `ー、 .,;i  ;   ,イ
;;;;\   i    ゙: ̄ヾ./ /;;;゙、   i::: : :.    ゙i  .,;i  ';.   ゙i ノ  ;' ;/ :i



そうよね!やっぱ最終的には力づくよね!力こそパワーよね!






                  ____
                /      \   策はこうだ!
               /  \   / \    力一杯ぶん殴る!!
             /   (●)三(●)  \
             |      (__人__)     |
             \     ` ⌒´    ,/
            /_ \::  `   ´.:::/ `ー-、__
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ニ__ ー ::|::...         ̄``ー-、
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:     ::::::::|:.:.:.:...    r       \
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.::   ν  ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.     >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ










            /    ;;;;;;;;;;ヽ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、  フッ…さすが我が息子、丈瑠!
           | ノ   \  ;;;;;;;;;;|
           |( ●) (●) ;;;;;;;;;l   負傷して動けぬ、この母の分まで
           | (__人__)  ;;;;;;;;il      存分にその力を振るうが良かろう!
            | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、
              \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_
         /)     ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
      \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;



ひ…姫ェー!?





千明
「ハハッ、そりゃそうだ!」


茉子
「確かに、倒すしかないんだもんね。」


流ノ介
「殿ォッ!素晴らしい策ですぞ!」


ことは
「ウチ、頑張ります!」


丹波
「お前達ぃ…」


源太
「…。」




源ちゃんスマイル(#48)



ちょwww源ちゃんウゼェwwwww






殿
「どうあっても、外道衆を倒す!俺達が負ければこの世は終わりだ!」
「お前達の命…改めてあずかるッ!!」





殿様出陣(#48)




流ノ介
「もとより!」


千明
「当然でしょ。」


茉子
「何度でもあずけるよ。」


ことは
「ウチは何個でも!」


源太
「じゃあ俺達は2人合わせて、さらに倍だ!!」


ダイゴヨウ
「持ってけ泥棒!」






天下御免の侍戦隊!シンケンジャー!参るッ!!




最終決戦(#48)1




志葉家十九代目当主の座を受け継ぎ
名実共に真の殿となった志葉丈瑠と家臣達の最初で最後の大決戦!

しかとその目に焼き付けろッ!!








………。



多すぎだろ⋯常考⋯(#48)





    |┃
    |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、
    |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
    |┃   N {                \
    |┃  ト.l ヽ               l
 ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    |
    |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    <  予想以上に外道衆が多かった!
    |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ     |     人類は滅亡する!
    |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン       \____________
    |┃      l     r─‐-、   /:|
    |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |
    |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
    |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l









         ____      
        /_ノ ' ヽ_\       危ないから、やっぱり帰るお!
      /(≡)   (≡)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      
     |     |r┬-|     |      
     \      `ー'´     /
     /          \
     (  |          |  )
     \|    э    |/
       (    ,,,,    ,ノ        侍戦隊シンケンジャー
       \  、(U)ノ ノ          
         \/  /            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /  /\            d⌒) ./| _ノ  __ノ 
      ⊂⌒__)__)











   / ̄ ̄\     帰るなや!
 /ノ( _ノ  \    
 |,'⌒ (( ●)(●)  
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐──‐‐ ン
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゚;:,::: ゜
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄  '  ̄  ̄  <` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            /              ヽ



次回!最終回ッ!!




仮面ライダーW(ダブル)感想 第20話

2010.02.03 (Wed)

第20話 「Iが止まらない/仮面ライダーの流儀」



翔太郎
「照井のいれたコ〜ヒ〜ィ?ケッ!オレはハードボイルドだよ…!?
性悪刑事がいれたコーヒーなんてチャンチャラおかしくて…
ゥンまああ〜〜〜い!!味に目醒めたァーっ!!いつでも来てくれよ竜ちゃん!」
…な、第20話。




翔太郎
「変身解除した人間を攻撃するつもりか!?」



「ヤツは俺の全てを奪った、Wのメモリの持ち主だぞ!」


フィリップ
「Wのメモリとは何だ?」



「俺に…質問を…するなァーーッ!!」




暴走アクセル(#20)1




駄目だこいつ…
まったく話が通じない…




       /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ   
 .      /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',  
  .     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!  
     ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l  
    !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|  
    j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !  
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ   
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!    
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
         / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



誰かぁー!通訳さん呼んでぇ−っ!





翔太郎
「罪を憎んでも人は憎まない…
この街の人々が仮面ライダーに望んでるのは、そう言う心だ!」



「甘い…甘ったるい事を言うなァーッ!!」




暴走アクセル(#20)3




うわ駄目だこいつ!
もう手がつけられねぇ!!




       /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ   
 .      /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',  
  .     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!  
     ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l  
    !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|  
    j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !  
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ   
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!    
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
         / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



誰かぁー!おまわりさん呼んでぇ−っ!





だから変身解除した生身の人間に
そう簡単に斬りかかるんじゃないの!



初登場時のクールでドライな感じの照井君はいったいどこへ!?
一転、復讐に燃えるパニッシャーですよ!


目的の為ならば手段を選ばずなタイプかつ
意外と熱くなりやすい性格なのかもしれんが暴走しすぎだろw



暴走アクセル(#20)2



ヒートメタルとアクセルのバトルは
色合い的にかぶっちゃってて見づらいですね!







「子供の報告か…ご苦労!あとは俺が単独でやる!」




風都署超常犯罪捜査課(#20)



照井さんがこんなだから
超常犯罪捜査課の規模がションボリなのかしらん…

総員3名って…
そのうち1人は役に立ちそうもないしw




               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    ねぇねぇ、これって窓際…
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /








   / ̄ ̄\   おっと…それ以上言うなよ…
 /   _ノ  \    常識的に考えて…
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__)____
  |     ` ⌒/ ─' 'ー\
.  |       /( ○)  (○)\ ムグッ!?
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \
   ヽ   |、    (  ヨ    |
   /    `ー─−  厂   /
   |   、 _   __,,/     \



忠告しておく…照井に質問をするな!







「いい加減にしろ!何度も何度も!
自分がした事が何なのか分かっているのか!?




暴走アクセル(#20)4




それはひょっとして
ギャグで言ってるのか!?




                ,ィr彡'";;;;;;;;;;;;;;;
              ,.ィi彡',.=从i、;;;;;;;;;;;;
            ,ィ/イ,r'" .i!li,il i、ミ',:;;;;
    ,. -‐==- 、, /!li/'/   l'' l', ',ヾ,ヽ;
  ,,__-=ニ三三ニヾヽl!/,_ ,_i 、,,.ィ'=-、_ヾヾ
,. ‐ニ三=,==‐ ''' `‐゛j,ェツ''''ー=5r‐ォ、, ヽ
  .,,__/      . ,' ン′    ̄
   /           i l,    
  ノ ..::.:... ,_  i    !  `´'      J
  iェァメ`'7rュ、,ー'    i }エ=、
 ノ "'    ̄     ! '';;;;;;;
. iヽ,_ン     J   l
  !し=、 ヽ         i         ,.
   ! "'' `'′      ヽ、,,__,,..,_ィ,..r,',",
   l        _, ,   | ` ー、≡=,ン _,,,
    ヽ、 _,,,,,ィニ三"'"  ,,.'ヘ rー‐ ''''''"
      `, i'''ニ'" ,. -‐'"   `/
     ヽ !  i´       /
     ノレ'ー'!      / O



警視さんのジョークはむつかしいなぁ…





ドーパント化もしていない生身の人間に
アクセルに変身し、エンジンブレードを携えて
しつように襲い掛かろうとしていたのに、この言い草だと!?


この男…ハードボイルドだぜ!(違






          ____
         / \  /\  キリッ
       / (ー)  (ー)\     自分のした事が何なのか
    /   ⌒(__人__)⌒ \          分かっているのか!?
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))








                  だっておwwwwwww
          ____       鏡を見ろ!って言うwwwww
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //
| ::::::::::::(⌒)    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/
|     .ノ      | |  |   \   /  )  /
ヽ    /      `ー'´       ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l      
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、      バン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))  バン



誰かコイツを取り締まれYO!







「なぜ邪魔をする!?俺は法の番人として
当然の正義を行っているだけだ!!




検索小僧が!(#20)



どこのジャッジ・ドレッドだよ…




無法者っぷりにも程があるだろ警視のクセに…。

なんだろうか…もうネタキャラの香りがするんだけど…。







「俺は、ようやく悪魔を…俺の家族を奪った犯人を見つけた!
片平真紀子を消す!君達になど、俺を止める資格はない!」




早とちり竜君(#20)



翔太郎
「照井!お前の憎しみは痛いほど分かった。
だが、そのせいでお前は間違った相手を殺すところだったんだぞ!」



「なんだと!?」


翔太郎
「犯人は…片平真紀子じゃない!」





            !?

やっちまった竜君(#20)



や…やっちまったぁ〜〜〜!



あいたー



アイタタター(ノ∀`)




警視のクセに、ろくに調べもしないで
感情的に行動した結果がこれだよ!






         ___  キリッ
       /     \    この街は悪魔の巣だ!
      /   \ , , /\      俺はようやく悪魔を見つけた!!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |   君達に俺を止める資格はない!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |







         ____
       /   u \ !?
      /  \    /\      いや、その人は犯人じゃねーし…>
    /  し (○)  (○) \  
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /      悪魔を見つけたってwwどこにwww>
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄
.      |          |







         ____
       /   u \       冤罪にも程があるだろ…常識的に…>
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |      ちゃんと調べろよ警視殿www>
     \  u   `⌒´   /
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄      絶望がお前のゴールだwwwwwww>
.      |          |



振り切りすぎだろwww





片平清
「どいつもコイツも俺の事
親のすねかじってるダメ息子だってバカにしやがって!」
「片っ端からムカついた野郎を凍えさせてやったんだ!」




花屋のバカ息子(#20)



それにしても、今回の犯人…まさにバカ息子である。
バカにされてると言うより事実を述べられているだけのような気がw





家族を壮絶な形で失ってる事を考えると
暴走状態に陥る照井さんの心境も理解できなくもな…
いや、やっぱやりすぎだアレは。

ほぼ無関係の翔太郎にも襲い掛かってたしNE!


あからさまに怪しいシュラウドの手を借りてまで
復讐に燃えてるのは分かるけど、もうちょっと冷静になれよ竜ちゃん。

「検索小僧」って罵ってるのかすら、よく分からないぞw



殺害された家族の事も気になりますが
数ヶ月で、どーやって警視まで出世したのか
って事の方が、スゲー気になるw







「変…身ッ!さぁ、振り切るぜ!!」




エンジンマキシマムドライブ!!



エンジンMD(#20)1

エンジンMD(#20)2




やだ…なにこれカッコ悪い…




「A」ですよ?「A」が飛び出すんですよ?
仮面ライダーゼロノスじゃないんだから…


せっかくエンジンブレードなんだから
ブレードを構えたまま突進する系の技の方が
エンジンの推進力を活かした感じで格好良かったんじゃね?



エンジンメモリ排出(#20)



でも、エンジンメモリ排出と同時にドーパント爆発はカッコイイ!


エンジンブレードの排出ギミックはイカスな。
もうジェットやスチームとかマキシマムドライブしたら
排出して捨てる、使い捨てメモリでもカッコイイ気がしてきた!






翔太郎
「照井竜…お前…」




エンジンブレード(#20)1

エンジンブレード(#20)2



こんな重いものどうやって投げつけたんだ…?





               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    ねぇねぇ、これってどうやって投げたの?
   /( ●)  (●)\  !   !   
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   両手で持って引きずらないと
  |     |r┬-|       |  /      歩けないくらいの重さだったよね?
  \     ` ー'´     // 
  / __        /          ねぇねぇ、どうなの照井さん?
  (___)      /








   / ̄ ̄\  キャーッ!
 /   _ノ  \
 |   ( >)(<)
. |.. ////(__人__)____
  |     ` ⌒/     \
.  |       /( ○)  (○)\
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \  ウッ!
   ヽ   |、    (  ヨ    |
   /    `ー─−  厂   /
   |   、 _   __,,/,     \ ドス
    |    /   ̄   i;;三三ラ´ |
    |    |   |    ・i;j:   |  |



質問は受け付けないと言ったぁ!







「ハーフボイルド…とか言うらしいな君の流儀。」
「この街にいる内は、その流儀にあわせる。俺も仮面ライダーだからな。」


翔太郎
「いや別にハーフじゃねぇんだけど…」




仮面ライダーの流儀(#20)




なんかハーフボイルド認定されてる…。


                ,ィr彡'";;;;;;;;;;;;;;;
              ,.ィi彡',.=从i、;;;;;;;;;;;;
            ,ィ/イ,r'" .i!li,il i、ミ',:;;;;
    ,. -‐==- 、, /!li/'/   l'' l', ',ヾ,ヽ;
  ,,__-=ニ三三ニヾヽl!/,_ ,_i 、,,.ィ'=-、_ヾヾ
,. ‐ニ三=,==‐ ''' `‐゛j,ェツ''''ー=5r‐ォ、, ヽ
  .,,__/      . ,' ン′    ̄
   /           i l,    
  ノ ..::.:... ,_  i    !  `´'      J
  iェァメ`'7rュ、,ー'    i }エ=、
 ノ "'    ̄     ! '';;;;;;;
. iヽ,_ン     J   l
  !し=、 ヽ         i         ,.
   ! "'' `'′      ヽ、,,__,,..,_ィ,..r,',",
   l        _, ,   | ` ー、≡=,ン _,,,
    ヽ、 _,,,,,ィニ三"'"  ,,.'ヘ rー‐ ''''''"
      `, i'''ニ'" ,. -‐'"   `/
     ヽ !  i´       /
     ノレ'ー'!      / O



もうハードにはなれないのかなぁ…




いいじゃんハーフボイルド!!
翔太郎にはハードボイルドより、ハーフボイルドの方が似合うと思うね。




翔太郎
「あんたにもう1人でメリーゴーランドには乗らせない。
「木馬に乗ったあんたの切ない顔が忘れられなかった…それだけさ。」




ハーフボイルド(#20)



この辺の
カッコ良いのか悪いのか良く分からないセリフとか
凄く翔太郎っぽくてハーフボイルドな感じ!







         おやっさん…なんか俺…
           ハーフボイルドでまとまりそうなんだけど…


                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄



どうしてこうなった…







アクセル登場、過去話、家族の仇Wのメモリの持ち主とか…
通常なら数話は使うであろう所を、登場エピソードで済ませてしまうとは!

仮面ライダーWのテンポの良さには、相変わらず驚かされますね。



でも「お前のゴールは刑務所だ。」はちょっとダサい気が…

ジャジメント×「絶望がお前の…ゴールだ!」
ジャジメント○「お前のゴールは刑務所だ!」

ってカンジで、使い分けるのはどうだろうかw





Wのメモリは「WEATHER」ですか。



Wのメモリ(#20)



ウェザー・リポートみたいな激強能力なんですね、わかります。

太陽光を利用してのサブリミナル効果で(ry






翔太郎
「なんでお前が、自分の事務所みたいな顔してコーヒー入れてるんだよ!?」



「君の入れるモノが酷すぎるからだ。せっかくの豆が泣く。」


フィリップ
「お、おいしい!」


亜樹子
「うまぁーい!」




照井のコーヒー(#20)2




「なんならフィリップの相棒も代わろうか?彼の力は君には不釣合いだ。」



翔太郎
「なんだとテメェ!ふざけやがって!」
「二度と来んな!この性悪刑事!!」




にどどくんな!(#20)

にどとくんな!!




子供かwwwwwww




枕を投げるな枕をwww

こんな事してるからハーフボイルドなんじゃね?




凄い早さで和解した照井さんですが
いきなり事務所に来てコーヒーを入れだすほど馴染んでくるとは!

前回、出されたコーヒーを香りを嗅いだだけで
飲まなかったのが伏線になっていたんですねw


フィリップは気にしなそうだし、亜樹子にとっては良いお客様かな?
翔太郎の事務所での肩身がどんどん狭くなって来ました。




しかし照井さんが、こんなに早くデレてしまうとはねぇ…
クールで切れ者な感じ→暴走パニッシャー→コーヒー入れに来たお!

…って、たった2話でキャラが変わりすぎだろw



照井竜(#20)



フルスロットルすぎて振り切られそうだわwww





     / ̄ ̄\   いけ好かない刑事だがコーヒーはいただくだろ…
.   ./   _ノ  ヽ       ハーフボイルド的に考えて…
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|








        ウッ!!?

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \
. |     (__人__)  __
  |.     `ー'´ノ´ ̄    ̄\ ドサッ
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \









     よう左ぃ!お前のコーヒーは特別ブレンドだ!
          これからも振り切っていくんで夜露死苦ゥッ!


           *  _______
    / ̄|  +   / 照 井    ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \




まさにアクセルゥ!




 | HOME |  Next »