ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダードライブ感想 第3話

2014.10.24 (Fri)

第3話 「だれが彼女の笑顔を奪ったのか」




自称美人主婦(#3)




証言者の美人主婦ェ…。


一瞬の登場で、華麗なる出オチを決める美人主婦の手腕に嫉妬。
「美人」の部分は本人の主張によるもので
美人主婦の感じ方には個人差があります。

客観的事実に関する考察は
司法機関の元で厳重に議論すべき問題であると言えよう。第3話。



続きを読む »

烈車戦隊トッキュウジャー感想 第33話

2014.10.22 (Wed)

第33駅 「カラテ大一番」




ライト
「俺達トッキュウジャーが
第13回日本鉄道賞の特別賞を受賞いたしました!」


トカッチ
「日本鉄道賞は
日本の鉄道開業130周年を記念して創設されたんだって。」


ライト
「よーし、これからも烈車に乗って頑張っていくぞ!!」





日本鉄道賞特別賞(#33)

賞もろたで!(#33)




なんか凄い賞貰ってる…!!

第13回日本鉄道賞特別賞受賞おめでとう!
これからも応援しちゃうぜ!第33話。



続きを読む »

スーパーヒーロータイムの感想

2014.10.19 (Sun)


烈車戦隊トッキュウジャー 第33話 「希望遊戯」




死亡遊戯的な(#33)




ヒカリの運命(さだめ)は嵐を呼ぶぜ!!


ヒカリの強さと賢さが存分にアピールされたヒカリ回でしたね。
トカッチ回と違って、マヌケなイメージなど微塵も感じさせないのが
ヒカリくんのズルい所だぜw

志尊淳も格闘技をやっていたらしいですが
横浜流星くんは極真空手初段の腕前だもんね。動きの切れが違うわー。
さらに星心大輪拳の使い手でもあるというね。ホワチャ!


単なる生身アクション回ではなく、ストーリー部分にも一捻りあったのが嬉しい所。
ちゃんと空手とも繋がってるのが上手い。

ディーゼルオーのことを「じいちゃん」と言っていた事から
ライトはお爺ちゃん子だと思っていましたが、その通りでしたね。
ヒカリの肩を持たれていたのを知って拗ねるライトが可愛かったな。




おのれ明(#33)




明…お前の死に場所はここだ…!





仮面ライダードライブ 第3話 「ひとっ走りトゥギャザーしようぜ!」




トゥギャザーしようぜ(#3)




やだ…魔進チェイサー超カッコイイ…!


ちょっとスタイリッシュなバイクマン程度に思っていたのですが
実際に変身したり動いている所を見たらカッコ良すぎてまいったぜ。

胴体がズレちゃったり、モンスターと化しちゃったりしてるドライブよりも
魔進チェイサーの方が仮面ライダーっぽくて、ちょっと泣けるw
変身アイテムもイカしてますな。あれ玩具出るのかしら?


霧子ちゃんの過去に加えて、早くも新たなシフトカーが3台も登場とか
出し惜しみせずにフルスロットルしてるカンジが好感触だわー。

ドリームベガスのルーレットでズレる上半身とか
後半使われなくなること請け合いだからね!
全編通して2回くらいしか使われなかったねーってシフトカーが出てくることは
確定的に明らかだからね。むしろバンバン使っていった方がイイよね。

(´ー`)。o0(なんだよマッシブモンスターって…。)


ルー大柴さん良いキャラしてましたねーw
次回でアバンギャルドに散っていくであろうと思うと早くも寂しく感じるレベル。





ハピネスチャージプリキュア! 第37話 「すごごごーいお茶」




すごーいお茶(#37)




このお茶…すっごい…!!
大きさとか、太さとか、色とか、なんかもうすごっい…///




青の吸血鬼(#37)




ほほぅ…吸血鬼ですか。地球の神が吸血鬼のコスプレですか。
めぐみの友達からチヤホヤされて有頂天ですか。
あーもーこれはアレですわ。
いたいけな少女のアレを吸いまくりですわ。
吸ってはポイ、吸ってはポイの繰り返しですわ。
大人のトリックオアトリート炸裂ですよ。おぉ怖い。

もうホント、近所のお兄さんレベルならいいんだけど
地球の神にこーゆーノーテンキなことされるとピリピリ来ますね。

めぐみ以外はコスチュームのアップもなかったというのに
ブルー様に至っては、二段ぶち抜きレベルの登場シーンでしたわ。
これが神の権力…ミッチの求めていた力…!!




羽はやしてみたわよ(#37)




何度目だ真央ちゃん。何回サイアークにされてんのよ彼女w
そろそろ耐性がついてきて、自力で脱出できちゃったりするんじゃなかろうか?
もはや次世代のプリキュア候補の筆頭として
紙の手帳にリストアップされているに違いあるまい。
それにしても、プリンセスガチンコヘッドのプリンセス感のなさは異常。


長き沈黙を破りパワーアップしたファントムが再登場するのかと思いきや
プリキュア墓場でパッケージされてた、いおなお姉ちゃんが出てきた…。

イノセント説得からのビッグバンで、オレスキーを陥落寸前まで追い込んだものの
ダークサイドに堕ちたキュアテンダー登場で華麗にキャンセル。

ダークテンダー?アンテンダー?暗転ダー?
名前は定かではありませんが
蝶の羽を装備しちゃってるのが、悪堕ちの印と言うことなのだろうか。
あっ、キュアテンダー・パピヨンかな?蝶・サイコー!


…なんで羽付けたの、お姉ちゃん。



烈車戦隊トッキュウジャー感想 第32話

2014.10.18 (Sat)

第32駅 「決意」




決意(#32)




線路を超えたら子供には戻れないかも知れない。
失うことを恐れず前へと進む勇気と決意。


案内標識、未来行きはどっちだ。
知らない場所もへっちゃらイマジネーション。

乗り換える度に近づくデスティネーション。
烈車戦隊発車オーライ!トッキュウジャー!!第32話。



続きを読む »

仮面ライダードライブ感想 第2話

2014.10.16 (Thu)

第2話 「仮面ライダーとはなにか」




カッコイイポーズ(#2)




「やぁ、そこのお嬢さん。僕の愛車でひとっ走りして
一緒に夜明けのエスプレッソを楽しまないかい?」


レディーのエスコートのお手本を見せ付ける
仮面ライダードライブさん。
脳細胞の他にも色んな部分がトップギアだぜ!第2話。



続きを読む »

スーパーヒーロータイムの感想

2014.10.12 (Sun)

烈車戦隊トッキュウジャー 
第32話 「見た目は大人、頭脳は子供、その名は烈車戦隊トッキュウジャー」





チビッ子戦隊(#32)




子供の強力なイマジネーションと、大人の闇への抵抗力を兼ね備えた
ハイブリットチビッ子戦隊…それがトッキュウジャーなんだよね!


あぁ…みんなやっぱり子供のままだったのね…。
このまま戦えば子供に戻れなくなるかも知れないのに
それでもシャドーラインを倒すべく進む決意をするトッキュウジャーにグッときたぜ。
ライトの自分とのハイタッチのシーンは、普通に泣きそうになっちゃったわ。
明の決意と、何とも言えない疎外感もまたジンと来るわ~。

キラキラ光る夜空の星よ…。
トッキュウジャーとゼットとの関係もまだ秘密がありそうでワクワク。
やっぱり、ライトのダークサイドなのだろうか?


ハイパーレッシャテイオー…めっちゃ角ばっとるね。カックカクやね。
トイザらスで玩具をチェックしてきたのですが
パッケージでデカデカとネタバレしている最強合体があまりにも衝撃的で
店頭で吹き出してしまいましたw
登場が楽しみで仕方ねぇぜ。





仮面ライダードライブ
第2話 「彼の灰色の小さな脳細胞はいかに活動を始めたか」





ひとやすみるく(#2)




ミルキーじゃなかった!「ひとやすみるく」だった!!
まさかのオリジナル商品の登場に驚愕した!!

…って言うか、めっちゃ食っとる。
食いすぎだろ進ノ介。ひとやすみってレベルじゃねーぞ。


紙の切れ端から推理を展開して事件を解決に導いたり
シフトカーとロイミュードの関連性を見抜いたり
意外な賢さを発揮する進ノ介がエリートらしくて良いですね。

トライドロンに乗車したまま変身するのもカッコ良かったわ。
カーアクションはバイクアクションとはまた違った良さがありますね。
って言うか、仮面ライダーが車を運転してるシーンだけでも十分シビれるわー。


ハートとブレンの怪人態が絶妙にキモくてイイカンジ。
チェイスはロイミュード幹部ってわけじゃないのね。

しかしこれ…敵サイドが圧倒的女子不足じゃねーの。
女幹部がいなきゃダメじゃない?ダメでしょ!(いつやるか?今でしょ!のノリで)
ヒートドーパントのレイカさんみたいな女性ライダーが必要不可欠だと思いまーす。





ハピネスチャージプリキュア! 
第36話 「修羅場がいっぱい!めぐみのイノセントバースデー!」





パパンとバースデー(#36)




めぐみちゃんの誕生日会の規模ハンパない。
どんだけ顔が広いんだろうあの子、老若男女まんべんなく参加してるし。
これまで人助けをしてきた結果の人脈なのかも。

…って言うか、これ誕生会の舞台はブルースカイ王国大使館ですよね。
大使館で誕生日パーティーとか、なんだかとってもセレブなカンジ!!

めぐみはドレスアップ、誠司もスーツでビシッと決めてたし
全盛期の西田ひかるの誕生日パーティー張りのド派手っぷりだったと言えよう。


ついでに、めぐみパパ帰国。どうやら海外で支援活動に従事している模様。
めぐみの人助けもお父さんの影響を受けてる部分もありそうですね。
お髭がなかなかダンディなパパンである。

病気の嫁さんを放置してけしからん!とか思っていましたが
どうやらママの病気は、そこまで命にかかわるものではなかったらしい。
マジでか。そんな設定だったか。いいのかそれで。




ゴッドジゴロ(#36)




神ェ…。
もうこれ完全に口説きに入ってますわ。
悩めるめぐみちゃんを個室に連れ込んでスキンシップですよ。
ここが墜としどころとばかりにガンガン攻めてきましたわ。


「落ち込むなんてらしくないよ。
悩むことなんてないさ、自信を持って行こうぜ!」

と、アドバイスするフォローの達人誠司さんに対して

「悩んでいいんだよ。自身が無くなったとしても
それは心を成長させるのに必要なことなんだ。
君はそのままでいいんだよ。」

と、誠司のセリフをディスりながら口説くブルーさん。

計算でもなんでもなく、自然にこんな言動してるなら
それだけでも十分罪だよ。断罪だよ。ロリコンゴッドだよ。

ホラもーめぐみちゃんも知らない自分が出てきちゃったじゃんよ。
イノセントな少女の雌の部分が顔を見せ始めちゃったじゃんよ。
なにしてんのこの男。マジなにしてくれてんの。


お母さんのために頑張ってきためぐみですが
もしかしてそれは無駄だったんじゃないかと自信を無くす。
めぐみちゃんは結構な頻度で悩むよね。
この辺は、決して完璧ではない普通の女の子の雰囲気がして割と好き。




ラブリーイノセント(#36)



苦しみながらも、みんなの幸せを願う。それがキュアラブリーイノセント。

まさか、主人公と同じ誕生日とは…オレスキーさん持ってるね。
むしろ敵幹部に誕生日が設定されているってのが激レアなんじゃなかろうか。

人を信じても、最終的には裏切られる。
オレスキーが他人を信じず、己のみの事を考えて行動するのは
過去に裏切られたトラウマがあるからなのか…。
幻影帝国幹部たちは着々と改心フラグが立っている様な気がしますね。

一緒にバースデーパーティーしちゃおうZE!と誘うキュアラブリーは良かった。
オレスキーさんはいくつになったんだろうか?わりといってそうなイメージですが。




誠司は見た(#36)

第二のファントム(#36)




月9かYO!!




幼馴染の男子から中二女子を寝取る神の図である。
あーもーブルー様はすぐこーゆー事をする―。
ショックを受ける誠司が可哀想でならない。


自らの過ちを反省して自重することなど微塵もせず
率先して不幸せな状況を作り出す行動をとるブルー様。

彼こそ本当の意味で全ての元凶なのかも知れない…って言うか絶対そう。
最終回ではアクシアの箱に詰め込まれて
キラウエア火山の火口に投げ込まれることを祈っておこう。





以下雑記。



続きを読む »
 | HOME |  Next »